Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2022.05.20

【ファンデーションの粉吹き】もう悩まない!原因と対策・応急処置方法を解説

乾燥する季節は特に、ファンデーションの粉吹きに悩まされている方は多いかもしれません。粉吹きを起こさないためには、スキンケアからしっかり対策することが大切です。今回は粉吹きを防ぐスキンケア&メイク方法、応急処置について解説。粉吹き解消におすすめのアイテムも一緒にご紹介します!

Tags:

【目次】
ファンデーションが粉を吹く原因とは?
ファンデーションの粉吹きを防ぐスキンケア方法
ファンデーションの粉吹きを防ぐメイク方法
直せる?粉吹きが起きたときの応急処置方法も
ファンデーションの粉吹き解消におすすめの保湿アイテム

ファンデーションが粉を吹く原因とは?

スキンケア不足

ヘア&メイクアップアーティストの中山友恵さんによると、保湿タイプのファンデーションを使用しても、日中どうしても乾く人は「メイク前のスキンケアが不足していることがほとんど」だと言います。

ファンデーションの粉吹きを防ぐためにも「仕込み保湿」をし、乾かない肌づくりをすることが大切なのだそう。

「ドマーニ世代の女性は、毎日忙しくてスキンケアをちゃちゃっと済ませがち。でも、元が乾燥していると、どんなにリッチなファンデーションを塗っても乾いてしまうんです」(中山さん)

またしっかりケアしていても、寒い洗面所や部屋で肌が冷えていると化粧品がうまく入っていかないことも。

「できれば暖かい部屋で保湿ケアをたっぷりと。まどろっこしく思えてもむしろ時短になります。保湿をきちんとしたら、ファンデーションは最新のものを少量、粉はなしで、時間が経ってパサつき見えする要因を極力少なく。〝1日乾かない〟は簡単に実現できます」(中山さん)

空気やエアコンによる乾燥

スキンケアをしっかり行っていても、空気の乾燥やエアコンによって肌が乾燥してしまうことも。

外気が乾燥する冬はもちろん、クーラーを多用する夏場も部屋の湿度は低くなりがちです。外出時は化粧水ミストを持ち歩き、こまめに保湿するのがおすすめです。

下地とファンデーションの相性が悪い

保湿や乾燥対策をしっかり行っているにもかかわらず、ファンデーションの粉吹きが起きてしまう場合は、下地とファンデーションの相性がよくない可能性が考えられます。

自分の肌質に合った組み合わせにすることで、粉吹きを防ぐことにつながります。

ファンデーションの粉吹きを防ぐスキンケア方法

ファンデーションの粉吹きを防ぐスキンケア方法
ヘア&メイクアップアーティストの佐伯エミーさんによると、乾燥しがちな肌には、水分・油分の「サンドイッチ塗り」で潤いを深くしっかり溜め込むことが大切だと言います。

「メイク前に美容液や乳液、クリームをたっぷり塗るのは禁物です。浸透しきれず肌表面に残った油分などが下地やファンデーションの密着を妨げるのでメイクが崩れやすくなります。メイク前のスキンケアで意識すべきは、使う量を増やすことではなく浸透力を高めた保湿です。そのためには、スキンケアの一番最初に美容オイルを使って浸透しやすい肌に整えます。それから化粧水のコットンパックでしっかり補水したあと、美容液や乳液、クリームといったいつものお手入れをしましょう。

油分・水分・油分とサンドイッチ状に重ねることで深く浸透して潤いをしっかり溜め込むことができるので、スキンケアの量を増やさなくても、潤いが長続きします。また、くすみなどをカバーしようとして下地やファンデーションを厚塗りしがちですが、これも日中の崩れや乾燥、くすみの原因になります。スキンケア中にマッサージをして肌のめぐりをあげましょう。スキンケアのコツを押さえておけば、潤い・ツヤ・透明感のある美肌を日中ずっとキープできます」(佐伯さん)

それではメイク前におすすめのスキンケアプロセスを解説していきます!

1. 美容オイルをつける

1. 美容オイルをつける
洗顔後、スキンケアの最初にまずは美容液オイルをオン。これにより次に使用する化粧水が深く浸透しやすくなり、潤いの持続力が高まります。

メイク前なので、スクワランなどサラッと軽めのオイルを使用するのがおすすめです。オイリー肌や混合肌の場合は、乾燥しやすい部分のみでOK。Tゾーンや鼻下、あごは避けるようにしましょう。

2. 化粧水でコットンパックする

2. 化粧水でコットンパックする
化粧水を深く浸透させるためにはコットンパックが最適。頬、額、鼻、あごはもちろん、こめかみや鼻下など、隙間なくパックしましょう。化粧水の量が足りないとしっかり補水できないため、コットンにはたっぷりの量を含ませます。

顔全体にコットンをのせたら、2分ほどパック。この間に次で紹介する3と4のマッサージを行います。

3. こめかみや耳まわりをマッサージする

3. こめかみや耳まわりをマッサージする
こめかみや耳まわりは血管やリンパが集中している部分。この部分をマッサージすると血行がよくなり、老廃物が流れやすくなります。

手のひらの付け根の部分をこめかみにあて、肌に垂直に圧をかけながら小さな円を描くようにマッサージしていきます。こめかみを15秒ほどマッサージしたら、耳上、耳後ろ、耳下の順で同様に行いましょう。

4. 目のまわりをマッサージする

4. 目のまわりをマッサージする
繊細な目のまわりはツボ押しでめぐりをよくします。

人差し指、中指、薬指の3本を眉にあて、やさしく押しましょう。

押す→指を離す→押すを20秒ほど繰り返したら目尻側、目の下も同様にプッシュ。眼窩と呼ばれる目まわりの骨に沿いながら行い、眼球を押さないよう気をつけましょう。

5. 美容液や乳液、クリームをつける

5. 美容液や乳液、クリームをつける
コットンパックの後は、通常通りのスキンケアを行います。スキンケアアイテムのパッケージに記載されている使用量の通りにつけるのがおすすめです。

肌全体につけたらハンドプレスでしっかりなじませます。美容液、乳液、クリームをつけるたびにハンドプレスを行うのがポイント。手の甲で肌に触れ、水っぽさやヌルつきがなければ、肌になじんだサインです。

6. 仕上げにミストをしてティッシュオフ

6. 仕上げにミストをしてからティッシュオフ
仕上に、肌表面に残っている余分な油分をオフするため、化粧水ミストを顔全体にふきかけます。顔に直接かけず、顔の少し上にふきかけ落ちてくるミストを浴びるようにするのがコツ。

その後、すぐにティッシュを肌にやさしくあて、余分な油分をオフしましょう。

この流れでスキンケアを行うことで、下地やファンデーションの密着力がアップします。

ファンデーションの粉吹きを防ぐメイク方法

ファンデーションの粉吹きを防ぐメイク方法

1. 下地を指の腹で薄塗りにする

1. 下地を指の腹で薄塗りにする
「下地は多すぎても少なすぎても崩れの原因に。5mm程度のパール粒を指にとり、指のはら(第2関節くらいまで)に広げてから塗布します。こうすると薄膜でムラなく塗れます。

頰の内側から外側へと塗りのばし、そのあとに額、鼻、あご、目元にも塗ります。最後に乾いたスポンジで顔全体をトントンするとなじみがよくなり、余分な油分がオフできます」(佐伯さん)

2. 目のクマをコンシーラーでカバーする

2. 目のクマをコンシーラーでカバーする
「クマのカバーには、オレンジ系コンシーラーを使います。コンシーラーで整えたあとにファンデーションを重ねるとオレンジがなじんで自然に見えます。

カバーするときは、クマよりも少し広めにコンシーラーをブラシでのせ、コンシーラーと肌の境目を乾いたスポンジでトントンとなじませます。境目以外の部分までスポンジを使うとコンシーラーがとれてクマが見えてしまうのでNGです。シミ部分はファンデーションのあとに目立つところだけ塗ります」(佐伯さん)

3. 水ありスポンジでファンデーションを塗る

3. 水ありスポンジでファンデーションを塗る
「保湿力のあるクリームファンデーションを使用するのがおすすめですが、手持ちのファンデーションで保湿力を高めたいときはスクワランオイルなどを1滴混ぜると潤いとツヤがアップします。

塗布するときは、水に濡らして軽く絞ったスポンジを使います。密着力が上がり、薄膜で均一に塗ることができます。ファンデーションを手の甲にとったら(クリームファンデーションの場合、全顔で小豆ひと粒大が目安)、スポンジに半分くらいとり、頰の内側から外側へ向けてトントンしながら塗り広げます。

頰全体を塗ったら残りのファンデーションをスポンジにとり、額や鼻、あご、目元なども塗ります。マスクを着用すると目まわりに視線が集まりやすくなるので、こめかみまでキレイに整えましょう。顔全体を塗り終えたら、スポンジでもう一度全体を軽くトントンとなじませます」(佐伯さん)

4. ルースパウダーをブラシで部分的につける

4. ルースパウダーをブラシで部分的につける
「ルースパウダーをつけるときは、大きめのブラシを使うとつき過ぎを防げます。ルースパウダーの蓋などに粉を出し、ブラシをクルクルと動かして粉をブラシの中まで含ませたら手の甲で軽くトントンとなじませてから使います。

つける部分は額やフェイスライン、鼻などの崩れやすい部分、マスクで擦れやすい部分のみです。ふわっと粉をまとうようにつけます」(佐伯さん)

5. メイクの上からハンドプレスする

5. メイクの上からハンドプレスする
「ルースパウダーまでつけたあと、肌全体を軽くハンドプレスすると肌、下地、ファンデーション、ルースパウダーがしっかり密着して崩れにくくなりますし、粉っぽさのない美しい仕上がりになります。

ハンドプレスするときは肌と垂直になるように手のひらを軽くあてるだけでOK。グッと押したり、横に動かすとヨレてしまうので気をつけて」(佐伯さん)

直せる?粉吹きが起きたときの応急処置方法も

化粧水ミストで保湿

粉吹きが気になるとき、化粧水ミストは重宝します。顔に直接吹きかけるのも間違いではありませんが、おすすめはティッシュにミストをを吹きかけて顔にのせる方法です。

化粧水ミストでお直し
ティッシュの左右両端にミストを吹きかけ、顔の上にふわっとのせます。直スプレーでやりがちな「かけ過ぎ」でメイクがくずれたり、髪がへたるのを防ぐこともできます。

化粧水ミストでお直し
顔に貼りつかないようにふんわりのせ、ミストした部分がUゾーンにあたるようにしましょう。

保湿クリーム・乳液でお直し

保湿クリームや乳液を使って、粉吹きの応急処置も可能です。

粉吹きが気になる部分に適量をなじませたら、こすらないようティッシュやコットンでやさしく拭き取りましょう。その後、コンシーラーやファンデーションを薄く肌になじませてお直し完了です。

特に乾燥が気になる場合は保湿クリームを、クリームの油分が気になる場合は乳液を使用するのがおすすめです。

ファンデーションの粉吹き解消におすすめの保湿アイテム

【プチプラでも優秀】d プログラム|アレルバリア ミスト

【プチプラでも優秀】d プログラム|アレルバリア ミスト
▲内容量:57ml

花粉やほこりなど、空気中の微粒子汚れから肌をガードしてくれる敏感肌用の化粧水ミスト。

潤いを与える化粧水と肌を守るオイルの2層タイプで、瞬時にみずみずしい肌へと導き、化粧持ちをアップ。手軽に使える化粧水ミストは、乾燥対策や外出先での化粧直しにおすすめ。

【肌のバリア機能をサポート】ラ ロッシュ ポゼ|トレリアン ダーマアレルゴ クリーム/ライトクリーム

【肌のバリア機能をサポート】ラ ロッシュ ポゼ|トレリアン ダーマアレルゴ クリーム/ライトクリーム
▲内容量:各40ml

皮膚科医協力のもとで開発されているブランド「ラ ロッシュ ポゼ」の敏感肌用保湿クリーム。

フランスの湧き水「ターマルウォーター」から抽出した培養成分「スフィンゴバイオーマ」が、角質層の膜に働きかけ、外的刺激に敏感な肌を穏やかに整えてくれる。

乾燥から肌を守るスクワランやシアバターなどの保湿成分もバランスよく配合。しっとりテクスチャーとみずみずしく潤うライトなテクスチャーの2種類から、肌のコンディションや季節によって選ぶことができる。

【セラミド配合で乾燥からガード】花王|キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム

【セラミド配合で乾燥からガード】花王|キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム
▲内容量:40g

潤い成分セラミド配合のフェイスクリーム。保湿と同時に肌のバリア機能が回復するためのサポートもしてくれる。さらっとしたテクスチャーで敏感肌をなめらかに保護してくれるので、粉吹きのお直しにもおすすめ。

あわせて読みたい

40代のおすすめファンデーション22選!ツヤ肌になれる、人気のプチプラ・デパコスを厳選
大人のツヤ肌をつくる化粧下地12選!いきいきとした肌感を演出するアイテムを紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事