Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2022.02.14

ココアの効果が知りたい! 美容を気にする女性が積極的に摂りたいその実力

寒い時期に飲みたくなるココア。実はココア、美味しいだけじゃなく、健康や美容に良いと言われる優秀な食品であること、ご存知ですか?今回はそんなココアにクローズアップ!ココアに期待できる嬉しい効果から、効果的にココアを摂る方法、さらにココアを使ったヘルシースイーツレシピもご紹介します。

Tags:

【目次】
ココアを摂ることで期待できる効果とは
ココアの効果的な飲み方
ココアを使ったレシピもチェック

ココアを摂ることで期待できる効果とは

【カカオポリフェノール】ダイエット効果


ココアにはカカオポリフェノールが豊富に含まれていると言われています。

ポリフェノールには、食欲の抑制効果や脂肪燃焼効果、さらには脂肪分解効果が期待されているので、ダイエットに良いと言われているそう。

また、活性酸素を除去し、美肌効果も期待できるとされているので、ダイエットだけでなく、アンチエイジングなどの美容に気をつかっている人にもおすすめされているようです。

また、カカオポリフェノールは、抗酸化作用も。これにより脳に疲労物質が蓄積するのを防ぎ、おやつの過剰摂取を抑えられるとされているので、疲れたときについつい手が伸びてしまう甘いものは、ココアなど抗酸化物質を含むお菓子にスイッチするのがおすすめされています。

【リグニン】腸内環境の改善をする効果

ココアには「リグニン」という食物繊維が含まれていると言われています。

一般的に食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があると言われていますが、このリグニンは不溶性食物繊維。

不溶性食物繊維は、水に溶けず胃や腸の中で水分を吸収して膨らみ、腸の働きを活性化させることで便秘を解消するなどの腸内改善効果が期待されています。

ココアを摂ることでお通じ改善効果が期待できるなんて、嬉しいですよね。

【ビタミンB6】健康的な肌や髪の成長を促進する効果

【ビタミンB6】健康的な肌や髪の成長を促進する効果
ココアにはビタミンB6も豊富に含まれているそう。

ビタミンB6はタンパク質の分解や合成をサポートしてくれる働きがある栄養素。タンパク質の代謝がスムーズになることで、健康的な肌や髪、爪や歯、粘膜など、成長が促進されると言われています。

他にもアレルギー症状を抑えたり、イライラなどの精神的なストレスを落ち着かせたりする働きも期待されているのだとか。

女性ホルモンである「エストロゲン」の代謝にも関わっているので、月経前症候群(PMS)の症状に悩んでいる人にも有効な栄養素だと言われています。

【ビタミンB12】自律神経の乱れを整える効果

ココアにはビタミンB12も含まれていると言われています。

ビタミンB12は、睡眠のリズムを整えるのに有効だとされる栄養素。本来質のいい睡眠には、規則正しい生活や運動が強く関連していますが、ビタミンB12も自律神経の乱れを整え、正しい睡眠リズムに促してくれる作用が期待されているそう。

またビタミンB12は葉酸と協力し、ヘモグロビンの生成をサポートする働きが期待されているよう。そのため、貧血に悩んでいる人にも推奨されているのだそう。

【カルシウム】骨や歯を作る効果

カルシウムといえば、牛乳やヨーグルト、煮干しなどが有名ですが、実はココアにもカルシウムが含まれていると言われています。

カルシウムは吸収率が悪く、不足しがちな栄養素のひとつ。ビタミンDと一緒に摂ることで吸収率がアップするそうです。

ココアの効果的な飲み方

牛乳に混ぜて飲む

ココアは牛乳に混ぜて飲むことで、ビタミンやミネラル、カルシウムを効果的に摂取できると言われています。

また、乳製品にはトリプトファンというアミノ酸が含まれています。このトリプトファンは心身ともにリラックス効果をもたらすとされていて、質のいい睡眠につながると言われています。

こまめに摂ることが必要

ココアに含まれるポリフェノールは、摂取してから4時間後にはほとんど消えてしまうと言われているそう。そのため、一気に摂取しても体内に溜めておくことができないのだとか。

ココアを摂る際は、朝食でヨーグルトに混ぜたり、お昼に牛乳と飲んだり、とにかくこまめに摂取することが推奨されています。

とはいえカロリーもある食品なので摂り過ぎには注意が必要です。通常ドリンクに入れて飲む際は、1日2〜3杯程度が目安量だと言われています。

ココアは「ピュアココア」を選ぶ

ココアを選ぶ際は、砂糖が含まれていない「ピュアココア」を選ぶのがおすすめです。

もともと砂糖が多く含まれているココアを積極的に摂取してしまうと、いくらダイエット効果が期待できるとはいえ、太ってしまう可能性も大きくなります。

ミルクココアよりもピュアココアの方が、ポリフェノールの含有量も多いと言われているので、これから積極的にココアを摂取したいという人は「ピュアココア」を選んでみてはいかがでしょうか。

ココアを使ったレシピもチェック

腹もち抜群!豆腐チョコレート

甘さ控えめのヘルシースイーツ!

腹もち抜群!豆腐チョコレート
【作り方】

1. 絹ごし豆腐2丁を水切りして裏ごしする。
2. ココアパウダーと豆腐、溶かした板チョコ適量を合わせる。
3. 2を器に入れたら、冷蔵庫で1~2時間冷やし固める。
4. 好みでベリーやミント、ナッツを添えていただく。

卵・乳製品無しのお豆腐パンクッキー

優しい甘さのふかふかスイーツ!

卵・乳製品無しのお豆腐パンクッキー
【材 料】

絹豆腐…100g
きび砂糖…30g
油…10g
★薄力粉…100g
★ベーキングパウダー…1~2g
バニラオイル…数滴
無糖ココア…小2
好みでチョコ…少々

【作り方】

1. ホイッパーを使って絹豆腐を滑らかにしたら、油と砂糖を合わせてよく混ぜる。
2. 1に★をふるって加えサックリ混ぜたら、ココアを入れる。
3. 絞り袋に2を入れ、オーブンシートに絞る。
4. 180度に余熱したオーブンで15分ほど焼いたらできあがり!

サクッと美味しいプロテインバー低糖質オイルフリー

サクッとつまんでプロテインチャージ!

サクッと美味しいプロテインバー低糖質オイルフリー
【材 料】

ココアプロテインパウダー…50g
おからパウダー(微粉)…20g
重曹…小さじ1/2
エリスリトール…30g
塩…2g
卵…M1個
豆乳(水でも)…50cc
酢…小さじ1+1/2
クルミ(炒ったもの)…1/2カップ
アーモンド(炒ったもの)…1/2カップ

【作り方】

1. オーブンを170度に余熱する。
2. ココアプロテインパウダーとおからパウダー、重曹を合わせてふるう。
3. 鍋に卵、豆乳、エリスリトール、塩を入れ温めたら酢を加える。
4. 3を冷ましたら2を加えてしっかり混ぜる。
5. 4にくるみやアーモンドを加える。
6. バットにオーブンペーパーを敷き、生地を平らに伸ばしたら170度で20分〜25分焼く。
7. 熱いうちにカットしてできあがり!

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事