【妊娠時のむくみ(浮腫み)原因と対策】 なぜむくむ?むくみと体重の関係って? | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

BEAUTY女は体重よりボディラインです!!!

2019.09.01

【妊娠時のむくみ(浮腫み)原因と対策】 なぜむくむ?むくみと体重の関係って?

妊娠中、脚がパンパンにむくむのはなぜ?意外と知らないその原因や、産後太りとむくみの関係性について、カイロプラクター 姿勢教育指導士の碓田紗由里さんに伺いました。

Tags:

【目次】
妊婦はなぜ浮腫む?
浮腫みと体重の関係性
妊婦の浮腫み対策
足・脚の浮腫みを解消する簡単ストレッチ

妊娠中、脚がむくんで象のようにパンパンになった…なんていう経験をしたことのあるママ、いませんか?筆者はもちろん経験済みですが、なぜ妊婦さんは体がむくむのでしょうか…。妊娠中はむくみやすい、ということは知っているものの、意外と理解していないその原因について、カイロプラクターでご自身も2児の母である碓田紗由里さんにお話をうかがいます。

なぜ、妊婦は体がむくむ?そもそもむくみの原因って何?

「妊娠中は通常時に比べて体がむくみやすくなります。むくむということは、すなわち体の循環が悪いということ。その原因として、大きくなった子宮、黄体ホルモン、筋力の低下が考えられます。まず妊娠後期は、大きくなった子宮が脚のつけ根を通る血管を圧迫するため、物理的に血流が悪くなります。次に黄体ホルモンです。黄体ホルモンは妊娠によって分泌が増えるホルモンで、体の中に脂肪や水分を貯め込みやすくなります。この働きによって、妊娠中むくみやすくなるのです」(碓田さん)

(C)Shutterstock.com

「むくんでいる=太りやすい」の法則って本当!?

「むくみの原因のひとつとしてホルモンをあげましたが、出産し、黄体ホルモンが減少すれば、むくみ体質は軽減されます。しかし、出産しても骨盤が開いたままの状態では、ホルモンが多く出続けてしまうため、太りやすい状態が継続してしまいます。ある研究によると、出産後95%のお母さんに骨盤のゆがみが生じているとのこと。骨盤のゆがみは、むくみをはじめ、産後太りの大きな原因になります。まずは産後、ゆがんだ骨盤を調整することが体を整える大きな一歩となります。しかし、自分ひとりでケアすることは難しいので、専門知識のある施術院でメンテナンスをしてもらうことが大切。また、妊娠中に運動量が減り、脚の筋肉が衰えていることも体重が減りにくい原因として考えられます。脚の筋力が弱いと、下半身に溜まった水分を心臓に戻す機能が弱くなるので、歩くなどして脚の筋力を回復させましょう。そうすることでむくみが解消し、自然と痩せやすい体になっていきます」」(碓田さん)

今すぐ知りたい!妊娠時のむくみ対策について

「赤ちゃんの成長にともない子宮が大きくなると、脚のつけ根を通る血管が圧迫され、血流が悪くなることでむくみやすくなります。これは物理的なことなので、妊娠中のむくみはある程度仕方がありませんが、簡単なストレッチなどで解消することができます。しかし、もともと運動をせず、体力がない人は、圧迫された動脈を押し戻す力が弱く、よりむくみやすくなってしまうことも。出産はもちろん、育児、仕事は体力勝負。体力がなくては何事に対してもモチベーションが上がりません。ダイエットにも体力は必須です。体力をつけることが結果としてむくみにくい体、安産につながる体、産後はダイエットしやすい体、痩せやすい体につながるのです。アラフォーという年齢的にも産後は特に体力が低下するので、妊娠を希望されている方は日頃から体力づくりを心がけましょう」(碓田さん)

むくみに効く!簡単ストレッチはこれ!

「脚のむくみがひどくて辛い…」という妊婦さんは、かかとをあげるストレッチでむくみを解消しましょう!椅子に座りながらできるので、妊婦さんでも安心して実践できます。このストレッチは、脚裏のハムストリングという筋肉に柔軟性をつけるもの。その柔軟性があるかないかで産後の回復もしやすくなるので、産後ダイエットにも効果的です。

(1)背筋を伸ばした状態で椅子に座る。

(2)片足を伸ばし、つま先を引き上げる。
▲かかとからふくらはぎの裏側をピン伸ばすイメージ。

(3)(2)の状態でお腹を前に突き出すよう、体を前にスライドさせる。息を吸って、吐き、6秒くらいを目安におこなう。

むくみは体の代謝が悪い証拠。「出産を終えてもむくみ体質が治らない…」という産後ママは、まず骨盤を整えることからはじめましょう。そして、大切なのは体力づくり。育児、家事、仕事を毎日こなさなければならないワーママは、特に体力が必要です。ママが倒れては家庭も仕事もまわらなくなってしまうので、日常生活の中で体力をつけることを心がけていきましょう!

あわせて読みたい
▶︎【産後ダイエット】いつから始めるべき? 成功率の高いおすすめダイエット方法やストレッチはこれ!
▶︎産後、痩せないのはなぜ?痩せる人、痩せない人の違いは?【産後ダイエット】

『産後骨盤 リセットダイエット』碓田紗由里著(かんき出版)

食事制限も激しい運動もいらない!「姿勢習慣を見直す」「出産後、ゆがんだ骨盤を元に戻す」「妊娠中に衰えた筋肉を元に戻す」の3つを軸に、妊娠初期からでも安全にできる、効果抜群の産後ダイエット方を提案。忙しい子育てママでも簡単に実践でき、「妊娠前よりキレイで健康的な体になれる!」と産後ママたちから大きな反響を得ている。

カイロプラクター 姿勢教育指導士

碓田紗由里(うすださゆり)

虎ノ門カイロプラクティック院副院長。これまで女性を中心に、のべ1万人の施術をしてきた経緯と自身の妊娠・出産の体験から、出産前後の女性がかかえる体型の変化や体調不良を改善するためのオリジナルプログラムを開発、提案。自身もこのプログラムにより元の体型に戻すだけでなく、妊娠前の体重よりマイナス7キロをキープをしている。虎ノ門カイロプラクティック院

撮影/黒石あみ トップ画像/(C)Shutterstock.com 取材・文/村井 絢

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事