すぐにイライラする人の心理と特徴とは。自分が人に苛立ってしまったときの対処法も | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2020.11.14

すぐにイライラする人の心理と特徴とは。自分が人に苛立ってしまったときの対処法も

イライラしている人を見るのは、あまり気持ちの良いものではないですよね。すぐにイライラしてしまう人は、どうしてそうなってしまうのでしょうか?その心理や特徴をまとめてみました。また、自分が人や物事にイラッとしてしまったときの対処法もご紹介!最近お疲れ気味の方は、ぜひチェックしてみて♪

Tags:

【目次】
すぐにイライラする人の心理や特徴とは?
自分がイライラするときの対処法

すぐにイライラする人の心理や特徴とは?

キャパシティーが少ない


(C)Shutterstock.com

ちょっとしたことですぐにいっぱいいっぱいになったり、八つ当たりをしたり…。キャパシティが少ない人は、イライラしがちかもしれません。

誰しもイライラしてしまう瞬間はありますが、それを理不尽に他の人にぶつけてしまうとしたら、あまり良いことではありませんね。

思い込みが激しい

思い込みが激しい
心理カウンセラーの吉野さん曰く、相手の立場や考え方を理解できずに、自分の視点しか持てない人は、言動に思いやりが持てないそう。そうしてそういった人は、自分の思い込みで突っ走ってしまう傾向があると言います。

「視野・視座・視点が狭く低く浅い上に、物事が客観視できず、相手の立場にも立つことができないため、周りを見ずに自分の思い込みで一方的に突っ走ってしまう傾向があります」(吉野麻衣子さん)

イライラしやすい人は、他の人の立場から物事を見るのが苦手な人が多いのかもしれません。

【心理カウンセラー監修】人間性が高いってどういうこと?注目すべき言動とは?

完璧主義

完璧主義
責任感があり妥協をしない真摯な性格の人は、完璧を求めすぎてしまうゆえ、他の人の意識の低さやいい加減な態度にイライラを感じやすいと言われています。

いつでもプロ意識を持って丁寧に取り組む姿勢は素晴らしいですが、妥協のできない完璧主義者は同時にイライラも感じやすくなってしまう可能性が。

【真面目な人】ってどんな人?性格や特徴、陥りがちな失敗や悩み〈まとめ〉

精神的に余裕がない

精神的に余裕がない
人は余裕がないとき、ちょっとしたトラブルや問題に対してすぐに怒りをぶつけがち。余裕がなくなると、目の前の出来事だけに気持ちが傾いてしまうため、周囲の声も届きにくい傾向に。

また、時間に追われているときも焦りが出て気持ちに余裕が持てなくなってしまうものです。

余裕がないとき周りにどう見えてる?気づいた時の対処法

人に頼ることが苦手

人に頼ることが苦手
人に仕事を任せたり、大変なときに人に頼ったりすることができない人も、イライラしやすい傾向に。仕事ができないと思われるのが嫌で、周りの人に悩みや相談ができず、一人で抱え込んでしまいます。

また、自分でやった方が早いと思って、一人でたくさんの仕事を背負ってしまっている場合も。

”人に頼らない”ことが「自立」じゃない!【犬山紙子のワーキングマザー一年生】

自分がイライラするときの対処法

リラックスする時間を設ける

リラックスする時間を設ける
Shutterstock.com

一般的に、日頃から適度にリラックスする時間を設けることは、自律神経のバランスを整え、イライラや不安を和らげることができると期待されています。

ストレスや緊張を抱えることが多いと、自律神経のバランスが乱れて交感神経が優位になります。するとイライラや不眠、肩こり、頭痛など、精神的にも体的にも体調を崩しやすいのだとか。

そのイライラはもしかしたら、自律神経のバランスが崩れたことで起きている可能性も。意識的にリラックスする時間を作る努力をしてみましょう。

リラックスってなぜ重要なの?心と体をほぐす簡単にできるリラックス方法まとめ

物事のいいところに目を向ける

物事のいいところに目を向ける
物事を考えるときに、ポジティブに締めくくることで、嫌な感情を和らげることができます。

例えば嫌なことがあったときに、「最悪だった」で終わると、ネガティブな感情だけが強く残ってしまいますが、「最悪だったけれど、△△は良かった」とポジティブに締めくくることができれば、その都度イライラせずにいい面にも目が向くようになります。

人はネガティブになっているときほど、他人の欠点や物事の理不尽さに目がつきやすくなるもの。人の長所や物事の良かったところに視点を変えることができれば、ネガティブな思考に頭を支配されることは少なくなるはずです。

ポジティブシンキングのメリットとは?ネガティブから抜け出せない時の対処法

冷静に本質を考える

冷静に本質を考える(C)Shutterstock.com

思わずイライラを人にぶつけてしまいそうになったら、一旦落ち着いて状況を見つめ直してみましょう。心理カウンセラーの吉野さんによれば、そのときの怒りに任せず、一瞬冷静になる時間を作るべきだと言います。

「苛立ったときは怒りに任せず、『なぜ苛立ってしまったのか、どうしたら良かったのか、自分はどうして欲しいのか』などを考えてみましょう。その場の感情で動くのではなく、一瞬立ち止まって冷静になり、物事や自分の感情に対してロジカルに考えるようにしてみてください」(吉野さん)

自分にゆとりを持つ

自分にゆとりを持つ(C)Shutterstock.com

家庭でも職場でも、あまりに忙しいときは思わず余裕をなくしてしまう瞬間もあるはずです。でもそんなときだからこそ、落ち着いて物事をシンプルに捉える努力をしてみましょう。

「多忙過ぎて限界と思うときこそ、深呼吸をし、冷静になって自身の気持ちを落ち着けてください。物事はどんな難解に思えるものでも実はとってもシンプル。そのシンプルさが重なって複雑になっているため、落ち着いてゆとりを持って解きほどいてみてください」(吉野さん)

【心理カウンセラー監修】人間性が高いってどういうこと?注目すべき言動とは?

自分がイライラしやすいシチュエーションを分析する

自分がイライラしやすいシチュエーションを分析する(C)Shutterstock.com

心療内科医の田中茉里栄さんによると、自分がどういったシチュエーションでイラッとしやすいかを分析することで、前もった対応策を講じられると言います。

「私の場合は急患が入っていつもより疲れて帰ってきたときには、明らかにいつもよりイライラしやすくなっているなと感じます。そんなときにはあえて家事はせず、デリバリーを取ったり、お風呂に入ってすぐに寝てしまうようにしています。

ご自身のイライラしやすいシチュエーションを分析することで、前もって対応策を講じることができたり、自分がイライラしているという自覚をもつことで『今余裕がないの、手伝ってくれる?』と周りにヘルプを求めるという選択肢もできるでしょう。」(田中さん)

イライラしてしまう原因を前もって分析し、対応策を用意しておけば、周りに当たることもなく冷静にやり過ごすことができそうですね。

心療内科医に質問!イラっとしやすい性格どうしたらいい?【働く女性の質問箱】

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事