男性上司/同僚だからこそ気になる!女性たちの「脱スーツ・デー」 ~伊藤忠×Domani「働く服改革」プロジェクトvol.5~ | Domani

Domani

働くアラフォー、仕事もおしゃれも、楽して楽しく!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

WOMEN美しい女性には美しい物語がある。

2018.04.04

男性上司/同僚だからこそ気になる!女性たちの「脱スーツ・デー」 ~伊藤忠×Domani「働く服改革」プロジェクトvol.5~

“金曜日は脱スーツ・デー”。働く服のカジュアル化という新しい形で、働き方改革に取り組む「伊藤忠商事」と、“働く女性をラクに楽しく!”をモットーに、アラフォー世代のファッションを提案する「Domani」が、初タッグ! 「働く服」の自由化を目指して、今の時代に合ったワーキングファッションを考える、コラボプロジェクトを立ち上げました。実際に伊藤忠商事で働く男性社員は、女性たちの「脱スーツ・デー」でのスタイルに、本音ではどう思っている??男性ばかりで話したからこそキャッチできた、リアルな声をお届けします。

Tags:

仕事服が楽しければ、会社ももっと楽しい!?「脱スーツ・デー」が会話のきっかけに

―――ズバリ、女性たちの「脱スーツ」の印象って、どうですか?
宮本 剛さん(以下、宮本)
女性は全般的に、カジュアルが上手ですよね。最初は、すごくカジュアルな格好をしている日に堅めのお客さんが来ちゃって「伊藤忠、なんなんだ」とか言われてしまうのはイヤだな、と思っていたんですけど、そんなことはありませんでしたね。特に女性は、カジュアルだけどちゃんとしている人が多いですね。
吉村 武さん(以下、吉村) あと、カジュアルアイテムを取り入れるのは、女性のほうが早いですよね。僕なんかも女性たちに追随するように、確認してから取り入れたりします。「あ、こういうのもアリなのか」って。
宮本 正直、男性のほうが迷走していて、ある年齢層以上のオジサンは、制度スタート当初は、7割方くらいゴルフウェアだった気がします(笑)。

宮本 剛さん(38歳/情報・金融カンパニー 情報産業ビジネス部)

―――やっぱり「脱スーツ・デー」は、女性がどういう服で来ているか見ていますか。
吉村 まあ、話題のきっかけになる、というのはありますから。
二俣元則さん(以下、二俣) 今日、後輩の女性が、動物のフクロウがたくさんついていたブラウスを着ていて、思わず「フ、フクロウ??」って言っちゃいました。何でフクロウなのって聞いたら、「私は夜行性なんです。ふふふ」って(笑)。
宮本 すごい、オチまでついているんだ(笑)
二俣 まあそれは極端なんですが、ちょっとした変化球があったほうが、こちらからすると話しかけやすい、というのもありますね。基本、部下の服はまずは褒めます。女性に対して服装のことを話すのはどうかな、と気後れする時代だけど、せっかくの「脱スーツ・デー」という取り組みですし、ポジティブな話であれば、人によっては直接伝えたほうがいいかなと思うので。
宮本 僕も「今日デニムなんだ」くらいは、普通に言うようにしていますね。
吉村 うちの部署も、コミュニケーションがそれほど悪いわけではないのですが、やっぱり金曜日は、ネタ的にプラスアルファになって会話も多いですね。

職場で絶対的にNGなファッションとは?上司目線で見た、仕事服のカジュアル化の注意点

二俣元則さん(43歳/金属カンパニー 鉄鉱石・製鉄資源部 鉄鉱石第三課長)

―――なるほど。好意的な意見が多いですね。逆に、こういうのはよくない、っていうことはありますか?
二俣 お客様対応という観点で気をつけてほしいのはやっぱり、肌の露出に関してですよね。特にこれからの季節は。「脱スーツ・デー」には、社内のガイドラインがあって、タンクトップはダメとか決まっているので、最低限のところではクリアしているんでしょうけど、夏場はそれでもちょっと気になるときもある。
宮本 確かに、夏のカジュアルは難しいですよね。だらしなく見えがちですし。
二俣 みなさん、胸元はちゃんと意識しているんですよ。だから襟ぐりが開いたものを着ている人はほとんどいないんですが、今って、袖ぐりとか、サイドがけっこう開いている服が多いですよね。
吉村 確かに。流行っているんでしょうね。
二俣 それがけっこうな露出感につながることが散見されて。さすがにそれは直接では指摘できなくて。代わりに女性にしてもらいます。

吉村 武さん(36歳/食料カンパニー 農産部)

―――逆に、好印象の「脱スーツ」スタイルってありますか?
吉村 やっぱり僕は、ジーンズとスニーカーはとてもいいと思いますね。女性の雰囲気自体、すごく軽くなったように感じました。表情もやわらかく見える気がします。
宮本 僕は実は、服を選ぶ権利を妻に5年前に剥奪されていて(笑)。そういう身からすると、流行アイテム、例えばガウチョパンツとかを着て、それでいて職場でも違和感ない人を見ると、逆にセンスいいなぁと思って、好印象ですね。
二俣 具体的にどのアイテムっていうことじゃなくて、「ああ、こういうブランドが好きなんだ」とか、「ファッションにお金をかけるタイプなんだなぁ」とか、そういう面が知れると、印象よくなりますね。
吉村 わかります。かっちりしていない分、素の部分っぽい、と感じますよね。
二俣 そうそう。あと、おしゃれしている女性を見ると、つい「これ勝負服かな」とか想像してしまうこともありますね(笑)。いろいろ考えてしまって、ついつい会議の議題なんだっけ…とかなっちゃったりします。
宮本 そこはちゃんと集中してください!

―――なるほど。それでは次回は「脱スーツ・デー」は働き方を変えることにつながっている、について、語っていただきたいと思います。

次回に続く

あわせて読みたい
脱・スーツデーで働き方は変わった!?
オフィスの雰囲気を変えるには着こなしを変える!?
デニム通勤、スニーカー通勤は楽だけどラクじゃない、その真意とは
やっぱり人の目がいちばん怖い!?上司&同僚たちの「脱スーツ・デー」

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事