Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.01.19

「阿鼻叫喚」の意味や読み方とは? 由来や使い方、類語・対義語を解説

皆さんは「阿鼻叫喚」という四字熟語を聞いたことはありますか? 漢字の響きから恐ろしいイメージが伝わってくる言葉ですが、詳しい意味は分からない方も多いかもしれません。そこで今回は「阿鼻叫喚」の意味や由来、類義語や英語表現などをまとめて解説します。

Tags:

「阿鼻叫喚」の意味とは?

■意味

阿鼻叫喚」とは、「あびきょうかん」と読みます。意味を辞書で調べてみると、

1 仏語。阿鼻地獄と叫喚地獄とを合わせた語。地獄のさまざまの責め苦にあって泣き叫ぶようすにいう。2 悲惨な状況に陥り、混乱して泣き叫ぶこと。(<小学館デジタル大辞泉>より)

というふたつの意味があります。日常生活の中で使うのは2つ目の意味で、戦争や災害などの悲惨な状況を表す時に使われます。「阿鼻叫喚」の「阿鼻」は、阿鼻地獄を略したもの。「叫喚」は、「大声でわめき叫ぶこと」です。

ちなみに「阿鼻叫喚」は、「阿鼻驚嘆」や「阿鼻叫換」「阿鼻狂喚」などと間違われることがありますが、いずれも誤った表現であるため注意しましょう。

阿鼻叫喚

■由来

「阿鼻叫喚」の由来は、仏教思想の中の「阿鼻地獄」と「叫喚地獄」にあります。両方とも八大地獄のひとつで、生前悪い行いをした人々が落ちる地獄であるとされています。

「阿鼻地獄」は別名「無間地獄(むけんじごく)」とも呼ばれ、8つの地獄の中で最も厳しく恐ろしい場所。地獄の最深部にあり、落ち続けるだけで2000年かかるのだとか。「叫喚地獄」は4番目の地獄で、殺生や盗み、飲酒をした人が落ちる地獄といわれています。熱湯を浴びせられたり、猛火の中苦しめられ泣き叫ぶ人々の姿から「阿鼻叫喚」という言葉が生まれました。

ちなみに仏教の地獄思想は、平安時代中期の僧侶 源信(げんしん)が執筆した仏教書『往生要集』で八大地獄が記されたことが最初であるといわれています。

その後、『今昔物語集』の説話や『地獄草紙』といわれる図説に、炎渦巻く地獄の姿が描かれるようになりました。盗みや邪婬、飲酒などの行為を戒める教訓として作られたようです。

使い方を例文でチェック!

そんな恐ろしい由来を持つ「阿鼻叫喚」は、文学や小説、またはひどい光景を表す言葉としてニュースや新聞などで使われることもあります。具体的な例文をあげて解説していきましょう。

阿鼻叫喚

1:土砂災害の現場はまさに阿鼻叫喚の光景だった

「阿鼻叫喚」は、災害や事故、戦争などのきわめて酷い状態を表現する時に使われます。荒廃した風景や泣き叫び逃げ惑う人々の姿が想像される言葉ですね。「阿鼻叫喚の光景」「阿鼻叫喚の現場」という使い方もあります。主にニュースやラジオなどで聞いたことがあるかもしれません。

2:阿鼻叫喚の中から一筋の光が見えた気がした

「阿鼻叫喚」は文学や小説の中でも時折見かける表現です。地獄のようなひどい状況で苦しむさなか希望が見えたときなどに使われます。「阿鼻叫喚」は非常にインパクトのある言葉なので、文学の中で効果的に使われることもあります。

3:株価の暴落により投資家は阿鼻叫喚の状態だった

社会的な情勢により、企業が甚大な被害を被った場合にも「阿鼻叫喚」を使えば、事態の深刻さを伝えることができるでしょう。「阿鼻叫喚」は、個人的な問題よりも社会全体を揺るがす大きな出来事に適した表現です。

類語や言い換え表現とは?

続いて「阿鼻叫喚」の類語を紹介します。「阿鼻叫喚」は、なかなか日常会話で使う機会の少ない言葉なので、別の言葉を覚えておくと便利ですよ。主な類語や言い換え表現を3つピックアップしました。

阿鼻叫喚

1:地獄絵図

「地獄絵図(じごくえず)」も、ひどい状況の際に使用される言葉ですね。詳しい意味は以下の通りです。

1 地獄で亡者が苦しむありさまを描いた絵。地獄絵。地獄変相。2 きわめてむごたらしい状況になること。(<小学館デジタル大辞泉>より)

もともと「地獄絵図」は、地獄で苦しむ様子を表す絵や巻物を指す言葉ですが、のちに目も当てられないほどひどい状況を指すようになりました。「阿鼻叫喚」とよく似た恐ろしい響きを持つ言葉ですね。

・戦争で町は地獄絵図と化した。
・そこには想像を絶する地獄絵図が広がっていた。

2:慟哭

「慟哭」は、「どうこく」と読みます。意味は以下の通りです。

悲しみのあまり、声をあげて泣くこと。(<小学館デジタル大辞泉>より)

「慟哭」は、しくしくと静かに泣いたり、嗚咽を漏らすというような泣き方ではなく、感情が極まって大声で激しく泣く様子を指します。小説や映画、歌の歌詞などで聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

・親しい友人の訃報を聞いて慟哭した。
・生涯孤独の身となり、ひとり慟哭した。

3:泣き喚く

「泣き喚く(わめく)」の意味は以下の通りです。

わめきながら泣く。泣き叫ぶ。(<小学館デジタル大辞泉>より)

「阿鼻叫喚」は、事故や災害など大規模な被害に対して使われることが多い言葉です。そのため、知人間での喧嘩やトラブルで泣き叫んだ、というようなシーンで使うには、ややオーバーに感じられることも… 。場合によっては「泣き喚く」や「泣き叫ぶ」などに言い換えましょう。

・遊園地で迷子になった男の子は泣き喚いていた。
・恋人にフラれたショックで3日3晩泣き喚いた。

英語表現とは?

「阿鼻叫喚」の英語表現は「地獄」という意味と、「泣き叫ぶ」という意味を分けて考えるとわかりやすいでしょう。「地獄」は、英語で「hell」といいます。「hell」を使った慣用句に「all hell breaks loose」があり、「(地獄のような)大混乱が起きる」という意味になります。

阿鼻叫喚

・All of a sudden, all hell broke loose inside the cruise ship.
(クルーズ船の中は突然、大混乱が起きた)

また、「泣き叫ぶ」ことを伝えたい場合は「悲鳴をあげる」という意味の「scream」が適切です。

・She screamed for help.
(彼女は助けを求めて悲鳴をあげた)

・He screamed in fright.
(彼は恐怖のあまり悲鳴をあげた)

最後に

「阿鼻叫喚」の意味や類語、英語表現などは理解できましたか? 「阿鼻地獄」と「叫喚地獄」というふたつの地獄から生まれた言葉だったとは驚きましたね。炎の中、泣き叫ぶ罪人たちの姿が目に浮かぶような独特の表現です。目も当てられないような恐ろしい光景を表現したい時「阿鼻叫喚」を使ってみてはいかがでしょうか?

こちらもおすすめ

「呉越同舟」ってどういう意味? 由来、使い方を例文でわかりやすく解説
「捲土重来」とはどんな意味? 読み方は? 例⽂・類語・英語表現も紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事