Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2022.01.20

おすすめの【ヨーグルトメーカー】11選|牛乳パックタイプ・専用容器タイプ・コンパクトタイプ

手軽に手作りのヨーグルトを食べたいときには、ヨーグルトメーカーが便利です。健康のために、家族みんなで毎日ヨーグルトを食べている家庭なら、購入して損はありません。選び方のポイントや、おすすめの商品を紹介します。

Tags:

ヨーグルトメーカーの魅力

ヨーグルトを食べる機会が多い家庭なら、ヨーグルトメーカーを生活に取り入れるメリットは大きいといえます。ヨーグルトメーカーにはどんな魅力があるのか、チェックしましょう。

ヨーグルト 乳製品 ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外

(C) Shutterstock.com

手軽さやコスパのよさがメリット

ヨーグルトメーカーを使用すれば、牛乳と種菌を入れて放置するだけで手軽にヨーグルトを作れます。ヨーグルトは牛乳を酵母や乳酸菌で発酵させた食品です。そのため、時間をかけて温度管理をしながら作る必要があります。手作りするにあたって「難しそう」と感じる人は多いかもしれません。

しかし、ヨーグルトメーカーを使用すれば必要な温度管理を全て任せることができ、材料を入れて放置しておくだけで、おいしいヨーグルトを作れます。また、毎日たくさんのヨーグルトを消費する場合、ヨーグルトの購入にかかる費用が家計の負担になりかねません。ヨーグルトメーカーがあれば牛乳と少量の種菌から大量のヨーグルトを作れるので、コスパの面でも優れているのです。

ヨーグルト以外の飲み物や料理を作れる機種も

ヨーグルトメーカーには、甘酒・みそ・塩こうじ・納豆など、ヨーグルト以外の料理に対応しているタイプもあります。発酵の管理が難しい食品を、簡単に作りたい人におすすめです。

発酵食品の手作りができれば、発酵の時間や温度を変えて自分好みの味わいにアレンジしたり、材料にこだわったりできるので食の楽しみが広がります。ヨーグルトメーカーは「低温調理器」としての機能を持っているタイプもあり、サラダチキンやローストビーフなどの発酵食品以外を作れる機種も豊富です。ほかにも、温泉卵やチーズなど、さまざまな料理を作れる機種が揃います。

各家庭にあうヨーグルトメーカーを選ぶには

使いやすいヨーグルトメーカーを選ぶためにチェックしておきたいポイントがあります。自宅にあったヨーグルトメーカーを選ぶために、商品のサイズや機能を詳しく調べておくことが重要です。

ヨーグルト 乳製品 牛乳 ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外

(C) Shutterstock.com

容器のタイプでチョイス

ヨーグルトメーカーは「牛乳パック」をそのまま使えるタイプと、「専用容器」を使用するタイプに分けられます。

牛乳パックをそのままヨーグルトメーカーにセットできるタイプは、容器の消毒や洗浄に手間がかからないところが魅力です。ただし、牛乳パックや細長い形状の容器しかセットできないタイプは、ほかの料理を作りづらい場合があるので注意しましょう。

大きめの肉の調理などもしたいと考えているなら、広口で取り出しやすい容器を入れられるタイプがおすすめです。作りたい料理に合った容器を使えるかどうかを、チェックしましょう。

目的別で機能をチェック

ヨーグルトメーカーを選ぶ際、多くの機能があった方がよいと思うかもしれませんが、そうとも限りません。たくさんの機能が付いていても、ヨーグルト以外を作る予定がないのであれば無駄になってしまう可能性があります。多機能なものは高価ですし、料理にあまり興味がない人は持て余してしまいがちです。

ヨーグルトだけを作りたいのであれば、細かすぎる温度設定や、長時間の保温機能などは必要なくシンプルな方が使いやすくなります。

ヨーグルト以外の発酵食品の手作りや低温調理をしたい場合は、細かい温度管理や長時間のタイマー設定に対応したものを選びましょう。

置き場所に適したサイズを確認

キッチンの広さによっては、さまざまな調理家電を置けない場合があります。使い勝手をよくするには、置き場所に合ったサイズのヨーグルトメーカーを選ぶことが重要です。牛乳パックをセットして使うシンプルなヨーグルトメーカーは、比較的コンパクトで場所を取りません。容量にもよりますが、低温調理器としても使用できる多機能なタイプの方が大きくなりがちです。

また、置き場所によっては、電源までの距離が遠くなってしまうこともあり得ます。使用するにあたって、電源コードの長さが足りるかもチェックしたい部分です。

洗い物を減らせる「牛乳パックタイプ」

牛乳パックをそのままセットしてヨーグルトを作れるタイプは、ほかの容器に移し替える手間がなく、容器の消毒や洗浄の手間を省けるところが魅力です。市販の牛乳パックでヨーグルトを作れるタイプを紹介します。

牛乳 ヨーグルト ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外

(C)Shutterstock.com

エムケー精工「ヨーグルトメーカー YA-200W」

市販の牛乳パックをそのままセットし、種菌を入れて放置すると約10倍の量のヨーグルトが作れます。温度設定は25~65℃まで1℃ごとに設定が可能で、自分好みの酸味に調整できるところが便利です。

本体のほかに、1.2L専用容器・1L専用容器・専用こし器・スプーンが付属しており、専用容器を使った多彩なヨーグルト作りもできます。水を切って作るギリシャヨーグルトや、低温で発酵させて作るカスピ海ヨーグルトを作ることも可能です。専用容器や市販の900mlのガラス瓶を使った調理もでき、さまざまな料理に対応しています。1時間刻みで設定可能な1~48時間のタイマーも付いているので、切り忘れの心配もありません。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 エムケー精工 ヨーグルトメーカー YA-200W

商品名:エムケー精工「ヨーグルトメーカー YA-200W」

 

ラクトヘルシス「エコグルト」

1Lまたは500mLの牛乳パックをセットして、手作りのヨーグルトを楽しめるヨーグルトメーカーです。専用容器やステンレス製の計量スプーン付き。ステンレススプーンは、熱湯消毒ができる上に傷が付きにくいので、プラスチック製のスプーンよりも衛生的に使いやすいところが魅力です。

25~65℃の範囲で温度設定ができ、表示切替は-と+のボタンを使って簡単に設定できます。タイマーは1~48時間の間で設定でき、甘酒や鶏むね肉の調理なども可能です。消費電力が「25W」と一般的なヨーグルトメーカーよりも低く、最大で37.5%もの節電効果が期待できます。毎日のように使用する場合は、電気代を抑えられるタイプの方が安心して使えるでしょう。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 ラクトヘルシス エコグルト

商品名:ラクトヘルシス「エコグルト」

 

ビタントニオ「YOGURT MAKER VYG-30」

牛乳パックだけでなく、1000mLの豆乳パックもそのままセットできるヨーグルトメーカーです。専用容器が付属しているので、状況に応じて使いやすい方法でセットができます。さらに、先端にシリコーン素材を使用した専用スプーン付き。完成したヨーグルトを牛乳パックからすくい取りやすい工夫がされています。

温度設定は25~70℃と幅広く、カスピ海ヨーグルトや飲むヨーグルトなどを簡単に作ることができ、ヨーグルト以外の発酵食品や低温調理にも対応可能です。「MY BUTTON」の機能があり、自分好みの設定を登録しておけるのでお気に入りの温度をすぐに呼び出せます。タイマーは30分~99時間まで対応し、電源を切り忘れて発酵が失敗してしまう心配がありません。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 ビタントニオ YOGURT MAKER VYG-30

商品名:ビタントニオ「YOGURT MAKER VYG-30」

 

アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカー KYM-013」

「自動メニュー」の機能があり、メニューを選んでスタートボタンを押すだけで簡単にヨーグルトを作れます。運転終了時に音で知らせてくれるので、出来立てのタイミングを見逃しません。ギリシャヨーグルト用の水切りカップ計量スプーンなど、必要な器具がセットになっています。かき混ぜ棒も付属していて、飲むヨーグルトや甘酒を作るときに便利です。温度設定は25~65℃まで、タイマーは1~48時間まで設定できます。ヨーグルト以外に、納豆やフルーツビネガー作りなどに挑戦できるところも魅力です。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー KYM-013

商品名:アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカー KYM-013」

 

ヨーグルト以外も作れる「専用容器タイプ」

専用容器に牛乳と種菌を入れて作るタイプは、ヨーグルト以外の料理も作りやすいところが魅力です。使い方の幅が広く、料理好きな人も満足できるでしょう。低温調理器を別に購入するとなると費用や置き場の問題が生じるので、幅広い料理に挑戦したいと思っているなら、専用容器タイプが便利です。料理の幅を広げてくれる、専用容器タイプの商品を紹介します。

ヨーグルト 牛乳 チーズ ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 

(C)Shutterstock.com

タニカ「ヨーグルティアSスタンダードセット」

1200mLの容量を備えた、ヨーグルトメーカーです。広口で、大きな材料でも入れやすい専用容器が2個付属しています。容器のふたに仕組みがあり、半分ほど回すだけでカチッと閉まる「クイックスクリュー」を使用しているところもポイント。設定温度は25~70℃と幅広く、塩こうじ・醤油こうじ・みそ・納豆・甘酒・天然酵母など、さまざまな発酵食品を作れる仕様です。レシピ集も付属しているので、作り方に迷うことがありません。

タイマー設定は30分~48時間まで可能で、残り時間が1時間を切ると「分表示」に切り替わり、完成のタイミングが分かりやすくなっています。発酵が終了すると「ピピピピ」という音でお知らせ。ブザー音はオン・オフの設定が可能で、夜間や早朝にも使いやすいでしょう。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 タニカ ヨーグルティアSスタンダードセット

商品名:タニカ「ヨーグルティアSスタンダードセット」

 

山善「発酵美人 YXA-100」

25~65℃の間で、1℃刻みの細かい温度設定ができるヨーグルトメーカーです。塩こうじやみそなどの、温度管理が難しい発酵食品も簡単に作れます。ローストビーフやサラダチキンなどの低温調理も可能で、幅広く活躍してくれるでしょう。容器は広口で底の方までしっかりとかき混ぜられ、ムラがない仕上がりを目指せます。

容器のほかに4本のボトルが付属し、発酵食品を容器に入れたまま保存することが可能です。甘酒やこうじを作る際は付属のボトルを使用して、1度に3種類まで作れます。タイマー設定は1~48時間まで、1時間刻みで調整可能です。容器は本体からすっぽりと取り外せるので、使用後のお手入れも簡単にできます。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 山善 発酵美人 YXA-100

商品名:山善「発酵美人 YXA-100」

 

クビンス「ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM」

100種類以上の発酵食品に対応した、多機能なヨーグルトメーカーです。ワンタッチメニューを使って、メニューを選択するだけで調理を開始します。発酵食品はもちろん、ヨーグルトやチーズを使用したアレンジメニューなどが掲載されたレシピブックが付属していて、初めてヨーグルトメーカーを使う人でも安心です。

最大2000mL(適正容量1400mL)の大容量サイズで、家族が多い家でも使いやすくなっています。指を使って容器を回転させる「回転式脱水機能」を備えており、ギリシャヨーグルトや酵素シロップなどの水切り作業が簡単です。専用容器には、哺乳瓶に使われているほど安全な素材である「トライタン容器」を使用。電子レンジでの消毒や熱湯消毒ができ、衛生的です。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 クビンス ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM

商品名:クビンス「ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM」

 

置き場所に困るなら「コンパクトタイプ」

さまざまな調理家電でキッチンが手狭になっている家庭には、省スペースで置けるコンパクトタイプのヨーグルトメーカーがおすすめです。縦横14cm以下で、ちょっとした場所にも置ける商品を紹介します。

ヨーグルト 手作り ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 

(C)Shutterstock.com

Hismile「コンパクトヨーグルトメーカー」

幅13.7×奥行13×高さ28.1cmの、コンパクトなヨーグルトメーカーです。牛乳パックごとセットできるタイプなので、容器の消毒や洗浄の手間がありません。

温度設定範囲は25~69℃まで可能で、独自の「立体加熱構造」を採用していることがポイントです。本体の内部にエリアごとに分割して電熱線が配置され、牛乳パック全体をムラなく保温します。センサーと高精度IC回路を使用し、温度管理を徹底しているので、おいしいヨーグルトを作れるところが魅力です。1~99時間までの幅広いタイマー設定機能を備え、長時間の低温調理にも対応しています。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 Hismile コンパクトヨーグルトメーカー

商品名:Hismile「コンパクトヨーグルトメーカー」

 

BRUNO「発酵フードメーカー LOE037-BE」

牛乳パックがそのまま入る、スリムなヨーグルトメーカーです。幅13×奥行13.8×高さ28.1cmとコンパクトサイズで、置き場所に困りません。撹拌用スプーン・計量カップ・1000mLの専用容器×2が付属し、すぐにヨーグルト作りをスタートできます。温度は25~65℃まで1℃単位で変更が可能です。

タイマーは1~48時間まで対応し、ヨーグルト以外にもカッテージチーズやサワークリームなど、さまざまな発酵フードを作れます。操作パネルのデザインがシンプルで、ボタンの数が少なく操作が簡単。初めてヨーグルトメーカーを使う人でも、迷わずに操作できます。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 BRUNO 発酵フードメーカー LOE037-BE

商品名:BRUNO「発酵フードメーカー LOE037-BE」

 

PRISMATE「発酵グルメポット」

北欧風デザインの、おしゃれなヨーグルトメーカーです。木製のふたとスプーンに白い本体の組み合わせがナチュラルな雰囲気で、家電であることを忘れてしまうようなデザインが魅力。本体の側面にスプーンをセットしておくことができ、必要なときにすぐに使えるところも便利です。幅13.1×奥行13.1×高さ29cmとコンパクトサイズで、置き場所を選びません。温度は20~65℃まで設定でき、ローストビーフや鶏ハムなどの料理も作れます。消費電力は「約22W」で、1時間当たりの電気代は約0.73円と経済的です。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 PRISMATE 発酵グルメポット

商品名:PRISMATE「発酵グルメポット」

 

TO-PLAN「ヨーグルトファクトリーPREMIUM」

牛乳パックをまるごとセットできる、コンパクトサイズのヨーグルトメーカーです。サイズは幅13.8×奥行13×高さ27.6cmとコンパクトで、ちょっとしたスペースに置けます。8時間の自動タイマーが付いていて、保温のしすぎを防いでくれるところが便利です。スイッチを入れてから5~10時間程度でヨーグルトが完成。プレーンヨーグルトだけでなくカスピ海ヨーグルトも作ることができ、発酵時間を変えれば好みの硬さや酸味に調整したおいしいヨーグルトを作れます。

ヨーグルトメーカー魅力選び方ポイントおすすめ牛乳パックタイプ専用容器タイプコンパクトタイプヨーグルト以外 TO-PLAN ヨーグルトファクトリーPREMIUM

商品名:TO-PLAN「ヨーグルトファクトリーPREMIUM」

 

▼こちらの記事もおすすめ!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事