〝何卒よろしくお願いします〟の正しい意味や使い方 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.10.11

〝何卒よろしくお願いします〟の正しい意味や使い方

〝何卒よろしくお願いします〟とは、強くお願いする気持ちを表す言葉です。ビジネスシーンにおいては、「なんとか」「ぜひとも」お願いしたいという気持ちを伝えたい時に使用するのが正しいでしょう。今回は「何卒よろしくお願いします」の正しい意味や使い方、日本語以外のいい方などをご紹介します。

Tags:

【目次】
「何卒よろしくお願いします」の意味や読み⽅とは?
使い⽅を例⽂でチェック
「何卒よろしくお願いします」に対する返答の仕方
日本語以外の言い方とは?
最後に

「何卒よろしくお願いします」の意味や読み⽅とは?

ビジネスシーンではよく使う「何卒よろしくお願いします」という言葉。とても丁寧な表現ですね。ほとんどの方が文章で目にしたことがある、あるいはご自身が使ったことがある言葉ではないでしょうか。何となくの意味を理解している方がほとんどだと思いますが、改めて言葉の読み方と意味から見ていきましょう。

何卒よろしくお願いします

読み方と意味

「何卒」は「なにとぞ」と読みます。代名詞「なに」と格助詞「と」+助動詞「ぞ」を合わせたもの。辞書で調べると、下記のような意味を持ちます。

1 相手に強く願う気持ちを表す。どうぞ。どうか。「―お許しください」
2 手段を尽くそうとする意志を表す。なんとかして。ぜひとも。
(<デジタル大辞泉>より)

強くお願いする気持ちを表す言葉だということがわかりました。社会経験が浅い方などは目にすることはあっても、言葉にする機会は少ないかもしれませんね。くれぐれも「なにそつ」と読まないように気をつけましょう。

ビジネス等で使う時の注意点

同じような意味で「どうぞよろしくお願いします」という表現があります。こちらもよく使うフレーズですが、「何卒よろしくお願いします」よりは軽いニュアンスになります。

例えば、自己紹介で「〇〇と申します。どうぞよろしくお願いします」という使い方は一般的ですが、「〇〇と申します。何卒よろしくお願いします」と使うと、少し大袈裟な印象になりますよね。

「何卒よろしくお願いします」のフレーズを聞くと、人が頭を下げているシーンが目に浮かびませんか?ビジネスシーンにおいて、「なんとか」「ぜひとも」お願いしたいという気持ちを伝えたい時に「何卒よろしくお願いします」と使います。誠意をもって使うべき言葉といえるでしょう。

また、ビジネスに限らず、「何卒よろしくお願いします」や「何卒よろしくお願いいたします」という言葉は、話し言葉よりも、どちらかというと書き言葉に使います。メールやビジネス文書などで使うことが多い表現かもしれません。

何卒よろしくお願いします

使い⽅を例⽂でチェック

それでは、「何卒よろしくお願いします」という言葉は、実際にはどのように使うのかを例文を使って見ていきましょう。

1:ご確認のほど、何卒よろしくお願いします

ビジネスシーンでは、メールで書類などを送ることも多いでしょう。例えば、商談でお取引をすることが決まり、後日契約書を送る際にひと言書き添えます。メールや郵送でデータを添付するだけではなく、「ご確認のほど、何卒よろしくお願いします」とすることにより、添付書類を見てくださいねという意図を伝えることができますね。

2:ご査収のほど、何卒よろしくお願いします

こちらも何か書類などを送る際に書き添える言葉として使うことができます。「査収」とは「よく調べて(査)受け取る(収)」という意味です。何も送る書類がない場合には使いません。添付種類がないのにメールでこの表現を使うと、「何も添付されていませんよ」と返答があるかもしれません。注意しましょう。

3:ご容赦のほど、何卒よろしくお願いします

「ご容赦のほど」は、相手に許してもらいたい時やあらかじめお断りする時などに使います。例えば、何か督促をする連絡をメールで伝える際などに、「本メールと行き違いですでに〇〇いただいている場合には、ご容赦のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。お詫びの意味も含まれているため、「よろしくお願い申し上げます」とした方が丁寧さが伝わりますね。

「何卒よろしくお願いします」に対する返答の仕方

「何卒よろしくお願いします」という言葉を受け取った時にはどのような返答をするのが良いのでしょう。例をあげて紹介します。

:こちらこそ、よろしくお願い申し上げます

この返答は、例えば商談で新しい契約を交わし、取引先が最後の挨拶として「何卒よろしくお願いします」と言われた場合の返答などに使うことができます。これから始まるお取引に際し、「こちらこそ、よろしくお願いします」と答えると印象も良くなりますね。

2:承知いたしました

「承知」の意味は、知っていること、わかっていること。「承知いたしました」と返答することで内容を理解して引き受けるという意味になります。ビジネスシーンにおいては上司や目上の方に使うことができるでしょう。例えば、「この書類を〇〇会社宛に送ってほしい」というように指示や依頼をされる場面はよくあるのでは? そういう時には「承知いたしました」と答えます。直属の上司など、関係性により堅苦しく感じられる場合には「承知しました」でもいいでしょう。

3:かしこまりました

「かしこまりました」は「承知いたしました」と同様の意味で使うことができますが、「承知いたしました」よりも相手を敬った表現でより丁寧な返答といえるでしょう。上司や取引先、顧客に対して使えます。例えば、「この服の1サイズ大き目を持ってきてもらえますか?」とお客様から言われたときに「かしこまりました。少々お待ちください」のように使います。

日本語以外の言い方とは?

それでは、「何卒よろしくお願いします」に近い表現を多言語ではどのように表現するのでしょう。ここでは英語と中国語を紹介します。

何卒よろしくお願いします

1:I really appreciate your great support.

(どうぞよろしくお願いいたします)丁寧に感謝を伝えたいときに使う表現です。

2:谨向您表示问候

(よろしくお願い申し上げます)中国語ではこのように表記します。

最後に

「何卒よろしくお願いします」などの言葉を電話で話す際、相手に見えなくても、つい軽く頭を下げてしまう方もおられるのでは?ご挨拶の意味で使う時には笑顔で伝えることができますが、「ご容赦のほど」がついてくると、また違ってきますね。どちらにしても誠意がきちんと伝わるように、目線や姿勢など、ボディランゲージも必要かもしれません。

こちらの記事もたくさん読まれています
〝誠に恐縮ですが〟の正しい使い方って?ビジネス等で使う際には注意が必要
〝誠に感謝申し上げます〟って正しい表現?ビジネスでの注意点や英語表現も紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事