Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.30

【喜怒哀楽】の「哀」はなぜ「悲」ではないの?

「喜怒哀楽」とは喜び、怒り、悲しみ、楽しみなどさまざまな感情のことです。「激しい」「出さない」といった言葉とセットで使われるのが一般的ですが、良い意味と悪い意味の判断が難しく、使い方に迷うこともあるでしょう。本記事では「喜怒哀楽」の意味や語源、使い方をご紹介します。

Tags:

「喜怒哀楽」とはさまざまな感情という意味

「喜怒哀楽」は人間の持っているさまざまな感情を表す言葉です。

【喜怒哀楽:きどあいらく】
喜びと怒り、悲しみと楽しみ。人間のさまざまな感情。

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

喜怒哀楽

喜怒哀楽」という4つの漢字それぞれが人間の持っている感情を表しており、喜は喜び、怒は怒り、哀は悲しみ、楽は楽しみになります。ただしこの言葉を使う場合には4つの感情だけでなく、あらゆる感情を含んだ表現として使われるのが一般的です。

語源については次の文章で詳しく説明しましょう。

語源は中国の儒学経典『礼記』の「中庸」

「喜怒哀楽」の語源は中国戦国時代の儒学経典である『礼記』の「中庸」の一節、「喜怒哀楽を未だ発せざる、これを中という」です。この一節には「喜怒哀楽などの感情がこみあげてくる前の心の状態を中と呼ぶ」という意味があります。

中庸」においても「喜怒哀楽」は必ずしも良い意味では使われていません。「喜怒哀楽」が過剰になることをいましめる内容といえるでしょう。

「喜」と「楽」の違いとは?

喜怒哀楽」の「喜」は喜び、「楽」は楽しみという近い感情を表しています。しかしまったく違いがないわけではありません。

「喜」は何かを達成した時や努力を重ねて成果が出た時にこみあげる喜びの感情を表しています。一方、「楽」は好きな趣味をしている時や気持ちのいい状態になっている時の楽しい感情を表しています。「喜」は達成感、「楽」は快適な感覚という言い方もできるでしょう。

なぜ「悲」ではなくて「哀」が使われるのか?

喜怒哀楽」という四字熟語で「悲」ではなくて、「哀」という漢字が使われている理由は、「哀」のほうがより深い悲しみを表す言葉だからです。「悲」は漢字の構成からもわかるように、一つの心が離れ離れになっている状態を表している漢字です。

一方、「哀」は死者が身につけといる服の襟に口をつけて嘆く様子を表しています。家族や親しい人の死別に直面した時の感情ほど強いものはそうはないでしょう。

一般的に悲しみよりも哀しみのほうがより強い感情を表していると考えられることから、「哀」という言葉が使われています。

「喜怒哀楽」の使い方と例文

喜怒哀楽」という言葉はさまざまな場面で使われます。感情の起伏が激しい人や乏しい人を形容する場合に使われるのが一般的です。

喜怒哀楽

【例文】
私の恋人は【喜怒哀楽】の激しい人なので、一緒にいると疲れることもありますが、退屈はしません。
・「最近の学生は【喜怒哀楽】に乏しくて、何を考えているかよくわからない」とうちの学部の教授がぼやいていました。
友人のA君は【喜怒哀楽】がはっきり出るタイプなので、トランプや麻雀をやっている時にすぐに自分の手を読まれてしまい、負けることが多いです。

ビジネスで使う時には要注意

喜怒哀楽」という言葉をビジネスシーンで使う時には注意が必要です。悪い意味で使われることが少なくないからです。この言葉を上司や取引先の人に対して使う場合には、一定の配慮が必要になるでしょう。

【例文】
うちの部署の上司は【喜怒哀楽】をほとんど出すことがありませんが、ほめる時もしかる時も言葉でしっかり話してくれるので、やりやすいです。
工場長は【喜怒哀楽】をはっきり出す人ですが、怒る時でも相手のことを考えてくれていることがわかるので、部下から慕われています。
自分自身、【喜怒哀楽】が激しいタイプなので、感情的になりそうな時にはまず深呼吸をするように心がけています。

「喜怒哀楽」の類義語

「喜怒哀楽」にはさまざまな類義語があります。「情感」「心情」「情念」「機嫌」「気持ち」「気分」などです。これらの語句は使われる場面も異なります。ここでは「喜怒哀楽」と同じ四字熟語である「悲喜交々」、日常的によく使われる「感情」「情」という3つの言葉をご紹介しましょう。

この3つの語句には微妙なニュアンスの違いがあります。それぞれどのような場面で使われるのか、例文で確認してください。

喜怒哀楽

【類義語1】悲喜交々(ひきこもごも)

「悲喜交々」とはうれしいことと悲しいことを代わる代わる味わうことです。読み方は「ひきこもごも」です。「悲喜こもごも」と後ろの漢字2文字をひらがなで表記することもあります。「喜怒哀楽」と違って、二つの感情が交互に来ることを表している点に違いがあります。

【例文】
人生は【悲喜交々】で、楽しいこともつらいこともあるけれど、全部受け入れていくしかありません。
昨夜観た1950年代のフランス映画の名作は【悲喜交々】が描かれていたので、泣いたり笑ったりして忙しかったです。

【類義語2】感情

「感情」とは起こった物事に対して感じる気持ちのことです。外界からの刺激に対する感覚や観念によって引き起こされる主観的なもので、快・不快、好き・嫌い、恐怖・怒りなど、さまざまな心の動きが含まれます。

「喜怒哀楽」が悪い意味で使われることが多いのに対して、「感情」はフラットな言葉といえるでしょう。使い方次第で、さまざまな表現が可能な言葉です。

【例文】
すぐに【感情】が顔に出るようでは一流のスポーツ選手にはなれません。
経営者は一時の【感情】に流されることなく、冷静な判断を下すことが求められます。
彼女は「【感情】的な人が苦手」といって、僕の友人のことを暗に批判しました。

【類義語3】情

「情」とは物に感じて動く人の心の働きのことです。思いやり、情け、恋愛感情などの意味があります。「感情」が快・不快などを含む言葉であるのに対して、「情」は心の動きに限定されるという点で違いがあるといえるでしょう。

【例文】
うちの社長は【情】にもろい人なので、すべての社員から慕われている。
・彼女が会社の後輩と結婚したのは、あまりにも熱心にアプローチされたため、つい【情】にほだされてしまったかららしい。

「喜怒哀楽」の意味を知って正しく使おう

「喜怒哀楽」とは喜びや怒り、悲しみ、楽しみなどの人間のさまざまな感情を表す言葉です。「喜怒哀楽が激しい」「喜怒哀楽がはっきりしている」「喜怒哀楽が乏しい」などの使い方をされることが多く、批判的なニュアンスを含むケースが少なくありません。

喜怒哀楽

喜怒哀楽」が過剰でも不足していても、良くない意味として使われることがあります。ビジネスシーンで使う場合には、一定の配慮をすることが必要でしょう。喜怒哀楽の意味を知って、適切な場面で使ってください。

こちらの記事もおすすめ!

【100人に聞いた】義理人情に厚い人の特徴とは?そんな人に近づくための方法も紹介
「情緒不安定」な女性の特徴とは? 原因や対処法、職場に不安定な人がいる時の上手な付き合い方を紹介

写真・イラスト/(C) shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事