Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE暮らし

2022.01.04

Apple Payに登録できるクレジットカード5選!使い方やメリットまとめ

「Apple Pay(アップルペイ)」。すでにお世話になっているという人も多いかもしれませんね。でも、iPhoneユーザーなのに実はよくわからなくて使っていない…という人も多いのでは?今回はそんな方々のために、Apple Payとはそもそもなんなのか、使い方やメリット、登録できるおすすめクレジットカードをご紹介します。

Tags:

【目次】
そもそも「Apple Pay」とは?
Apple Payの使い方やメリットとは
Apple Payに登録できるおすすめのクレジットカード

そもそも「Apple Pay」とは?

クレジットカードを登録するだけで決済できるサービス

Apple Payとは一般的に、iPhoneやApple Watchなどにクレジットカードを登録するだけで、支払いができるようになるサービスのことを言います。

おサイフケータイのiPhone版とも言われていて、事前にクレジットカードやデビットカード、Suicaなどを登録しておくと、買い物するときやバス・電車に乗るときに、登録済みのiPhoneやApple Watchを専用のリーダーにかざすだけで支払いが完了します。

iPhoneを購入したときにすでに入っている「Wallet」というアプリを使って登録するので、アプリをダウンロードする手間なく、利用も無料です。

クレジットを登録しておくと券売機等でのチャージが必要ない

クレジットを登録しておくと券売機等でのチャージが必要ない
例えば、Walletというアプリを通してクレジットカードやSuicaなどのカードをあらかじめ登録しておいたとします。

このSuicaを使って改札を通ろうとしたときや、売店でジュースを買おうとしたときに残高がなかった場合、一緒に登録してあるクレジットカードを使って、スマホ内でチャージが可能になります。

わざわざ券売機や窓口でのチャージは必要なく、その場ですぐに登録しておいたクレジットカードから指一本でチャージができてしまうのです。

Apple Payの使い方やメリットとは

デバイスをかざすだけ!使えるお店もかなり多い!

デバイスをかざすだけ!使えるお店もかなり多い!
先述した通り、Walletというアプリを使ってApple Payに手持ちのクレジットカードを登録したら、あとは支払いのタイミングで登録したデバイスをかざすだけで決済が完了します。

利用できる場所は、コンビニやスーパーだけでなく、家電量販店やレストランなど「Apple Pay」のマークがあるお店ならどこでも可能だそう。

例えば…

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・ビックカメラ
・マツモトキヨシ
・ガスト
・バーミヤン
・イオン
・ユニクロ
・すき家
・マクドナルド

といった店舗から…

・Uber Eats
・出前間
・airbnb

といったオンライン決済でも利用が可能です。

ちなみにApple Payでの支払いは、ポストペイ型(後払い)の電子マネーで、クレジット払いとは異なるそう。事前にチャージする必要はなく、クレジット請求に入ってくるのだそうです。

とにかくスピーディに支払いが完了する

とにかくスピーディに支払いが完了する
Apple Payは支払いでいちいちお金やクレジットカード、Suicaなどをバッグまたはお財布から出す必要がないので、とにかくスピーディ。さまざまなことが立ち止まらずにできるようになります。

支払いを一本化しておくことで、利用履歴を一覧で見ることも可能です。

せっかくコンパクトなお財布にしたのにレシートでいっぱい!という人も、こうして履歴を一覧で見ることができれば、お財布もスリムをキープできますよね。

さらに、登録したクレジットカードをApple Payで支払いをした場合でも、クレジットを実際に出して決済したときと同じように、そのカードのポイントが貯まるそう。

しっかりポイントが貯まる上、荷物も減るのなら、使わない手はないですね。

Apple Watchでの決済ならさらにスムーズ!

Apple Watchでの決済ならさらにスムーズ!
先ほどお伝えしたように、Apple PayはiPhoneだけでなくApple Watchで使用することも可能です。

Apple Watchなら常に手首につけているため、スマートフォンを取り出す操作さえも短縮できます。指一本の操作で簡単に支払いができてしまうのです。

Apple Watchでの決済ならさらにスムーズ!
さらに、Walletというアプリに登録したクレジットカードは、通常のクレジットカードとは違い、いわゆる「カード番号」は中に保持していません。

つまりカード番号が漏れるということがなく(暗号化されている)、不正利用を防ぐことにもなるので、セキュリティに不安がある人にも使いやすいと言えそうです。

Apple Payに登録できるおすすめのクレジットカード

日本生まれの「JCB」

日本生まれの「JCB」
(C)Shutterstock.com

JCBは日本生まれの国際ブランド。加盟店が多いので利用可能な範囲が広いという特徴があります。

中でも「JCB CARD W」は、年会費無料ながら高いポイント還元率が魅力的なクレジットカード。旅行傷害保険や航空機遅延保険、さらには国内外でのショッピング保険など、標準的なサービスを網羅しています。

楽天が発行する「楽天」

楽天が発行する「楽天」
楽天が発行する「楽天カード」も、年会費が無料な上充実度の高いサービスが魅力のクレジットカードです。クレジットカード初心者の人にもおすすめできる1枚で、各種保険やサービスも豊富なラインナップ。さらにETCをはじめ付帯機能の幅も広いので、使い勝手がいいと人気があります。

付帯保険が豊富な「アメリカン・エキスプレス」

付帯保険が豊富な「アメリカン・エキスプレス」
付帯保険が豊富なことで有名な「アメリカン・エキスプレス」も、Apple Payへの登録が可能なおすすめのクレジットカード。中でも「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は、数あるゴールドカードの中でも最高峰のサービスと高いステータスを誇ると言われています。

海外旅行傷害保険は、なんと最高1億円。空港ラウンジを無料で使えたり旅行先で24時間日本語サポートを受けたりできます。さらには国内外の提携レストランで、所定のコースを2名以上で予約すると、1名分が無料になるという会員ファーストのサービスも。

手厚い保険やサービスを求める人におすすめです。

女性に人気の「エポスカード」

女性に人気の「エポスカード」
エポスカードは、手厚い付帯特典が女性に人気のクレジットカード。基本的に200円利用ごとにポイントが付与され、会員限定のセール時は期間中何度でも10%オフが適用されるという、非常にお得なカードです。

さらに、約10000店舗で割引などの優待が受けられ、一般カードなら年会費も永年無料。その上海外旅行傷害保険など充実したサービスも付帯しています。

お買い物に便利な「イオンカード」

イオンで買い物をすることが多い人には「イオンカード」がおすすめです。毎月のお客様感謝デーにイオンカードで決済すると、5%の割引が受けられるという特典があります。さらにイオングループの対象店舗では、常にポイントは2倍。

さまざまな種類がある中で「イオンカードセレクト」がとくにおすすめで、WAONへのオートチャージ設定をすることで、200円ごとに1WAONポイントがつき、ポイントをダブルで貯めることができます。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事