はねるボブをなんとかしたい!乾かし方や対策は?おすすめヘアアレンジもご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYヘア

2021.07.06

はねるボブをなんとかしたい!乾かし方や対策は?おすすめヘアアレンジもご紹介

ショートボブ・ボブヘアの長さは、伸ばしかけのときや肩に当たって髪がはねてしまうなど特有の悩みがあります。はねる髪を直すには部分的に根元を濡らして乾かすことが大切です。はねる髪を事前に防ぐ乾かし方やヘアアレンジ、はねにくいボブのへアスタイルをご紹介します。

Tags:

ショートボブやボブヘアの乾かし方

翌朝のはねない髪には前日のドライヤーが大事

髪は根元から乾かす

ドライヤーの熱や風を100%髪にあてられていなかったり、毛先が乾いただけで根元が湿ったままだったりすると、ドライヤーをしても朝、変な寝癖がついてしまいがち。大切なのは「根元から乾かす」こと。これだけで朝のスタイリングはグンと楽になるはず。

しっかりタオルドライしたあと、根元から乾かす習慣をつけて、時短をかなえましょう。

ペタンコ髪にも◎根元がふんわりするような乾かし方

How to

ペタンコ髪にも◎根元がふんわりするような乾かし方
①まずは髪をしっかりとタオルドライしたら、髪をかき分けながら根元にドライヤーの風を当てる。後ろから前に向かって乾かしていって。

ペタンコ髪にも◎根元がふんわりするような乾かし方
②髪の分け目の毛量が多い方から少ない方に向かって、分け目を超えるようにしてドライヤーの風を当てていく。根元を立たせるようにして、髪を軽く引っ張りながら乾かすのがポイント。

ペタンコ髪にも◎根元がふんわりするような乾かし方
③反対側も同様に風を当てる。

ペタンコ髪にも◎根元がふんわりするような乾かし方
④最後は冷風を前から後ろに向かって当て、髪を整える。

はねるボブをつくるNG行動

湿気を帯びた髪は変形しやすい

湿気を帯びた髪は変形しやすい
髪や地肌が湿っていると、寝ている間に癖がついて直りにくくなってしまいます。髪は濡れている状態から乾くときに形が決まり、半乾きのままだと寝ている間につぶれてしまったり、意図しない癖がついてしまったり…。朝キレイな状態をキープするには、地肌や髪の水分を完全に飛ばし、根元の毛流れを整えておくことが大事です。

濡れたまま寝るのは頭皮にカビが生える可能性も!

濡れたまま寝るのは頭皮にカビが生える可能性も!
髪が濡れたまま寝てしまうと、寝癖がひどくなるだけでなく、枝毛・切れ毛・頭皮のニオイ・・・最悪カビが生えることすらあるので、絶対にやめて!

濡れている髪はキューティクルが開き、栄養が逃げやすい状態です。そこに枕などの摩擦が加わってしまうと、枝毛や切れ毛をどんどん助長。さらに根元に水分が残っていると、最悪、カビが生えることも。カビが生えると頭皮から嫌なニオイも発生する原因に。どんなに忙しくても濡れたまま寝るのは、いいことがひとつもありません!

ボブはね対策にもおすすめなヘアアレンジ

ヘアアイロンではねる後ろ髪を生かす外ハネ

抜け感のある外ハネカールのやり方

ヘアアイロンではねる後ろ髪を生かす外ハネ
毛先の切りっぱなしボブはとくに、そのままではおかっぱになりがち。外ハネを合わせることで、こなれた印象に!

ヘアアイロンではねる後ろ髪を生かす外ハネ
コテは26mmを使用。まずは表面の髪をブロッキングして2段に分け、内側の髪から外ハネにしていく。その後表面の髪も同様に外ハネに。抜け感のある外ハネを作るには、毛束を挟んだらあまり時間をおかずに、スッと通すだけにし、毛先だけ程よくクセづけるようにするのがポイント。

スタイリング剤も必ず塗布!

スタイリング剤も必ず塗布!
外ハネを作ったら、必ずスタイリング剤を塗布して仕上げて。バームを10円玉大とって手のひらにしっかり広げたら、まずは髪の内側へ、その後根元から手ぐしを通して毛先を握りながら外ハネに。

スタイリング剤も必ず塗布!
▲ミルボン ジェミールフラン メルティバターバーム 40g (サロン専売品)

濡れ感を演出できるオイルワックス。手のひらで溶けるバームタイプ。

ヘアターバンではねる髪をごまかすアレンジ

ターバンをカポッとはめるだけ!大振りピアスをして小顔効果も。

ヘアターバンではねる髪をごまかすアレンジ
下の方で1つに結んでお団子にしてターバンをしても、スッキリしておしゃれ見え。

ヘアターバンではねる髪をごまかすアレンジ
暑かったり、湿気でなかなか決まらないヘアスタイルも、ターバンがあると簡単にオシャレがキープできます。

ボブヘアがはねない切り方やパーマは?

切りっぱなしカットで毛先に重さをプラス

いつもの着こなしと相性のいいレトロなボブ。マスクをしていても明るい印象に

切りっぱなしカットで毛先に重さをプラス
厚みを残した重めのボブは、スタンドカラーなどレトロな着こなしにもぴったり!

切りっぱなしカットで毛先に重さをプラス

縮毛矯正やストレートパーマではねる髪を直す

縮毛矯正や自然なストレートパーマをしておくとスタイリングが簡単に!

縮毛矯正やストレートパーマではねる髪を直す

縮毛矯正やストレートパーマではねる髪を直す
襟足が涼しさを感じるショートボブは、蒸し暑い梅雨の時期にぴったり。前髪を作らず長くしているため、気になるフェイスラインをカバーしつつクールな印象に。襟足を短く切り込んでいるので後頭部の丸みが際立ち、メリハリのあるシルエットになります。カットで形を作っておくと、スタイリングは手ぐしだけでキマるのがうれしい。忙しい朝でもバッチリ時短に。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事