Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.02.03

【質実剛健】ってどういう意味?|いまさら聞けない四字熟語

「質実剛健」とは飾り気がなくまじめでたくましいことを指す言葉です。今回は、質実剛健の詳しい意味や語源、類語、対義語をご紹介します。女性に対して使うのは正しいのかなど使い方や例文も解説しているため、正しく言葉を理解したい方はぜひ参考にしてください。

Tags:

「質実剛健」の読み方や意味、語源とは?

「質実剛健」の読み方は「しつじつごうけん」です。「質実剛健」とは飾り気がなくて、たくましいことを指しています。2文字の言葉ずつを反対にした「剛健質実(ごうけんしつじつ)」というように表記してあるケースもありますが、この書き方でも間違っていません。

質実剛健

はじめに「質実剛健」の意味や語源、由来はどのようなものなのか、チェックしていきましょう。

「質実剛健」とは飾り気がなくたくましいこと

【質実剛健(しつじつ‐ごうけん)‐ガウケン】
(名・形動)飾り気がなく、まじめで、強くてたくましいこと。また、そのさま。「―の校風」

(引用〈小学館 デジタル大辞泉〉より)

「質」は「素朴であること」、「実」は「誠実であること」という意味をそれぞれ表しています。「質実」とあわせると「飾り気がなくまじめであること」との意味です。「剛健」は「心が強くて体が健康だ」という意味の言葉のため、「質実剛健」とは、「飾り気がなくて誠実で、心も体もたくましくて健やかなこと」を表現しています。

「質実剛健」は日常生活だけではなくビジネスシーンでも使われている言葉です。相手を褒めたいときにも使える言葉なので、しっかりと覚えておきましょう。

「質実剛健」の語源・由来

「質実剛健」の語源・由来となったのは、明治維新が終わって鎖国政策がなくなったころに明治政府が発布した『戊申詔書』という書物でした。産業革命後の欧米列強と比較して、日本の国力や技術が劣っていることに不安を抱き、「国民は忠実に仕事に励み、勤勉に倹約をして生計を立て、自ら質実を重んじ自らを励み勉め続けなければならない」と書かれた『戊申詔書』を発布したのです。

明治天皇が国民に対しての期待を述べられたこの詔書から、「質実剛健」という表現ができたといわれています。

「質実剛健」の使い方・例文

「質実剛健」の使い方は、以下のとおりです。

質実剛健

・「質実剛健な人」など、人物像を表す使い方
・高校などの校訓や座右の銘としての使い方

「質実剛健」を人に対して使う場合、飾り気がなくて誠実で心も体もたくましくて健やかなことという意味から、女性ではなく男性に向けて使う言葉だろうかと感じる人も多いでしょう。女性に対して使っていいのかどうかもあわせてチェックしていきましょう。

「質実剛健な人」など、人物像を表す使い方

「質実剛健」とは、人物像を表す際の誉め言葉として使われることのある表現です。「質実剛健な人」や「質実剛健な気性」などというように使われています。「質実剛健」を人物像を表す言葉として使った場合の例文は、以下のとおりです。

彼はとても【質実剛健】な人で、魅力的に感じました。
・【質実剛健】な気質の持ち主で、実に信頼できる人だ。
・周りから自分のことを【質実剛健】な性格だといわれてみたいものだ。
・あの人の【質実剛健】さは、とても好感が持てます。

「質実剛健」は女性に対しても使われる

飾り気なく誠実で、心も体もたくましくて健やかであるという意味を持つ「質実剛健」は男性的なイメージを持ちがちです。しかし、女性に対して使われることもあります。

女性に対して「質実剛健」な人であると表現した場合、「真面目」や「物怖じしないこと」に対して褒める意味合いが強いといえます。正義感が強く、相手に対して物怖じしないで意見を伝えられるような女性に使われます。

しかし、「質実剛健」という言葉について男性的なイメージを持っている人もいるため、違和感を覚えられることもあるかもしれないことには注意して使いましょう。

高校などの校訓や座右の銘としての使い方

質実剛健」という言葉は、高校の校訓などとしての使い方もされています。「質実剛健」を座右の銘にしている人もいるなど、好意的な意味で使われている言葉です。この使い方の例文は以下のとおりです。

私は【質実剛健】を座右の銘にしています
私の母校は【質実剛健】の精神を大事にしていた。

なお、「質実剛健な人になりたい」というのはいいですが、「私は質実剛健な人です」と自分のことを指して言うのは、自分を褒めていることになるので避けたほうがいいでしょう。

「質実剛健」の類語と対義語もチェック

「質実剛健」の類語と対義語は以下のとおりです。

質実剛健

・類語は「剛毅木訥(ごうきぼくとつ)」など
・対義語は「巧言令色(こうげんれいしょく)」など

例に挙げたこれらの類語や対義語のほかにも、複数の言葉があてはまります。「質実剛健」の類語や対義語とそれぞれの意味について、さらに詳しくチェックしていきましょう。

【類語】剛毅木訥(ごうきぼくとつ)など

「質実剛健」の類語の例は以下のとおりです。

<剛毅木訥(ごうきぼくとつ)>
心に強い意志があり、物事にくじけたり屈したりしないことを指して使われる言葉。

<剛健質朴(ごうけんしつぼく)>
心が強く頼もしいことや、飾り気がないこと、素直であることを意味する言葉。

<不撓不屈(ふとうふくつ)>
強い意志があり、苦労や困難があってもくじけることがないさまを指す言葉。

【対義語】巧言令色(こうげんれいしょく)など

「質実剛健」の対義語の例は以下のとおりです。

<巧言令色(こうげんれいしょく)>
心にもないお世辞をいい、うわべだけをとりつくろうことを意味する言葉。

<華美柔弱(かびにゅうじゃく)>
見た目がはなやかで派手だが、実は気力や体質が弱々しいことを指して使われる言葉。

<意気地がない(いくじがない)>
やりとげようとする気力がない、だらしがないなどを意味する言葉。

「質実剛健」の意味を理解して正しく使おう

質実剛健」とは見た目は飾り気がないが、誠実で心も体も健やかであるという意味の言葉です。女性に対しても誉め言葉として使われている言葉ですが、たくましいという意味を持っているため、男性的なイメージを持っている人がいるかもしれないことに注意が必要です。

言葉が持っている意味や語源、類語などをしっかりとチェックして、さまざまな言葉を正しく使えるようになりましょう。

こちらの記事もおすすめ!

座右の銘にされることも多い【公明正大】の類語や対義語をチェックしよう
【100人に聞いてみた】正義感がある人にみられる特徴とは?

写真・イラスト/(C) shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事