Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE働く

2021.11.16

社会人なら知っておきたい〝東奔西走〟の意味や使い方とは?



〝東奔西走〟とは、「あちこち忙しく走りまわること」を意味する言葉です。日常生活であまり聞く言葉ではありませんが、意味を理解していると使いやすいですよね。今回は「東奔西走」の正しい使い方や類語、対義語などをご紹介します。

Tags:

【目次】
「東奔西走」の意味や読み⽅とは?
使い方を例文でチェック
類語表現にはどのようなものがある?
対義語表現にはどのようなものがある?
英語表現とは?
最後に

「東奔西走」の意味や読み⽅とは?

「東奔西走」は「とうほんせいそう」と読み、「あちこち忙しく走りまわること」です(<小学館 デジタル大辞泉>より)。四字熟語の名詞として使うほか、「する」をつけて「東奔西走する」のように、動詞としても使うことができます。

東奔西走

言葉の成り立ちを見てみると、まず、反対の方角を示す「東」と「西」の漢字があります。「東西」の二つが合わさる言葉になることで、「あちこち」「いろいろな場所」という意味が含まれます。

また、残りの二語「奔」と「走」を合わせた「奔走」という言葉が別にあります。忙しく走り回ることや、物事が順調に運ぶように、あちこちかけまわって努力することです。ほぼ東奔西走と同じ意味ですが、「東奔西走」は「東に走り、西に走り」と範囲が広くなることで、忙しく走りまわる様子が強調されるイメージがわきますね。

使う時の注意点

「東奔西走」の意味は、「あちこち忙しく走りまわること」ことですが、ただ走りまわっているわけではありません。目標を実現するためにあちこち動き回っている状態です。一方、「東奔西走」とよく似たつくりの言葉に「右往左往」があります。

東奔西走

東奔西走は、東と西の反対の方角を差ししめす漢字を組み合わせていますが、右往左往は「右」と「左」の反対の方向を表す漢字からできています。

「右往左往」(うおうさおう)の意味は、「うろたえてあっちへ行ったり、こっちへ来たりすること。あわてふためいて混乱したさまをいう」(<小学館 デジタル大辞泉>より)です。東奔西走には、あわてふためいて混乱している意味は含まれません。

東と西、右と左、と同じように広い範囲を指し示していても、目標を定めて動き回っている「東奔西走」と、うろたえて動き回っている「右往左往」では、状況が全く異なっています。

目標を定めて「東奔西走している人」に対して、「右往左往している」と言ってしまうと、全く異なる意味になり、失礼にあたります。「あの人は決断できずに、いつも右往左往している」といった使い方はしますが、「あの人は決断できずに、いつも東奔西走している」という使い方はしません。使い方を間違わないように注意してくださいね。

使い⽅を例⽂でチェック

では「東奔西走」はどのような使い方や言い回しがあるのか、例文を見ながら確認していきましょう。

東奔西走

1:「新規事業が軌道にのるまでは、東奔西走する日々だった」

新規事業を軌道にのせることを目的に、あちこち忙しく走りまわって活動した日々のことをふりかえっています。

2:「従業員の雇用を守るために、社長自ら、資金集めに東奔西走した」

「従業員の雇用を守る」という目的のために、社長があちこち忙しく走りまわって、資金を集める行動をとったことを説明しています。

3:「選挙活動では候補者は東奔西走して、自分の言葉で政策を伝える必要がある」

選挙活動で、自分の言葉で政策を伝えるために、候補者があちこち忙しく走りまわる必要があることを述べています。

類語表現にはどのようなものがある?

「東奔西走」は、「南船北馬」や「粉骨砕身」などの四字熟語の類語に言い換えることができます。下記で 詳しく解説していきます。

1:南船北馬

「南船北馬」(なんせんほくば)は、絶えず旅していること。ここにある南と北は、もともとは中国の「南方」と「北方」を示しています。南方は川や湖が多いので船を用い、北方は平原や山野が多いので馬に乗って移動するためです。あちこちに忙しく走り回るように旅することを東奔西走するイメージに重ね合わせることができます。

2:粉骨砕身

「粉骨砕身」(ふんこつさいしん)は、力の限り、懸命に働くこと。四字熟語として、骨や身も砕けんばかりに頑張る様子が漢字で表されていますね。目的に向かって努力を惜しまない姿は「東奔西走」する姿と同じようなイメージが湧きます。また表記で「粉骨砕心」と書くのは誤りなので注意してください。

対義語表現にはどのようなものがある?

それでは次に、「創意工夫」の対義語には、どのようなものがあるのか、見ていきましょう。

1:飽食終日

「飽食」(ほうしょく)は、飽きるまで食べることを表しています。「終日」(しゅうじつ)は一日中という意味。 すなわち「飽食終日」は、食べること以外に何もせず、一日を無駄に過ごしてしまうことを表す言葉。「東奔西走」が、目標を実現するためにあちこち走り回っている様子だとすれば、「飽食終日」は目的もなく何もしない様子を現しているので、対義語といえます。

東奔西走

2:「無為徒食」

何もしないでぶらぶらしていることをいう「無為」(むい)という言葉と、働かないで遊び暮らすこと「徒食」(としょく)が合わさっているのは「無為徒食」。「徒」は、「ただ~のみ」という意味で用いられています。「無為徒食」(むいとしょく)は、やるべきことを何もしないでただ遊び暮らすことという意味なので、こちらも「東奔西走」の対義語といえます。

英語表現とは?

「東奔西走」の英語表現を紹介します。「東に西に」という反対の方角を使う表現で、日本語と同じように表現する言葉が英語にはないので、「あちこち」「奔走する」という、言葉の意味でいい表してみます。「あちこち」の英語表現は、「here and there」「all over the place」「everywhere」があります。

「constantly on the move」(絶えず動き回っている)や「run here, there and everywhere」(あちらこちら至るところを走り回る)も、近い意味です。しかし、「東奔西走」の意味に含まれる、「目的を持つ」という意味合いは含まれないので、「in order to ~」や「so that ~」のような表現とともに用いるのがおすすめです。

1:She is constantly on the move.(彼女は始終東奔西走している)
2:He is constantly on the move doing something for the company.(彼は常に会社のために東奔西走している)
3:In order to open a cafe,  he ran all over the place and raised funds.(彼はカフェを開業するために、あちこち奔走して資金を調達した)

最後に

東奔西走、右往左往、南船北馬、粉骨砕身など、反対の意味を持つ漢字を合わせた言葉には、まるで映像を見るように人が「動き回る様子」が、それぞれ漢字とその意味から伝わってくるものがたくさんありますね。一方で、全くその逆の「何もしない様子」を表す対義語、飽食終日、無為徒食などの言葉も、文字の成り立ちをみているだけで、その意味が自然と伝わります。日々の暮らしの中で、思いをギュッと込めたいときに、ぜひ使ってみてくださいね。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
【今さら聞けない】〝新進気鋭〟の意味や使い方を徹底解説
〝獅子奮迅〟←なんと読む? 意味や由来を理解して正しく使おう!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事