Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE 漢字クイズ

2024.02.23

「僥倖」はなんと読む?詳しい意味から言葉の由来、使い方、類義語・対義語をご紹介!

 

僥倖とは、思いがけない幸運という意味です。会話で使うことは少ない言葉で、主に手紙やメールなど文章の中で使われます。本記事では僥倖の意味や正しい使い方を解説するとともに、よく似た言葉をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

Tags:

僥倖とは?

僥倖は、「ぎょうこう」と読みます。思いもよらない幸福という意味です。僥倖の「僥」には「求める・願う」という意味があり、「倖」には思いがけず得られた幸福という意味があります。

お賽銭箱の前で手を合わせる女性 イラスト

(C)Adobe Stock

僥倖を使うシーンは、主に「幸福が突然舞い込んだとき」と「思わぬ幸せを願うとき」の2つに分けられます。

ここでは、僥倖という言葉の由来や正しい使い方をみていきましょう。

分解して言葉の意味を調べる

僥倖の「僥」という漢字は「人」と「堯」から成り立ち、「堯」には「気高い」という意味があります。これらを合わせた「僥」は、気高く崇高な人というニュアンスです。

「倖」は「人」と「幸」から成り立ち、「幸い」「思いもよらぬ幸運」という意味があります。このような2つの漢字が一緒になり、「なかなか手に入らない気高い幸運が思いがけず手に入る」という意味になっています。

正しい使い方

僥倖は主に「思いもよらない幸運が舞い込んだとき」と「偶然の幸せが訪れるのを願うとき」に使います。「僥倖です」「僥倖が起きた」といった使い方が一般的です。

「偶然の幸せを願うとき」は、「僥倖を待つ」「僥倖に期待する」といった使い方をします。

僥倖にはフォーマルなイメージがあり、日常的な会話ではあまり使われない言葉です。目上の人や取引先への文書など、あらたまった場面で使うことが多いでしょう。

僥倖の例文

僥倖を使った例文をいくつかご紹介します。例文をみて、僥倖という言葉への理解を深めましょう。

オフィスでチームが大喜びする様子 イラスト

(C)Adobe Stock

・彼の手腕がなければ、会社の業績をここまで伸ばすことはできなかった。彼を役員に迎えたことは、会社にとって僥倖だったといえる

・1枚だけ購入した宝くじで100万円を獲得したのは、僥倖というしかない

・チームはあらゆる手段を使って反撃を試みたが、逆転できなかった。このあとは、僥倖を期待するしかないだろう

・初出場で金メダルを獲得できたのは、僥倖というほかはない

・できる限りの努力はしてきたので、あとは僥倖に頼るしかないと思っている

・思いがけず新商品がヒットして、前年より売上が2倍にアップしたのは僥倖だった

 

僥倖の類義語

僥倖には多くの類義語があるため、一緒に覚えておけば語彙が増え、表現に幅ができます。

おみくじ 大吉 イラスト

(C)Adobe Stock

僥倖の類義語には、次の言葉があげられます。

・好機(こうき)

・奇貨(きか)

・棚から牡丹餅(たなからぼたもち)

・もっけの幸い(もっけのさいわい)

 

好機とは、物事をするのにちょうどよい機会という意味です。奇貨とは、利用すれば思いがけない利益が得られる品物や機会を指します。

その他の類義語である「棚から牡丹餅」と「もっけの幸い」について、さらに詳しくみていきましょう。

1 2
Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら


Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!