【了承いただく】の正しい使い方は!? 使う時の注意点や類語、英語表現まで徹底解説 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.08.10

【了承いただく】の正しい使い方は!? 使う時の注意点や類語、英語表現まで徹底解説

【了承いただく】とは、自分の申し込みを受け入れてもらうという意味を表す言葉です。ただ、言い方を少し変えてしまうと失礼に当たることも。今回はビジネスパーソンなら覚えておきたい「了承いただく」の正しい使い方や英語表現などをまとめてご紹介します。

Tags:

【目次】
「了承いただく」の意味や注意点とは?
使い方を例文でチェック!
類語や言い換え表現とは?
英語表現とは?
最後に

「了承いただく」の意味や注意点とは?

「了承いただく」とはどういった場面で使う表現なのでしょうか。使い方や、気をつける点を詳しく見ていきますので、ご参考にしてくださいね。まずは「了承」の意味からみていきます。

意味

「了承」とは、「事情をくんで納得、承知すること」という意味です。「〜いただく」とは、「〜してもらう」をへりくだって表す謙譲表現。ですから「了承いただく」とは、自分の申し込みを受け入れてもらう、という意味になります。

「了承」は相手がする動作なので、接頭語の”ご”をつけると尊敬語になり「ご了承」となります。「ご了承いただく」は、相手に対して一層丁寧な表現になります。上司や目上の人に使っても失礼にならずに使うことができますよ。

ビジネス等で使う時の注意点

了承いただく

注意が必要なのは、「ご了承ください」の表現です。「ください」は「くれ」の丁寧語なので、命令・要求表現なのです。目上の方に向かって「この案件について、ご了承ください」と使うのはNG。相手の意向に関わらず一方的に了解を得ようとする言い回しになってしまいます。「くださいませ」としたところで、命令文であることには変わりないので、注意してください。

しかし、不特定多数に方に向かって「ご了承ください」と呼びかけている場面は、しばしば見かけますよね。「応募多数の場合は選考となりますので、ご了承ください」のような場合です。これは、後になって理解の齟齬が起こらないように、事前に内容を確認するための言い回し、と考えると良いですよ。

使い方を例文でチェック!

それでは、目上の方に向かって了承をお願いしたい場合、どんな言い回しを使うと失礼にならないのでしょうか。例文で確かめながら見ていきましょう。

了承いただく

1:「ご了承いただけますか?」

「了承いただき」を「了承いただけますか」と、お伺いする形に代える表現もあります。「了承いただきたいたいのですが、いかがでしょう」と、お伺いする態度になるので、一方的な事後通告になりません。

もしくは、「ご了承いただけますよう、お願い申し上げます」。後にお願いの言葉をつけると、自分の希望を示しながらも、相手に対する配慮が感じられ、優しい表現になりますね。

「ご相談させていただきました内容で、ご了承いただけますか? 改めてお願い申し上げます」
「この件についてご了承いただきたく、お願い申し上げます」

2:「ご了承いただければと存じます」

こちらは、「もし、了承してもらえるなら、嬉しいです」を丁寧な依頼表現で表しています。「もし〜できれば」と、相手の了承を仮定で示せば、暗に断る選択肢を出していることにもなりますね。気遣いを感じさせながらも、了承して欲しいという自分の意思を伝えることができます。

または、「ご了承いただけましたら幸甚です」のように、さらに丁寧な依頼表現もあります。「了承してもらえれば、嬉しいです」と気持ちを盛り込みながら、へりくだったお願いができます。

「以上の内容について、ご了承いただければと存じます」
「先日お伺いしました内容で、ご了承いただけましたら幸甚です」

3:「ご了承くださり」

「ご了承ください」は先述のとおり目上の方に使うには注意が必要ですが、「ご了承くださり、ありがとうございます」であれば、目上の方に使用することができます。なにが違うのでしょうか。

「くださる」は「くれる」の尊敬語で、視点が相手からに代わり、「相手が、了承をくれる」という表現になります。「いただく」は「もらう」の謙譲語で、視点は自分にあり、「相手に了承をもらう」という意味ですね。どちらも失礼のない表現です。

「ご了承くださいまして、ありがとうございました」
「ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」

類語や言い換え表現とは?

「了承」の類語をチェックして、言い換える幅を広げましょう。

了承いただく

1:「承諾いただく」

「ご了承いただく」と「ご承諾いただく」との違いは、どんな点にあるのでしょう。「承諾」は法律の場でも使われ、申し込みに応じて契約を成立させる意思表示になります。一定の事実について「許可する」や、「引き受ける」といった、関わりが深くなる表現になります。

「ご承諾いただいたのでご報告いたします」
「ご承諾いただけました通りの方法で進めます」

2:「快諾いただく」

「快諾」は、積極的に受け入れる気持ちが強くなり、快く承諾するという場合に使われます。「資金援助を快諾する」のように使用すると、相手との良好な関係性と、相手にとっても喜ばしい内容の承認であることが伝わります。

「支援の倍増をご快諾いただく」
「ご快諾いただき、心より感謝いたします」

3:「容認いただく」

「容認」は許して認めること。本来、承認できないはずの内容を、条件をつけることや、相互に理解をし合うことで受け入れる場合に使う表現です。

「特例で、遅刻を容認いただく」
「試用期間を設けることについて、容認いただく」

英語表現とは?

「了承いただく」を英語で表現するときは、どのようにするのか見ていきましょう。

了承いただく

1:「Do you understand?」

「わかりますか?」のように、比較的広い使い方ができるのは「了解」を表すunderstandingです。「understand」で「なるほど」なので、ビジネスの場面ではカジュアルに感じるかもしれませんね。

2:「He entered the room without permission.」(彼は許可なくその部屋に入った)

「permission」は許可を表す単語です。「get permission」は「許可を得る」の意味になります。

3:「We’re all in agreement.」(その意見については皆同じ気持ちです)

ビジネスの会議などで「合意する」の意味に近いのは、「agree」や「agreement」ですよ。

最後に

「了承いただく」を詳しくみてきました。「ご了承ください」についてはよく耳にする言葉なので、つい使ってしまいがちです。意味をよく理解して、目上の方には使わないように気をつけたいですね。より丁寧で気持ちのこもった言い回しを身につけて、相手から了承をいただきたいですね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

あわせて読みたい
使い方に要注意!【申し訳ありませんが】の正しい意味や使用法、言い換え表現をご紹介
ビジネスシーンで活用したい!【拝受】の正しい意味とは? 使い方やNG表現なども紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事