出産直前!美容エディターがしていた肌とボディのためのケアって?【プレママのスキンケア&ボディケアまとめ】 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

BEAUTYスキンケア

2019.09.15

出産直前!美容エディターがしていた肌とボディのためのケアって?【プレママのスキンケア&ボディケアまとめ】

Domani ビジュアル・エディターとして活動中の有田千幸が、この度第一子を 妊娠中。マタニティライフを通して出合った「これは!」というオススメのスキンケア&ボディケアアイテムをご紹介します!

Text:
有田 千幸
Tags:

妊娠中の肌のケアは普段より丁寧に

体に負担がかかり、顔にもお疲れ模様が出やすい妊娠中は、いつもより丁寧なケアが大切。

たとえば、スキンケアは少しだけ時間をかけ手の温もりでプレスしてみたり、普段オールインワンが多い人は美容液をひとつプラスしてみたり、ボディにはマッサージツールを取り入れてみたり。このタイミングで自分の体を労わる時間を増やしてもいいんじゃないかな、と私自身今回の妊娠を通じて思いました。

手前みそですが、これがあったから乗り切れた!という妊娠中に重宝した9つのスキンケアとボディケアアイテムをご紹介しますね。

【ITEM_1】疲れた目元をひんやり冷やしてくれるヘレナ ルビンスタインのアイケアアイテム

日々スマホやパソコンなどに張り付き仕事をしていると、いちばん疲れるのは目元。私も30代に入ってからはアイクリームを毎日使うようにはしているんですけど、目元のケアってどちらかといえば長期戦。地道に続けることに意味があるものなんですよね。なので、目元にものすご〜い疲労感が漂っているときには、ちょっとしたパワーツールに頼ってみるのがよいんです。今年8月に発売されたばかりのヘレナ ルビンスタインの「プロディジー CELグロウ アイ」は、「エーデルワイス」の始原細胞 (*) がもつ自己再生力をうまくスキンケアに取り入れることにより完成した、目元に艶やかな輝きをもたらしてくれるアイクリーム。これを目のまわりになじませ、その上から中に冷水を注いだ「アイ マッサージャー」で優しくプレスしながらすべらせることで目の奥までひんやりジワー…。その日の疲れはその日の内に!がベストですよね。

(*) 植物の基となる細胞。植物に必要な栄養素に富み、一定の条件下において、花、葉、根など植物の成体を形成することができる。エーデルワイスカルス培養エキス(整肌成分)

詳しくはこちらから ▶︎ 妊娠中、目が疲れやすくなった美容エディターが今手放せないアイクリームは…【有田千幸のプレママ美容日記】

【ITEM_2】ごわついた肌をつるんと仕上げてくれるクレ・ド・ポー ボーテの美容液

肌が乾燥しやすい妊娠中は、皮脂の分泌が過剰になることでざらつきやごわつきが気になることも。季節の変わり目などにもスキンケアをしていると指先に小さいポツポツっとした違和感を感じることがありますが、あれと同じでそのまま放っておくと最悪毛穴の開きに発展することも。クレ・ド・ポー ボーテの「コレクチュールエサンシエル n」は、過剰な皮脂を抑え、テカり・べたつきを軽減してくれる医薬部外品の美容液。コットンに適量を取り、ざらつきが気になる肌表面を何度かすべらせるとやわらかくなめらかな肌表面に。冷涼感があり、ほんのりスーッとする使用感も肌表面がより清潔になったな、って思わせてくれます。

詳しくはこちらから ▶︎ 妊娠中の肌のザラつきごわつきにこれ1本!【有田千幸のプレママ美容日記

【ITEM_3】抜け毛対策に!美容プロ絶賛のシスレーのヘアケア

髪の毛の多い少ないやダメージの有無に関わらず、産後は抜け毛に悩まされる人が多いと聞いた私が産前から力を入れているのが、シスレーの頭皮用美容液、「ヘア リチュアル フォーティファイング セラム フォー ザ スカルプ」を使った抜け毛対策。ホルモンの変化で起こる抜け毛を完全に防ぐのは難しいのかもしれないけれど、頭皮環境をできるだけ早い段階からよい状態に整えておくことは可能。産後は体内の栄養分が急激に失われ、髪の毛全体も薄っぺらく見えがちになるとか。。。いつまでも若々しくいられるよう、食生活や睡眠に気をつけながら、頭皮の環境にも気を遣っていきたいなと思っているのです。

詳しくはこちらから ▶︎ 産後ママの抜け毛問題! 妊娠中からできることは…【有田千幸のプレママ美容日記】

【ITEM_4】パッと顔色を明るくしてくれるダーマロジカの高濃度ビタミンC

「妊娠してシミが増えた」、「妊娠したら肌がくすんだ」、そんな声をよく聞きます。ちなみに、元々色白で皮膚が薄い私もそんな中のひとり。普段から日焼け対策には気を遣っているし、美白アイテムも必ず取り入れるようにしているけれど、やっぱり女性ホルモンの影響力ってすごいですよね。妊娠中期〜後期にかけて、頬骨のあたりにうっすらとでてきたシミを見つけたときに投入したのが、ダーマロジカの高濃度な安定型ビタミンC複合体が配合された「バイオルミンCセラム」。普段から化粧水に2〜3滴混ぜて使ったり、顔色がパッとしないときには、原液をそのまま塗り込んだり。妊娠中のこの期間、何とかこれ以上シミを増やさずに乗り切りたいと願っています!

詳しくはこちらから ▶︎ 妊娠中に増える シミ・くすみを払拭してワントーン明るい肌へ【有田千幸のプレママ美容日記】

【ITEM_5】お産に備えたインティメールのデリケートゾーンのケアオイル

初めてのお産は未知の世界。女性の体のあんなことやこんなこと、今まで知らなかったことをたくさん知ることができる貴重な機会。そんな中、いちばん不思議な体験だったのが、膣口~肛門の皮膚をやわらかくするために行う「会陰 (えいん) マッサージ」。赤ちゃんの出口となる会陰は、のびが悪いとドクターによるカットが間に合わず裂けてしまうことも。そこで、産前から行える対策のひとつが、やわらかな肌づくり。スクワラン、マカデミア種子油、ホホバ種子油など、ナチュラルな成分にこだわった、インティメールの「バーシングオイル」で、できれば毎日5分ほど、Uの字を描くように、会陰部を優しく往復マッサージしたり、くるくると円を描くようにマッサージしたり、コットンパックをしたり。そうすることで、赤ちゃんが生まれてくるのをイメージしやすくなったり、お産自体を前向きに捉えられるようにもなった気がします!

詳しくはこちらから ▶︎ お産に向けてデリケートゾーンのケア、はじめました【有田千幸のプレママ美容日記】

【ITEM_6】むくみを和らげてくれると話題のVITAL MATERIALのバスソルト

妊娠後期になるに連れ、ひどくなったのが脚のむくみ。お腹が大きくなると、血の巡りが悪くなるせいか、夕方はどうしてもふくらはぎあたりがパンパン。このむくみ、放って寝てしまうと必ずといっていいほど、脚が攣る…。なので、脚を高くあげたり、マッサージをしてみたり、ゆっくりお風呂に浸かってみたりと、むくみはできるだけ抱えたまま寝ない方が身のため (汗)。ちなみに、入浴するときにおすすめなのはデトックス効果のある入浴剤で、私が使っているのは、VITAL MATERIALの「アロマハーブバスソルト」。4億年前のヒマラヤ山脈の地下深くの岩塩層から採取された天然の岩塩と精油から生まれた貴重なバスソルトで、発汗作用も高く、疲労やストレスの緩和、そして呼吸器機能の改善にも効果的なんだとか。自宅で手軽にSPA気分が楽しめる一品ですよ!

詳しくはこちらから ▶︎ 眠っていると脚がつる!むくみと戦う毎日を、これが助けてくれました!【有田千幸のプレママ美容日記】

【ITEM_7】ボディマッサージで思いがけず重宝したリファカッサレイ

どうやら妊娠中は体のあちこちが痛くなる体質だったらしい私。毎晩、腰や太腿、それに特にふくらはぎなんかがパンパン…。痛みや張りはできるだけ早くほぐしたい! そんなときに思いがけず重宝したのが、「リファカッサレイ」。すくい上げて、つまみ流して…、エステティシャンの手で行われる技を再現していてる美容ツールだから、顔だけじゃなくボディラインにも使えるのでは!と思い使い始めました。防水構造だから、バスタブにも持ち込んでゴリゴリ使えちゃうし、夫にも「ちょっとこれでここをほぐして〜」なんていってみたり (笑)。毎晩お世話になっております♡

詳しくはこちらから ▶︎ むくみ撃退!もう手放せないと思ったアイテムは・・・【有田千幸のプレママ美容日記】

【ITEM_8】穏やかな気持ちに整えてくれるウカのボディウォッシュ

「妊娠は病気じゃない」とはいえ、マイナートラブルがあまりにも続くと、心も体もはっきりいって参ってしまいますよね。家事もしなきゃだし、仕事だってまだまだ頑張りたい。だからこそ自分なりの発散方法を見つけておくことがとっても大切。そんな中、無理なく取り入れることができるのがバスタイムでのリラックスアイテム。我が家で重宝しているウカの「ボディウォッシュ」は、天然由来率96%で、贅沢にブレンドされた精油とミネラル豊富な死海の塩が配合されてある、エコサートコスモス オーガニック認証を取得したボディウォッシュ。きめこまやかでアロマティックな泡があっという間にボディを包み込んでくれ、洗い上がりもつるりとなめらか。敏感肌の方にも人気のアイテムです。

詳しくはこちらから ▶︎ 妊娠後期の体調不良に贅沢バスタイムでリラックス!【有田千幸のプレママ美容日記】

【ITEM_9】お腹の皮膚のケアをしてくれるヴェレダのボディオイル

最初はぽっこりかわいらしかったお腹も後期になるとそれはそれは大きくふくれ上がり、足の爪を切ったり、靴を履くのも困難なくらい巨大化。そんなにビッグ(!)になるお腹はできるだけ早い段階から保湿ケアを心がけ、皮膚をやわらかく、そしてのびやすい状態にしておくことが大切。私がお世話になっているボディオイルのひとつ、ヴェレダの「マザーズ ボディオイル」は、高品質のアーモンドオイルやビタミンEを多く含む小麦胚芽オイル、そしてアルニカのエキスがたっぷりと配合されてあり、産前のケアだけに限らず、産後の肌の引き締めにも◎。ベビーが出たあとのお腹の皮膚の戻りは、ケアが行き届いていた人ほどよいんですって! 私の努力もどうか報われますように…。

そんな中、詳しくはこちらから ▶︎ 絶対だいじ!産前産後のボディケアにこのオイル【有田千幸のプレママ美容日記】

▼ あわせて読みたい記事
ビジュアル・エディター 有田千幸のプレママ美容日記。実際に使ってよかったメークアイテム6点!【まとめ】

画像ALT

ビジュアル・エディター

有田 千幸

中学校を卒業後、単身でニュージーランドに渡り、現地の高校・大学へ進学。外資系航空会社のCA、建築設計事務所の秘書・広報を経て34歳で美容エディターに転身。現在はビジュアル・エディターとして元会社員ならではの実用目線を活かした記事をWEB、誌面、インスタグラムで配信。身長170cm。ワインエキスパート。chiyuki_arita_official

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事