Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2022.03.28

「蛻の殻」の意味とは? 語源や使い方、類語、英語表現を解説

ドラマや小説などでも馴染みのある「蛻の殻」という言葉ですが、詳しくはどういう意味なのでしょうか? 今回は「蛻の殻」の語源から使い方、類語、英語表現まで合わせて解説していきます!

Tags:

「蛻の殻」の意味や語源とは?

「蛻の殻」という言葉、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか? 日常会話で使う機会は少ないですが、小説やドラマなどで、「すでに部屋の中は蛻の殻だった」というように使われます。今回は、ユニークな表現「蛻の殻」の意味や語源、使い方、類語などを解説します。

意味

蛻の殻(もぬけのから)」の意味を辞書で調べてみましょう。

1 蝉や蛇のぬけがら。もぬけ。2 人の抜け出たあとの寝床や住居。3 魂の抜け去った体。死体。(<小学館 デジタル大辞泉>より)

「蛻の殻」には、3つの意味がありますが、日常的に使われるのは、2番目の「人の抜け出たあとの寝床や住居」という意味でしょう。「警察が来た時には、部屋の中は蛻の殻だった」というように使います。一般的に人がいなくなり、部屋の中が空っぽになった状態を指すことが多いですね。

■語源

「蛻」という漢字は、「セミや蛇の抜け殻」を指します。昆虫が成長するに伴い脱皮した体皮や、蛇が脱ぎ捨てた古い皮のことです。そして、「殻」は、「穀物のもみ殻や虫などの外皮」のことです。つまり、「蛻の殻」とは、「虫が脱皮をした後のぬけがら」が転じて、「人のいなくなった空っぽの空間」を指すようになったといえるでしょう。ちなみに「蛻の空」と書くのは誤りなので注意が必要です。

使い方を例文でチェック!

「蛻の殻」は、会話以外にも小説やドラマのセリフなどでたびたび登場する言葉です。主な使い方を3つ紹介します。

もぬけの殻

1:巷を騒がせる盗賊団のアジトに乗り込んだが、すでに蛻の殻だった。

追っていた人に逃げられてしまった場面で「蛻の殻」は使用します。警察が犯人の居場所を突き止めて家宅捜索に入ったものの、部屋の中には誰もいなかったということです。まるで臨場感あふれるドラマのワンシーンのようですね。さっきまでいた痕跡が感じられることも「蛻の殻」のポイントです。

2:真夜中に物音がしたので娘の部屋を見に行くと、寝床はすでに蛻の殻だった。

「蛻の殻」は、部屋だけでなく寝床に使われることも多いです。人がいなくなり空っぽになった布団はまるで抜け殻のようにみえますよね。

3:彼が帰宅した時には、すでに妻と子供の姿はなく、部屋の中は蛻の殻だった。

何らかの事情で家を出てしまった時にも「蛻の殻」は使われます。ただ単に「誰もいなかった」と表現するよりも、寂しさや空虚感が伝わってきますね。人だけでなく、荷物や家具一式を持ち去られていた、という状況も想像できます。

類語や言い換え表現とは?

「蛻の殻」の類語には、「空っぽ」「猫の子一匹いない」「閑古鳥が鳴く」などが挙げられます。意味をさっそくみていきましょう。

もぬけの殻

1:空っぽ

「空っぽ」の方が、日常会話で使いやすい表現ですね。意味をおさらいしておきましょう。

1 中に何も入っていないこと。また、そのさま。2 内面のないこと。また、そのさま。(<小学館デジタル大辞泉>より)

「財布の中身が空っぽだった」というように、中に何も入っていない状態を表す時に使いますね。「空っぽ」が単純に「中身が入っていないこと」を指すのに対して、「蛻の殻」は、さっきまで人がいたというニュアンスが含まれます。

・空っぽになった空き缶を蹴飛ばした。
・失恋のショックで心の中が空っぽになった。

2:猫の子一匹いない

「猫の子一匹いない」の意味は、以下の通りです。

人が全くいないたとえ。(<小学館デジタル大辞泉>より)

街や空間に人どころか子猫の一匹もいないという意味のことわざです。人の気配が感じられない、閑散とした情景が思い浮かびますね。人がいない状態を表す点で、「蛻の殻」の類義語といえるでしょう。

・猫の子一匹いない夜のオフィス街
・人どころか猫の子一匹いないよ。

3:閑古鳥が鳴く

「閑古鳥(かんこどり)が鳴く」の意味をみていきましょう。

人の訪れがなく、ひっそりと静まり返っているさま。客が来なくて商売がはやらないさま。(<小学館 デジタル大辞泉>より)

お客さんが来なくてガラガラなお店のことを「閑古鳥が鳴く」と表現することがあります。商店街や劇場、旅館などにお客さんが訪れず寂れている状態です。「閑古鳥」とは、「カッコウ」のことで、その鳴き声は日本では物寂しいものとされてきました。

「蛻の殻」のように、人が抜け出たというニュアンスはありませんが、人がいないという点ではこちらも類義語にあたるでしょう。

・不景気が続き、店に閑古鳥が鳴いている
・全く商売にならないね、閑古鳥が鳴いているよ。

英語表現とは?

「蛻の殻」を直訳できる英語表現はありませんが、「gone」「empty」などを使って説明することができますよ。

もぬけの殻

 「gone」は、「go(行く)」の過去分詞で、行ってしまった」「過ぎ去った」「消えた」という意味。「蛻の殻」と同じように、空間からいなくなってしまったということを伝えることができます。「They were already gone(すでにいなかった)」「When I went to his room, she had gone(私が彼女の部屋に行ったときには、蛻の殻になっていた)」
 
続いて、「empty」は、「空っぽの」「中身のない」という意味。「The house was empty(家は空っぽだった)」「completely empty(完全に空っぽの)」「The store was empty of people(その店には客は一人もいなかった)」「a book empty of real information(中身のない本)」などのように表現することができます。

最後に

「蛻の殻」とは、「人がいなくなり空っぽになった部屋や空間」のこと。類語である「空っぽ」や「閑古鳥が鳴く」は、ただ単に人がいないという状態を表しますが、「蛻の殻」には、さっきまで人がいたはずなのに消えてしまったというニュアンスが含まれていることがポイントです。

臨場感を伝える言葉として、小説やドラマのセリフで使われることもうなずけますね。日本独自のユニークな「蛻の殻」という表現を覚えてみてはいかがでしょうか?

こちらもおすすめ

その使い方、間違いかも?【手を拱く】の正しい意味や例文、類語表現を解説
【目論見】とはどういう意味? 「企み」との違いは?

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事