簡単に取れない〝頑固な水垢〟をきれいに落とす掃除のコツは? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2021.05.23

簡単に取れない〝頑固な水垢〟をきれいに落とす掃除のコツは?

水回りに発生しやすい水垢は、頑固になると落としにくい汚れです。適切な洗剤や道具を活用して掃除すれば、きれいに除去できます。頑固な水垢の正しい掃除方法や、今後の手入れを楽にする予防方法を紹介します。

Tags:

【目次】
 ・水垢ができる原因
 ・水垢掃除におすすめの洗剤・道具
 ・水垢をきれいに落とす掃除のコツ
 ・水回りの水垢を予防するには?

水垢ができる原因

シンクや洗面台などの水回りで見掛ける、白っぽいうろこ状の汚れが水垢です。水道水に含まれるミネラル成分が残り、積み重なることで水垢が発生します。

水垢 掃除

(C)Shutterstock.com

水道水のミネラル成分

水道水が乾燥しても、ミネラル成分までは消えてくれません。洗剤を使って掃除する場合も、水道水を使っているなら、残った水分が蒸発した後にミネラル成分が残ります。水には微量の成分が入っているので、同じ場所で蒸発を繰り返すとミネラル成分が積み重なって水垢に変化してしまうのです。

水垢はミネラル成分が石化してこびりついたものであるため、一般的な掃除では落とせません。水垢の性質を理解し、正しい方法で掃除するようにしましょう。

汚れが付着して落ちにくくなることも

水垢とさまざまな汚れが結合すると、さらに落としにくくなるため注意が必要です。

例えば、浴室では皮脂・湯垢・せっけんのかすが、水垢に付着しやすくなります。毎日使うシンクや、洗顔料・せっけんを使う洗面台も、水垢と他の汚れが結合しやすい場所です。

蛇口や鏡に頑固な水垢が目立ちやすいのは、水垢に数種類の汚れが付着してしまっていることが原因です。水垢に他の汚れが付き、汚れの性質が変わるケースでは、掃除で使う洗剤の種類も変えなければなりません

水垢掃除におすすめの洗剤・道具

水回りの水垢掃除には、どのような洗剤や道具を使えばよいのでしょうか。汚れをしっかり落とせる、おすすめの掃除アイテムをご紹介します。

水垢 掃除

(C)Shutterstock.com

・酸性の洗剤

水垢は、アルカリ性の性質を持つタイプの汚れです。アルカリ性の汚れに酸性の洗剤を使えば、お互いの性質を打ち消し合うため、中和して汚れを落としやすくなります。

水垢が気になる場所に酸性の洗剤を塗布し、しばらくの間放置した後に水で洗い流せば、水垢が分解されてきれいになります。水垢を掃除する基本的な方法です。

酸性の性質を持つ洗剤は、ホームセンターやスーパーで簡単に入手できます。商品を購入する際は、酸性洗剤であるかどうかを、ラベルなどできちんと確認することが大事です。

自宅で調味料として使うお酢も、水垢汚れの洗剤として活躍が期待できます。お酢に含まれる酢酸は酸性であるため、アルカリ性の水垢に有効なのです。

・クレンザー

水垢の掃除には、研磨効果があるクレンザーを使うのも効果的です。クレンザーの粒が水垢の隙間に入り込み、絡みついて水垢汚れを落としてくれます。

粉末タイプのクレンザーを水垢にふりかけ、布やブラシで優しくこすれば、水垢汚れを落としやすくなります。クレンザーの粒が布やブラシに吸収されないように、優しくこするのがポイントです。

傷を付けたくない鏡やシンクなどで使う場合は、クリームタイプのクレンザーがおすすめです。

クレンザーを使う際の掃除道具には、柔らかい素材のものを選ぶことが重要です。硬いたわしなどを使うと、より傷が付きやすくなってしまいます。

汚れをしっかり落としたい時は【ハイホーム】で!キッチンからお風呂までピカピカに | Domani

・スポンジ

頑固で落としにくいイメージの水垢は、実はプラスチック程度の硬さしかないようです。研磨作用を持つスポンジでこすれば、きれいに取り除ける可能性があります。

人工ダイヤモンドを特殊加工した「ダイヤモンドパッド」は、高い研磨機能を備えた掃除道具です。水を含ませて水垢をこすることで、汚れを落としやすくなります。

特別な樹脂で作られた「メラミンスポンジ」も、水垢の掃除道具としておすすめです。洗剤なしで使用しても、水垢落としに高い効果を期待できます。

どちらもホームセンターで手軽に入手できる掃除アイテムです。強くこすると傷が付く恐れがあるため、力の入れ具合に注意する必要があります。

水回りのあのストレスを解消! 【キャンドゥ】で見つけた雲形スポンジが優秀すぎる | Domani

・クエン酸や重曹

アルカリ性の水垢にアプローチする代表的なアイテムが、酸性の性質を持つ「クエン酸」です。水に溶かしたものを水垢に塗布し、一定時間放置して拭き取れば、水垢をきれいにできます。

クエン酸は、石材・鉄・コンクリートに使うと、素材を痛めやすい点に要注意です。塩素系漂白剤と混ぜると、有毒ガスが発生することにも気を付ける必要があります。

クエン酸以外に、自宅にあるお酢やレモン水を使うのもおすすめです。どちらも酸性の性質を持つため、水垢落としに効果を期待できます。

酸性の洗剤やアイテムでも落ちない汚れのほとんどは、水垢に酸性の汚れが付着していることが考えられます。重曹などアルカリ性のアイテムで中和させれば、きれいに落とせる可能性があります。

鏡にこびりついた水垢をスッキリ落とす方法|これでお風呂掃除が楽チン&ピカピカに! | Domani

水垢をきれいに落とす掃除のコツ

頑固な水垢汚れは、一度掃除しただけではなかなか落とせません。洗剤をつけ置きしたり、同じ作業を繰り返したりすることで、きれいに取り除きやすくなります。

水垢 掃除

(C)Shutterstock.com

洗剤をつけ置きする

一度掃除しても落とせない頑固な水垢は、洗剤をつけ置きするのが効果的です。酸性洗剤を塗布した後しばらく放置すれば、水垢の分解効果が高まり、汚れが落ちやすくなります。

クエン酸を使う場合は、水に溶かして水垢にまんべんなくスプレーすることが重要です。たっぷりと水垢にしみ込ませて、1時間程度つけ置きします。

洗剤を塗布した後、キッチンペーパーをあててラップをかぶせておけば、洗剤の蒸発を防いでつけ置き効果がより高まります。複雑な形状をしている場所なら、ゴムで巻いておくとキッチンペーパーやラップが取れません。

同じ工程を繰り返す

水垢の掃除は、表面から分解させたり削り落としたりして、汚れを少しずつ取り除いていくイメージです。一度に根こそぎ汚れを落とせるわけではありません。

特に頑固な汚れは、2~3回掃除してもまだ残り続けます。きれいに落としきるためには、根気強く同じ作業を繰り返すことが大切です。

見た目がある程度きれいになっても、ザラザラとした触感が残っていれば、汚れを落としきれていないサインです。ザラザラ感がなくなるまで掃除し続ける必要があります。

水回りの水垢を予防するには?

水垢汚れが付きにくくなる予防策を紹介します。日々のちょっとした動作で水垢汚れを予防することができます。

水垢 掃除

(C)Shutterstock.com

・水滴を拭き取る

水垢の原因は、水道水の水分が蒸発した後に残るミネラル成分です。水道水が残らないようにすれば、ミネラル成分も残らないため、水垢は発生しません。

水道水でぬれた部分を拭き取ることで、水垢を予防できます。水回りに残った水滴をこまめに拭き取る習慣を付ければ、頑固な汚れが残りにくくなります。

シンク・洗面台・浴室は、水滴が残っていてもそのまま放置しがちな場所です。水道水を使った後は、残った水滴をできるだけ拭き取る意識を持つことが大切です。

・こまめに磨く

水垢には他の汚れが付着しやすいため、放置しておくと頑固な汚れになります。汚れがひどくならないうちに、こまめに磨くことを意識すれば、水垢の予防につながります。

初期の水垢は比較的簡単に落とせることも、たびたびの掃除が効果的な理由の一つです。水回りがぬれるたびに、スポンジで軽く磨いておけば、掃除の手間も軽減できます。

水垢汚れが頑固になってしまうと、洗剤を変えたり道具を用意したりしなければならず、掃除が大変です。水滴を拭き取る習慣に加え、こまめにスポンジで磨く習慣を付けましょう。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています

噂のクレンザーが大活躍!頭を悩ましていた台所の〝水垢問題〟を解決するのは…
食洗機用の洗剤はどれがいい?タイプ別のおすすめ6選

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事