Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.02.26

「権謀術数」←なんと読む? 意味や使い方から、類語・英語表現までわかりやすく解説

「権謀術数」は「人を巧みに欺く策略」を意味し、昔の中国では権力闘争の場で使われた言葉です。現代ではビジネスシーンでも使うことができます。意味や例文による使い方、類語表現を押さえましょう。

Tags:

「権謀術数」の意味や読み⽅とは?

「権謀術数」は、あまり聞きなれない言葉かもしれません。まずは、「権謀術数」の基本的な知識をしっかりと押さえておきましょう。

権謀術数読み方意味とは例文使い方類語言い換え

読み⽅と意味

「権謀術数」は、「けんぼうじゅっすう」と読み、人を巧みに欺く策略の意味です。四字熟語で策略を意味するとなると、昔の中国に由来する言葉だと想像される人もいるかもしれません。まさにその通り。「権謀術数」は、12世紀の中国の思想家・朱子(朱熹)が残した『大学章句序』に出てくる言葉です。

朱子は、日本の歴史上の人物にも大きな影響を与えた朱子学の創始者として、広く知られています。『大学章句序』は、儒教の経書の中でも特に重要とされる四書五経(ししょごきょう)の四書のひとつ、『大学』について、朱子が注釈として書き下ろしたものです。

この「権謀術数」の意味を理解するために、まずは「権謀術数」に使われている漢字を、ひとつずつ確認していきましょう。

「権謀術数」の「権」は、政治的な力、権力のことです。「謀」は、誤った情報で相手を陥れる謀略のこと。「術」は技法、つまり、具体的な手段を意味し、「数」は分析・計算を表しています。さらに、「権謀」で、臨機応変の謀(はかりごと)という意味、「術数」は、謀・企み(たくらみ)の意味になります。

これらの漢字で成る「権謀術数」は、政治的な目的(現代ではビジネス上の目的も)で、人を巧みに欺くという意味で使われます。単に相手のことが嫌いだから騙したり、金銭目的の特殊詐欺などは「権謀術数」には当たらないということです。

「権謀術数」と「権謀術策」の違いは?

「権謀術数」と似た言葉で、「権謀術策」というものがあります。「権謀術数」は前に説明したとおり「けんぼうじゅっすう」と読みますが、「権謀術策」は「けんぼうじゅっさく」と読み、漢字も読み方も非常によく似ており、その意味も同じです。

使い⽅を例⽂でチェック

「権謀術数」は難しい言葉なので、使うにはハードルが高く感じるかもしれません。実際に「権謀術数」がどのように使われるのかを、例文で確認していきましょう。昔の中国では権力闘争の場で使われた言葉ですが、現代では企業同士の競争、ビジネスの場でも使うことができます。

権謀術数読み方意味とは例文使い方類語言い換え

1:「彼は権謀術数に長けているから、この問題は任せておこう」

企業同士の競争など、ビジネスシーンで使うことができる表現です。

2:「あの人は権謀術数を弄(ろう)して、この難局を乗り切ろうと必死だ」

なんとか自分の責任を問われないように、また、自分の立場を守るために、人が勘違いするような情報をわざと流したり、世論を操ったりする場合に、このような表現が使えます。

3:「今度の社長は、権謀術数主義的な思想の持主だ」

新しく就任した社長が、目的のためならどんな策略や手段をも厭わない人物であるということを表す一文です。

類語や⾔い換え表現は?

「権謀術数」の例文を紹介しましたが、同時に類語も確認しておくと、理解しやすいでしょう。

手練手管

1:手練手管

「手練手管」は、「てれんてくだ」と読みます。「手練手管」は、「手練」と「手管」で成り立っています。「手練」は巧みな技を意味し、「手管」は人を操る手段です。この2つが合わさった「手練手管」は、人を騙して自分の思い通りに操ることを表します。

2:奸智術策

「奸智術策」は、「かんちじゅっさく」と読みます。「奸智」は悪知恵、「術策」は謀、企みのこと。この2つで成り立つ「奸智術策」は、よこしまな知恵を使った策略という意味になります。

「権謀術数」の対義語は?

「権謀術数」の対義語も見ていきましょう。真っ直ぐであること、策を用いないことを意味する言葉が当てはまります。

1:馬鹿正直

「馬鹿正直」は文字通り、正直すぎることです。その性によって、機転が利かない、臨機応変に振る舞えない場合にも使われる言葉です。

2:誠心誠意

「誠心誠意」は、偽りなく真心をもって物事にあたることです。偽りや飾りのない心を意味する「誠」という字を重ねることによって、その意味を強調しています。

「権謀術数主義」のマキャヴェリズムとは?

「権謀術数」を説明する上で頻繁に登場する言葉に、「マキャヴェリズム(マキアベリズム)」というものがあります。「マキャヴェリズム」とは、思想家のマキャヴェリが主張する政治思想です。

権謀術数読み方意味とは例文使い方類語言い換え
マキャヴェリは『君主論』の著者。『君主論』は、国家統治者である君主はどうあるべきなのか、歴史上の君主を分析して執筆されたものです。その中で、国を統治するためには合理的な判断が必要だと説いています。これは、「権謀術数主義」においても見られる考えです。「マキャヴェリズム」「権謀術数主義」は、倫理的に正しくない非道徳的行為でも、結果が良ければ正当化されるという、共通した意味を持っています。

英語表現とは?

「権謀術数」の英語表現には、どのようなものがあるのでしょうか。2つ紹介します。

1:He is a scheming politician(彼は権謀術数に長けた政治家だ)

scheme」には、計画、陰謀という意味があります。「権謀術数」の例文で「あの人は権謀術数を弄(ろう)して、この難局を乗り切ろうと必死だ」という例を紹介しましたが、このような知事は「He is a scheming man」といえます。

2:She made full use of scheme(彼女は権謀術数を駆使した)

make full use of~」は、「~を十分に活用する」という意味です。「She made full use of scheme」は、直訳すると「彼は陰謀を十分に活用した」となり、スマートな言い方に直すと「彼は権謀術数を駆使した」といったところでしょう。

最後に

普段の会話ではあまり馴染みのない「権謀術数」という言葉。少し難しく感じますが、例文や類語、対義語を一つ一つ見ていくと、理解しやすいのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「朝令暮改」の意味は? ビジネスの注意点、使い方、類語、例文を交えて解説
「嬉しい言葉」適切に伝えられてる?ビジネスシーンで相手に届く言葉の内容と伝え方

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事