Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.12.15

【窮鼠猫を噛む】ってどういう意味? 由来や使い方も解説

「窮鼠猫を噛む」とは、追いつめられた鼠のように、追いつめられピンチに陥ると自分よりも強いものに反撃することを意味する言葉です。このコラムでは「窮鼠猫を噛む」の意味や由来、使い方を解説します。ビジネスシーンにも登場する言葉ですので、ぜひ使いこなしてみましょう。

Tags:

「窮鼠猫を噛む」の意味は弱いものが反撃すること

【窮鼠猫を噛む:きゅうそねこをかむ】
《「塩鉄論」刑法から》追いつめられた鼠が猫にかみつくように、弱い者も追いつめられると強い者に反撃することがある。

窮鼠、猫を噛む

窮鼠猫を噛む」とは、弱い者も追いつめられると、普段なら歯向かうことのない強い相手に対して死にものぐるいで反撃することがあるというたとえです。読み方は「きゅうそねこをかむ」です。有名なことわざの一つであり、耳馴染みのある人も多いかもしれません。

窮鼠」とは猫に追いつめられた鼠のことを指します。鼠が猫に追いつめられれば、絶体絶命の状況です。猫と鼠は体格差が大きいため、普段であれば鼠は猫に対して抵抗などせず、逃げるのみでしょう。ですが命がかかったピンチともなれば、小さな鼠も猫に反撃するのです。

「窮鼠猫を噛む」ということわざには、大きく3つの教訓があります。1つ目は、弱い者でも諦めずに強い者に反撃するべきだという内容です。2つ目は、逆襲される可能性があるため、どんなに弱い相手でも追いつめるのは得策でない、そして3つ目は相手が弱くても油断してはならないという教えです。

「窮鼠猫を噛む」の類語は下記のとおりです。言い換え表現などに使えるため、確認しておきましょう。

〔類語〕逆らう、盾突く、反抗、抵抗、歯向かう、手向かう、抗する、立ち向かう、蟷螂の斧

由来は中国の「塩鉄論」

「窮鼠猫を噛む」の由来は、中国の前漢時代の書物「遠鉄論」の一節にあります。「遠鉄論」は、当時財政的に窮地にたたされていた前漢が、現状を打破するために作った議論のための書物といわれています。

「遠鉄論」には「死すれば再びは生きず、窮鼠も狸を噛む」という文章があり、これが「窮鼠猫を噛む」の語源とされています。訳すと「死んだらもう再び生きることはできないため、追いつめられた鼠も狸を噛んで攻撃する」となります。政治をおこなうものが民衆を追いつめてはならないという教えを比喩的に伝えているとされています。

鼠が噛むのは猫ではなく狸となっている点が異なります。しかし当時の中国では狸は猫の意味で使われており、意味としては同じです。

【例文付き】窮鼠猫を噛むの使い方

既にお伝えしたとおり、「窮鼠猫を噛む」は「弱い者でも絶体絶命のピンチでは強い相手に反撃することがある」という意味のことわざです。強い者と弱い者というように、両者に明確な力の差がある場合に使いましょう。

窮鼠、猫を噛む

また「弱い者でも逆襲すべき」「弱い者を追いつめすぎない方がよい」「相手が弱くても油断は禁物」といった意味を込めて使うことが多い言葉です。

【例文】
・絶体絶命の状況だったが、【窮鼠猫を噛む】の精神で逆転を試みた
・弱い者いじめをしていると【窮鼠猫を噛む】じゃないけれど、いつか反撃されるよ
・理不尽な命令ばかりくだす上司に反旗を翻した部下は、まさに【窮鼠猫を噛む】だ
【窮鼠猫を噛む】というが、あのように理不尽なことばかり押し付けていたら、いずれ相手から思わぬ痛手を受ける可能性がある

「窮鼠猫を噛む」の関連語

「窮鼠猫を噛む」には同じような意味の類語2つと四字熟語があります。言い換えの表現として活用しましょう。

窮鼠、猫を噛む

類語1.「火事場の馬鹿力」
類語2.「窮寇は追うことなかれ」
四字熟語「禽困覆車」

いずれも追いつめられた者が反撃したり、想像以上の力を発揮してピンチを脱したりするさまをあらわします。

ここからは、それぞれの意味をご紹介します。

【類語1】火事場の馬鹿力

「火事場の馬鹿力」は「かじばのばかぢから」と読み、追いつめられた者は普段からは想像できないほどの力を無意識に発揮することのたとえです。「窮鼠猫を噛む」でいうところの鼠を指しています。

火事のような切迫した状況では、無意識に力を出して重い金庫や家具などを運び出せることから、いざというときに想像以上の力を発揮できるさまをあらわします。

【火事場の馬鹿力:かじばのばかちから】
《火事のときに、自分にはあると思えない大きな力を出して重い物を持ち出したりすることから》切迫した状況に置かれると、普段には想像できないような力を無意識に出すことのたとえ。

「火事場の馬鹿力」は文字通りの意味であり、状況を想像しやすい言葉といえるでしょう。使い方については、下記の例文を参考にしてみてください。

・駅伝で転倒してしまいトップ集団から引き離された選手が、最後は【火事場の馬鹿力】で追い上げ、上位入賞を果たした
・納期がせまっていてどうなることかと思ったが、【火事場の馬鹿力】でなんとか仕上げた

【類語2】窮寇(きゅうこう)は追うことなかれ

「窮寇は追うことなかれ」の窮寇は「きゅうこう」と読み、追いつめられた敵を指します。必要以上に敵を追いつめてはいけない、という教えをあらわすことわざです。「窮鼠猫を噛む」のことわざにも、同様に「敵を追いつめるのは得策ではない」という教訓があるため、言い換え表現として使用できます。

中国の孫子の言葉に「敵を包囲しても必ず逃げ道をつくっておき、窮地に追い込まれた敵の軍を攻撃し続けてはいけない」というものがあり、そこから転じて使われるようになったとされています。窮地に追い込まれた敵をさらに攻撃すると、思わぬ反撃をくらう可能性があることを忘れないようにしましょう。

【四字熟語】禽困覆車(きんこんふくしゃ)

「禽困覆車」は「きんこんふくしゃ」と読む、力が弱い者でも窮地に立たされると予想外の力を発揮するという意味の四字熟語です。

禽困」は追いつめられた小鳥のこと、「覆車」は車をひっくり返すことを意味します。「窮鼠猫を噛む」の「猫」が小鳥に置き換わっていますが、意味は同じです。あまり知られていないことわざであるため、日常的な会話には「窮鼠猫を噛む」の方が適しているかもしれません。

「窮鼠猫を噛む」の意味を知り、正しく使いこなそう

「窮鼠猫を噛む」は、弱い者でも追いつめられれば反撃することがあるという意味のことわざです。弱い者に対しては「諦めずに反撃するべきだ」とし、強い者に対しては「相手を追いつめてはいけない」「相手が弱くても油断は禁物」と、それぞれにむけた教訓が込められています。

窮鼠、猫を噛む

ビジネスシーンをはじめ、人間関係においては皆が同じ立場にある状況は珍しく、多かれ少なかれ力関係があるものです。たとえ自分が強い立場にあっても、油断して相手を追いつめるのは避けましょう。「窮鼠猫を噛む」のように、思わぬ反撃を見舞われる可能性がありますよ。

あわせて読みたい

ボクシングダイエットって痩せる?効果を実感した人の体験談と継続させるコツ
開運・招福・厄除けに。スターバックスの『縁起物チャーム』に2022年の干支アイテムが登場

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

(引用すべて〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事