好きな人を振り向かせる方法|好きな男性への効果的なアプローチをご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.06.10

好きな人を振り向かせる方法|好きな男性への効果的なアプローチをご紹介

現在、好きな人がいる女性のみなさん、どうアプローチしていいかわからずモヤモヤしていませんか?今回はそんな女性のために、好きな人を振り向かせるための効果的な方法について解説しました!ただ闇雲にアピールするよりも、成功率はきっと上がるはず!その恋をものにするため、ぜひ試してみてくださいね!

Tags:

【目次】
好きな人を振り向かせるための効果的な方法
こちらから「脈ありサイン」を出すことも忘れずに

好きな人を振り向かせるための効果的な方法

素直になることが最重要

素直さというのは、恋愛関係だけでなく人間関係を築く上でも非常に大切な要素。素直な人というのは周囲から好かれやすいものです。

いきなり「好き!」と言わなくても、好意を必死に隠すことはありません。自分の感情を素直に表現できる人の方が可愛い印象を与えますし、そういった単純明快な人の方が好かれやすい傾向にあります。

好きな人を振り向かせたいのなら、好意を寄せていることが伝わるくらいで接するのがスムーズな関係の発展につながるのではないでしょうか。

あだ名で呼ぶ

元・銀座のNo.1ホステスの勝友さんによれば、あだ名をつけることは相手との距離を縮めるためには、とても有効なのだそう。

ホステス時代、インパクトを与えるために効果絶大だったのが、相手に“ちょっと愛嬌のあるあだ名をつける”ことだったのだとか。

「少しお話をしてみて、自分が拒絶されていないと感じたら、そこで、相手のことを突然、あだ名で呼んでみるんです。たとえば“森田さん”のことを“モリリン”とか・・・。

あだ名で呼ばれると、相手は、“この子は自分に興味がある、または、好意がある”と受け取ってくれるものです。また、社会的に地位がある男性ほど、あだ名で呼ばれる機会が少ないせいか、相手の印象に強く残るよう。あだ名で呼ぶという行為は、男女を問わず、相手に、記憶に残るインパクトを与えつつ、確実に距離を縮められるテクニックのひとつだと思います。みなさんもぜひ、お試しください」(勝友さん)

これは好きな人との距離を一気に縮められる、効果的なテクニックではないでしょうか。

仕草は「クロスの法則」を使う

勝友さんによれば「仕草」や「話し方」というのは、自分を魅力的に見せる上でとても大切なことなのだそう。

とにかく余裕のある女に見せること。余裕のない女性に、男性は魅力を感じないと言います。

「動く前に、まずひと呼吸置いて、“少しだけゆっくり”を心がける。それから、ドアを閉めるときや、テーブルにグラスを置くときなど、何をする場合でも、なるべく音を立てないこと。会話をするときも、できるだけゆっくりと。声のトーンも、意識的にやや低めにしています」(勝友さん)

また、仕草にも「モテる仕草」が存在するよう。それが“クロスの法則”。

・脚を組む
・右手で左耳に髪をかける
・右にあるものを左手で取る

行動も思考も比較的ストレートな男性は、右にあるものをわざわざ左では取らないのだそう。自分がやらない仕草だからこそ、男性はそこに女性らしさを感じずにはいられないのだとか。

また、手や脚をクロスさせることで「女性らしい体の曲線」が際立つよう。

ただしこの法則は即効性があるそうですが、注意点も。

・脚を組むのはよいが、腕を組むのはNG(腕を組むのは拒絶・警戒・威嚇の意味あり)
・料理の上では手をクロスさせない(これは単なるマナー違反)
・オンタイムでの乱用は避ける(仕事シーンでの過剰な色気はマイナスに)
・同性が多いところでは控えめに(媚びた女という印象を与えがち)

この仕草をするときはTPOをわきまえて取り入れましょう。

相手を褒める

褒めるという行為は、相手に抱いている「プラスの感情」を本人に伝えることです。

人は他人から何かをされたとき、返報しようと思うことがあります。例えばピンチを救ってもらったとき、相手に対し好意を感じ「いつかお返しをしたい」「相手の役に立ちたい」と思うもの。

つまり褒められるとその褒めてくれた相手に対し、好意的な感情が芽生えやすいのです。

大袈裟な表現やわざとらしい表現には注意が必要ですが、褒められて嫌な気持ちになる男性は少ないはず。相手の素敵だと思う部分や尊敬できる部分を、素直に言葉にして伝えてみてはいかがでしょうか。

きっと相手はあなたに対して、プラスの感情を覚えるはずです。

また、相手に直接伝えるのも良いですが、より効果的に伝えるなら「影で褒める」のが良いと言われています。

直接言われるよりも、第三者から自分のことを褒めていたと聞いた方が、相手はあなたを意識しやすくなるようです。

こちらから「脈ありサイン」を出すことも忘れずに

特別扱いする

例えば好意があるような発言や、やたらと目を合わせるような行為など、思わせぶりな行動に男性は弱いと言われます。

ただし、こういった行動は「特定の人(好きな人)だけにする」ことが大切。誰にでも同じ態度をとっていることがわかると、途端に男性は「遊ばれている」「利用されている」と不信感を抱いてしまう可能性があります。

「思わせぶりな態度が特定の人だけに向けられていたり、明らかに特別な感情が込められている感じがすると、本気の可能性が高いと感じます。逆に、態度に特別感がなくて特定の人に向けられていないと、思わせぶりなだけかなと受け取りますね」(40代・子ども2人・茨城県)

意識せざるを得ない言葉を使う

男性は自分に対しての気持ちを、ストレートに言葉にしてくれることに弱いと言われています。

例えば、「こんな〜〜ははじめて」というような言葉。「こんなに楽しいのはじめて」「こんな嬉しいのはじめて」などの言葉は、嬉しいという気持ちと同時に男性にとって自信になりやすいもの。

一緒にいると自己肯定感を高めてくれる相手というのは、男性にとっても居心地の良いものではないでしょうか。

意識せざるを得ない言葉を使う

(C)Shutterstock.com

また、「まだ一緒にいたい」や「帰りたくない」という言葉も、同じくらいインパクトがあります。

あくまで恥ずかしそうに言うこと。そんな女性に男性はときめきやすいようです。

ただし、どちらの言葉もごくたまに言うからこそ効果があります。頻繁に言うのではなく、ここぞというときに使ってみるのが良いでしょう。

ボディタッチをする

そもそも嫌いな人にボディタッチはしませんよね。好意があるからこそ、大切に思うからこそ触れたいと思うものです。

それは相手もわかっているはず。あなたからボディタッチをするということは、あなたが「脈あり」だということを伝えるのにはピッタリなのではないでしょうか。

まずは肩など、気軽に触れられるところからボディタッチをしてみてはいかがでしょうか。相手との距離が縮まり、関係性も良好になるかもしれません。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事