「自己憐憫」ってどういう意味?〝かまってちゃん〟と同義語?自己憐憫の原因や心理も紹介【専門家監修】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2020.12.04

「自己憐憫」ってどういう意味?〝かまってちゃん〟と同義語?自己憐憫の原因や心理も紹介【専門家監修】

自己憐憫とは、自分を哀れみかわいそうだと思い込むこと。被害者意識が強く、他人の同情を期待する傾向があるため、周囲には困った存在と見なされる場合があります。自己憐憫に陥っている人と、上手に付き合っていく方法を確認しましょう。

【目次】
自己憐憫とは
自己憐憫の原因
自己憐憫に陥る人の心理
自己憐憫がもたらす悪影響
自己憐憫に囚われている人との接し方

自己憐憫とは

自己憐憫 原因 心理

人の心の状態を表す言葉に「自己憐憫」があります。日常会話の中ではあまり用いられないものの、字面からは哀れでかわいそうなイメージがあります。まずは自己憐憫の意味を紹介します。

自分をかわいそうに思うこと

「自己憐憫(じこれんびん)」とは、「自分を哀れみ、かわいそうに思うこと」です。「自分はなんて不幸なんだ…」と思い込んでいる悲劇のヒーロー・ヒロインのような状態といえるでしょう。

「あの人は自己憐憫に陥って、自分の苦労話ばかりをする」「自己憐憫に浸る必要はない」など、客観的に物事を見ることができていない、マイナスのニュアンスを含んでいるのが特徴です。「被害者意識が強い」とも考えられます。

かまってちゃんなども該当

「かまってちゃん」とは、誰かにかまってもらわないと気がすまない人をさす言葉です。ひとりぼっちになるのを極端に嫌がり、相手の気を引くためにいろいろなことをします。かまってちゃんは「どうせ私なんて…」「もう消えてしまいたい!」など、ネガティブで悲観的な口癖が多いのが特徴です。

深層心理には、「私ってかわいそうでしょ?」という自己憐憫の気持ちが潜んでおり、「そんなことないよ!」「大丈夫だよ」と相手が心配してくれるのを期待しているのではないでしょうか。自己憐憫に浸り、かわいそうな自分を過剰に演じることで、みんなに特別扱いをしてもらうのが目的といえます。

自己憐憫の原因

自己憐憫は生まれつきの性格ではなく、幼少期の家庭環境や、過去に経験した出来事などが原因になっている場合があります。自己憐憫につながる、3つの心理的背景を紹介します。

幼少期の家庭環境

自己肯定感が低い人が使いがちな【マズい口癖】って!? 今すぐ変えたい否定形の口癖5つ

幼少期にどんな家庭環境で育ったのかによって、その人の性格や行動パターンが決まることがあります。自己憐憫に陥りやすい人は、幼少期の家庭環境に「自分はかわいそうだ」と思わざるを得ない出来事があった可能性があります。もしくはそう思い込み、かわいそうな自分を演じることで、周囲からかまってもらえていたのかもしれません。

幼い子どもは、親や周囲の大人の愛情を十分に受けずに育つと「自己肯定感」を抱きにくくなります。「自分は価値のない存在だ」という感覚におそわれ、自分をかわいそうな存在と見なすのが一種の癖になってしまうのです。親たちや周囲の大人が、「私たちはかわいそうな存在なんだ」というメッセージを常に発していて、それが子どもにも刷り込まれてしまった場合もあります。

過去のトラウマ

どんなときに心が折れる?いつもめげない人との違いとは

自己憐憫に陥る人の中には、過去のトラウマから脱却できず、「自分はなんて不幸なんだろう」と思い続けている人がいます。「トラウマ」とは精神的なショックや恐怖などによる「心の傷」です。時間の経過とともに癒される人もいますが、いつまで経っても傷が癒えない人も少なくありません。

とりわけ幼少期に受けてしまった心の傷は、のちのちの人生にもマイナスの影響を及ぼし続けます。自分は悪くないのに「~された」という思いが根底にあり、自分を哀れんだり、相手を責めたりして、なかなか前に進めない場合もあります。

さらに、「自分は辛い思いをした」「トラウマを抱えている」と、トラウマのせいにすることで、現実の問題を直視したり乗り越えることを避ける場合もあります。人は楽なほうに流れようとする思考があり、辛い思いに浸るほうが実は楽だということもあるのです。

自己否定が強い

「豆腐メンタル」ってなに?凹みやすい人の特徴と原因・克服方法を紹介

自己肯定感が強く、考え方がポジティブな人は、自己憐憫に陥ることはほとんどありません。あったとしても長くは続かず「自分を哀れんでいてもしょうがない」と気持ちを切り替えます。逆に、自分否定が強い人は、自己憐憫に陥りやすく、一度陥ってしまうと、なかなかその状態から抜け出せません。過去の成功体験が少ないせいか、考え方の根本がネガティブなのです。

このタイプは「どうせ自分には無理だろう」「自分なんて…」が口癖です。自分を否定する気持ちがどんどん大きくなり「自分はかわいそうな人間だ」と結論づけてしまうのです。

自己憐憫に陥る人の心理

自己憐憫は、自分をかわいそうに思う心理ではありますが、心の深層にはより複雑な心理状況が隠されていることがあります。身のまわりに該当する人がいないかどうか、チェックしてみましょう。

ナルシスト状態

【自信過剰な人】とうまく付き合っていくには?特徴や心理を知り上手に対処

自分を哀れむ気持ちは、ナルシストの心理と状況がよく似ています。ナルシストとは、自分の容姿や言動に自己陶酔し、「自分はなんてすてきなんだ!」と思い込むことです。一方の自己憐憫は、自分の容姿や過去の出来事などに悲観し「自分はなんてかわいそうなんだ!」と思い込むことです。

抱く感情の種類こそ違いますが、ナルシストも自己憐憫も「自分は特別だ」と思っている点では共通しているといえます。自己憐憫を抱きやすい女性は、「悲劇のヒロイン症候群」とも呼ばれます。つらくて悲しい出来事があると、自分をヒロインに仕立て、その世界にどっぷりと浸ってしまうのです。まさに、自分を特別に思っているナルシスト状態に陥っているのです。

被害者意識が強い

【責任転嫁】する人の特徴は? 対処法や自分がならないために注意したいこと

自己憐憫の気持ちは「被害者意識」から生み出されるといえます。被害者意識とは「どうして自分だけがこんな目に…」と思い込むことです。その根底には「相手に一方的に〇〇された」という、自分を正当化する気持ちや、「自分がこうなったのは他人や環境のせいなんだ」という自己防衛の心理が潜んでいます。

こうした被害者意識は、「自分はかわいそうな存在だ」という自己憐憫を生み出します。さらに「すべては自分の責任ではない」という責任転嫁につながり、他人の同情や助けに頼るようになるのです。

同情してほしい

自己憐憫には「他人の同情を期待する心理」が隠されていることがあります。前述した「かまってちゃん」と同様で、かわいそうな自分を強調することで、他人の気持ちを自分に向けさせようとしているのです。かわいそうな人がいると周囲は同情し、やさしく接しようとします。すると自己憐憫がますますエスカレートして、中毒化しやすくなります。これは、精神的に自立していないことの表れでもあります。

また、他人に話を聞いてもらえると「自分の存在が認められた」という気持ちにもなります。自己憐憫に陥る人は、他人に認められたい・自分を価値ある存在として認めたいという「承認欲求」が強い傾向があるのです。

自己憐憫がもたらす悪影響

自己憐憫 原因 心理

自己憐憫は、その人の人生にマイナスの影響をもたらすことがあります。他人に同情され、優しくされている間は気持ちが満たされますが、そのうち周囲から愛想を尽かされてしまうかもしれません。自己憐憫には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

周囲の人が離れていく

自己憐憫がエスカレートすると、周囲の人はしだいに離れていきます。最初は誰もが手を差し伸べようとしますが、人の目を引こうと自分から不幸に足を突っ込んでいくため、周囲はしだいに疲れて「面倒くさい」と思うようになるのです。

また、自己憐憫に浸る人は、自分が同情されるかどうかが最も重要で、他人の不幸や苦労には無関心です。感情に支配されて、物事を客観的に見ることができず、行動は極めて「自己中心的」になります。こうした人の周りには、当然ながら人は集まってきません。

どんどん籠っていく

自己憐憫のおそろしさは、自分の感情の沼にどんどんはまっていく点です。他人から同情されるのに快感を覚えると、ぬるま湯につかっているのと同様に、「そこから抜け出したくない」という気持ちが芽生えます。すると、自らつらい経験を望んだり、不幸になる道を選んだりしてしまうのです。

周囲の人が厚意で「こうすればいいよ」とアドバイスしても「私の気持ちはあなたに分かるわけがない」と素直に聞き入れようとしません。自己憐憫に依存して、どんどん自分の世界に籠っていきます。

自己憐憫に囚われている人との接し方

自己憐憫に囚われている人と接していると、エネルギーがどんどん消耗していく感覚がありませんか? 相手を過度に刺激しないように上手につきあう方法を学びましょう。

肯定的に話を聞く

自己憐憫 原因 心理

まずは、相手の話にしっかりと耳を傾け「大変だったんだね」と共感の姿勢を示しましょう。ポイントは、相手を否定したり、改善させようとしたりしないことです。相手を尊重し、しっかり耳を傾ける姿勢を「傾聴(けいちょう)」と呼びます。気持ちをそのまま受け止めてあげると、相手は心が落ち着き、同情してほしいという欲求がやわらぎます。

逆に、感情を露にして大げさな反応をすれば、悲劇のヒロイン・ヒーローを演じるのに快感を覚えますし、上から目線で助言をすれば、自己防衛の気持ちから反発心が芽生えてしまうことがあります。

引き込まれないよう注意

サバサバ系女子の特徴は?自称サバサバ女子の特徴と対処法もチェック

困っている人を見ると、つい手を差し伸べてしまう心の優しい人は、かわいそうな人を放っておけません。相手の話を聞くことは大事ですが、必要以上に手を貸してしまうと、相手が依存するきっかけをつくってしまいます。電話で延々と話を聞かされたり、重い相談ばかりをもちかけられたりと、その後もずっと相手をしなければならなくなってしまいます。エネルギーが消耗し、自分までがネガティブな思考に支配されてしまうかもしれません。

かまってちゃんや自己憐憫に陥る人は、自分に同情し、かまってくれる相手を無意識のうちに探しています。相手と接するときは、適度な距離を保ち、引き込まれないように注意しましょう。

自分で抜け出せるよう助ける

自己憐憫から抜け出すためには、本人が自ら考え方を変えなければなりません。まずは「大変だったね」と相手を肯定し、話をしっかり聞いてあげるのが第一ステップですが、気持ちが落ち着いてきたところで、相手に「気づき」を与えてあげましょう。

「気づき」とは、他人から指摘されることなく、自分の心で感じ、理解することを意味します。相手の気づきを促すには「質問をする」のが有効です。「このままいくとどうなるだろうね」「今はどんな感じですか?」など、会話の中で、相手が今の自分の現状を把握できる質問をします。

その上で、「どうなっていたらいいと思う?」「そのために、どうするのがいいと思う?」いったことを、上から目線でなく、同じ目線の高さで質問しつつ、本人にも考えさせる。すると、相手は自然と気づくことにつながります。間違っても「なぜそれができないの?」と、相手を責める質問は避けましょう。

あわせて読みたい
100人に聞きました!「何もしたくない」と感じることはありますか?体験談と対処法を解説
人当たりがいい人ってどんな人?特徴や目指していくためのポイント

写真/(C)Shutterstock.com

画像ALT

心理カウンセラー

吉野麻衣子

「SMART BRIDAL」代表/MBA婚活心理カウンセラー/モデル「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた、科学的根拠(エビデンス)に基づいた、戦略的婚活が可能な結婚相談所を経営。43歳で14歳年下3高男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導した経験と、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、多くの独身男女の婚活を支援中。
▶︎HP
▶︎ブログ(毎日更新中)
▶︎公式LINE
▶︎TouYube

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事