生姜に期待できる6つの効能。今すぐ始めたい生姜ライフのポイント | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.10.07

生姜に期待できる6つの効能。今すぐ始めたい生姜ライフのポイント

何かと「体にいい」と聞く生姜ですが、実際生姜に期待できる効能はどれだけあるのでしょうか?そこで今回は、6つの生姜の効能について解説!効果的な生姜の食べ方やおすすめの生姜を使ったレシピについてもご紹介していきます。

Tags:

【目次】
生姜に期待できる効能とは?
効果的な生姜の食べ方
生姜を使ったおすすめレシピ
生姜を控えたほうがいい場合も

生姜に期待できる効能とは?

効能1:風邪のひきはじめや悪寒に


国際中医薬膳師・漢方アドバイザーの大木聡子さんによると、生姜の薬膳的効能のひとつに「邪気の侵入を防ぐ」というのがあるのだそう。

「『風邪』という言葉は東洋医学からきていて、『風の邪』のこと。風のように症状が早く変わる特性をもつ邪気、つまりは現代で言うウイルスなどを指していますが、生姜には『解表』という効能があります」(大木さん)

効能1:風邪のひきはじめや悪寒に
首の後ろ〜背中がゾクっと悪寒がするときというのは、体の中に風の邪気が入ってこようとしているときなのだとか。

生姜はそんな風邪の初期に、体を温めたり体表に汗を散じることで邪気の侵入を防いだりするのだそうです。

効能2:胃腸を温め元気にする

効能2:胃腸を温め元気にする
ふたつ目の生姜の効能は「胃腸を温め元気にしてくれる」というもの。

大木さん曰く、生姜、とくに乾燥状態のものには、体の内側を温める作用があるとされているのだそう。

「パウダー状になったものをお味噌汁に溶かしたりと、お料理に使うのも良いでしょう。胃腸は食べ物からの栄養を元気のもとに変える製造所。胃腸の機能は全身の元気に影響します」(大木さん)

効能3:咳やイガイガ…のどの不調に

効能3:咳やイガイガ…のどの不調に
生姜の3つ目の効能として、咳を止めたり、のどの痛みや痰を抑えてくれたりする作用もあるのだとか。

「ウイルス対策としても、のどの粘膜の状態を整えておくことは大切。のどを潤してくれる効果をもつ蜂蜜と生姜を入れたドリンク、生姜が入ったのど飴などもおすすめです」(大木さん)

効能4:食べ物の解毒や消臭

効能4:食べ物の解毒や消臭
生姜の効能4つ目は「食べ物の解毒・消臭」作用。

お刺身などに生姜が添えられているのは、生姜に解毒や消臭の作用があるからなのだそう。

「肉や魚のお料理の時、少し臭みが気になる時はすりおろした生姜に漬け込んだり、生姜と一緒に炒めたりすると◎」(大木さん)

効能5:二日酔いなどの吐き気に

効能5:二日酔いなどの吐き気に
生姜の効能5つ目は「吐き気止め」作用。

生姜は乗り物酔いや二日酔い、つわりのときなどの〝吐き気〟に効果的なのだそう。おすすめは生の生姜。

「市販のチューブに入ったものでもOK。食事に添えたり、スポーツドリンクなどの飲み物に入れたりして取り入れてみてください」(大木さん)

効能6:代謝を上げる

生姜はダイエットにも効果的だと言われているよう。

生姜には体を温め、血流をよくする働きがあると言われているので、代謝アップさせる効果も期待されているのだとか。

生姜そのものに痩せる成分が入っているわけではありませんが、生姜を食べることで代謝がアップしエネルギーの消費量が増え、結果としてダイエット効果が期待できるのだそうです。

効果的な生姜の食べ方

生姜は状態によって効能が変わる

生姜は状態によって効能が変わる
日本東洋医学会専門医の今津嘉宏先生によれば、生姜は生のときと、加熱したり乾燥させたりしたあとでは、含有成分が変化し、薬効も変わるのだそう。

「健康なときに免疫を高める目的でとるなら、温め効果のある乾燥生姜を。温かい紅茶にのどによい蜂蜜と一緒に入れる飲み方もおすすめ」(今津先生)

根本的な冷え改善には「加熱生姜」を

一時的ではなく根本的な冷えを改善したい場合、ただ生姜を摂取するよりも〝加熱生姜〟を摂取するのが推奨されているようです。

根本的な冷え改善には「加熱生姜」を
ヴェーダヴィ ジンジャーペースト 336g(約28日分)

例えば生姜汁を飲用した場合、生の生姜汁を摂取したときと加熱生姜汁を摂取したときでは、加熱生姜汁を摂取したときのほうがサーモグラフィーによる体温変化が持続していることがわかります。

根本的な冷え改善には「加熱生姜」を
生の生姜汁でも一時的に体温は上がりますが、持続面でいうと圧倒的に加熱生姜汁のほうが長いのだそう。

そのため根本的な冷え解消には、加熱生姜を手軽に取ることができる「ジンジャーペースト」などがおすすめです。

生姜を使ったおすすめレシピ

生姜ミルク

暖かい牛乳やミルクティーに、ジンジャーペーストを溶かすだけ!

生姜ミルク
【作り方】

1. 牛乳180mlを温める。
2. 1にジンジャーペースト小さじ2杯を入れて混ぜる。

柿の生姜マリネ

意外と好相性!ポイントは蜂蜜を使うこと!

柿の生姜マリネ
【作り方】

1. 柿2個を一口大に切る。
2. 生姜ひとかけをすりおろし、汁ごと柿に和える。
3. 2に蜂蜜大さじ2を加え、さらに混ぜ合わせる。
4. 塩コショウで味を調える。
5. カッテージチーズやブラッターなど好みで加えて完成。

生姜の餃子鍋

お腹も満足なボリューム感!

生姜の餃子鍋
【作り方】

1. 手羽元とネギの青い部分、生姜を塩と醬油で味付けし煮込む。
2. 冷凍餃子、好みの具を1に入れ、火が通ったら完成!

豆乳豆腐の生姜のせ

レンジで温めるだけの超簡単レシピ!

豆乳豆腐の生姜のせ
【作り方】

1. 絹ごし豆腐1丁を深めの皿に入れたら、少し崩す。
2. 1に無調整豆乳を加え、2分レンジにかける。
3. 醤油またはポン酢をかけ、生姜をたっぷりとのせたら完成!

豚しゃぶの生姜のせ

生姜のおかげで肉の臭みも気にならない!

豚しゃぶの生姜のせ
【作り方】

1. 深めの皿にもやしを入れたら、上に豚バラ肉を広げる。
2. 1にねぎ、生姜をたっぷりのせ、ラップをふんわりかける。
3. 2をレンジで3〜4分チンし、仕上げにポン酢醤油をかけたら完成!

生姜を控えたほうがいい場合も

ほてりや熱っぽさがある場合は控える

ほてりや熱っぽさがある場合は控える
さまざまな効能が期待できる生姜ですが、控えたほうがいい場合もあるよう。

生姜は体表に熱を散じ、体の内側を温める作用があるものです。そのため、ほてりや熱っぽさを感じた場合には控えたほうが良いのだそう。

普段から冷えや代謝の悪さを感じている人、胃腸が疲れやすい人、お酒を飲むことが多い人、季節の変わり目に風邪をひきやすい人などは、積極的に摂取すると良いでしょう。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事