Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 挨拶・マナー

2023.03.02

「了承いただく」は目上の人に使っても大丈夫?正しい使い方を例文でチェック

 

【了承いただく】とは、自分の申し込みを受け入れてもらうという意味を表す言葉です。ただ、言い方を少し変えてしまうと失礼に当たることも。今回はビジネスパーソンなら覚えておきたい「了承いただく」の正しい使い方や英語表現などをまとめてご紹介します。

Tags:

「了承いただく」の意味や注意点とは?

「了承いただく」とはどういった場面で使う表現なのでしょうか。まずは言葉の意味や使い方、気をつけるポイントを詳しく見ていきましょう。

「了承」の意味

「了承」とは、「事情をくんで納得、承知すること」という意味です。「〜いただく」とは、「〜してもらう」をへりくだって表す謙譲表現。したがって「了承いただく」とは、自分の申し込みを相手に受け入れてもらう、という意味になります。

「了承」は相手がする動作なので、接頭語の“ご”をつけると尊敬語「ご了承」になります。「ご了承いただく」は、相手に対して一層丁寧な表現になり、上司や目上の人に使っても失礼にならずに使うことができます。

ビジネス等で使う時の注意点

了承いただく

注意が必要なのは、「ご了承ください」という表現です。「ください」は「くれ」の丁寧語なので、命令・要求表現なのです。目上の方に向かって「この案件について、ご了承ください」と使うのはNG。相手の意向に関わらず一方的に了解を得ようとするニュアンスが出てしまいます。「くださいませ」としたところで、命令文であることには変わりないので、注意しましょう。

▼あわせて読みたい

使い方を例文でチェック!

それでは、目上の方に向かって了承をお願いしたい場合、どんな言い回しを使うと失礼にならないのでしょうか。例文で確認していきましょう。

了承いただく

「ご了承いただけますか?」

「了承ください」を「了承いただけますか」と、お伺いする形に代える表現もあります。「了承いただきたいたいのですが、いかがでしょう」と、判断を相手に委ねる態度になるので、一方的な事後通告になりません。

もしくは、「ご了承いただけますよう、お願い申し上げます」もよいでしょう。後にお願いの言葉をつけることで、自分の希望を示しながらも、相手に対する配慮が感じられ、優しい表現になりますね。

例文

「ご相談させていただきました内容で、ご了承いただけますか? 改めてお願い申し上げます」
「この件についてご了承いただきたく、お願い申し上げます

 

「ご了承いただければと存じます」

こちらは、「もし、了承してもらえるならうれしいです」を丁寧に依頼表現しています。「もし〜できれば」と、相手の了承を仮定で示せば、暗に断る選択肢を出していることにもなります。気遣いを感じさせながらも、了承して欲しいという自分の意思を伝えることができます。

または、「ご了承いただけましたら幸甚です」のように、さらに丁寧な依頼表現もあります。

例文

「以上の内容について、ご了承いただければと存じます
「先日お伺いしました内容で、ご了承いただけましたら幸甚です

 

「ご了承くださり〜」

「ご了承ください」は先述のとおり目上の方に使うには注意が必要ですが、「ご了承くださり、ありがとうございます」であれば、目上の方に使用することができます。「ください」が「くれる」の命令語であるのに対し、「くださる」は「くれる」の尊敬語であり、失礼のない表現です。

例文

ご了承くださいまして、ありがとうございました」
ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」

 

類語や言い換え表現は?

「了承」の類語をチェックして、言い換えの幅を広げましょう。

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!