毎日の「ヨーグルト」習慣はじめよう。 効率のよい食べ方やおすすめアレンジまとめました | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLEいつだって自分に"意識高い系"

2019.09.05

毎日の「ヨーグルト」習慣はじめよう。 効率のよい食べ方やおすすめアレンジまとめました

ヨーグルトは美容と健康に良いと言われていますが、実際はどのようなメリットがあるのでしょうか。ヨーグルトに含まれる成分の働きや吸収の効率を上げる食べ方などを紹介します。ヨーグルトについて知識を深め、美容と健康に生かしてみましょう。

Tags:

腸内環境を整えてくれるヨーグルト

ヨーグルトは、乳酸菌だけではなく、カルシウムやタンパク質も多く含まれており、さらには腸内環境を整えてくれる食品として広く知られています。ヨーグルトを食べることで体に良いことがたくさんあります。具体的なメリットやヨーグルトの働きについてご紹介します。

(C)Shutterstock.com

便秘、下痢の解消に期待できる

私たちの体の中には善玉菌と悪玉菌が存在しており、善玉菌があることによって有害な物質を体外に運ぶ役割をしています。この善玉菌をいかにコントロールするかが重要なポイントとなります。

運動、水分の不足やストレスなどによって腸内の善玉菌が減少すると、腸内環境が悪化して便秘や下痢が引き起こされてしまいます。解消には善玉菌を増やすことが大切です。

ヨーグルトには善玉菌の栄養になるビフィズス菌や乳酸菌が豊富に含まれており、善玉菌の増殖に貢献してくれます。善玉菌が増えれば、悪玉菌が減少して腸内環境の働きが正常に戻ります。

便秘や下痢は腸内環境の悪化を知らせる腸からのサイン。サインを見過ごさず、ヨーグルトを上手に取り入れて腸の健康を目指しましょう。

肌の調子を整えてくれる

肌荒れにも生活習慣やストレス環境などさまざまな原因がありますが、腸内環境の悪化が原因の場合、腸内環境を整えることで肌荒れの解消につなげられます。ヨーグルトは、お肌の調子を整えたいときに有効な食品とも言われています。

ヨーグルトを食べ続ければ、ビフィズス菌や乳酸菌などを摂取することができ、善玉菌の栄養となり正常な腸内環境が維持されることになります。正常な状態を維持することによって、体の内からきれいになり、自然と肌荒れしにくい状態をキープできるようになります。

スキンケアによる美肌作りも必要ですが、ヨーグルトを食べて体内から美しい肌を育てるのもおすすめです。

アレルギーを抑えてくれることも

ヨーグルトは、花粉やウイルスなどのアレルギー症状を抑えらると考えられている食品です。アレルギー物質に体内の免疫細胞が敏感に反応すると、くしゃみ・せきなどの症状が引き起こされます。

ヨーグルトは過剰な反応を落ち着かせてくれるため、アレルギー症状の緩和にもつながります。また、免疫力アップにも貢献し、健康維持のためにも摂取したい食品です。

ヨーグルトを効率の良い食べ方

ヨーグルトが美容と健康に良いことが分かりましたが、では実際にヨーグルトを効率良く食べるにはどうすれば良いのでしょうか。食生活にヨーグルトを上手に取り入れるコツを紹介していきます。

(C)Shutterstock.com

(1)温めても美味しい

ヨーグルトは冷蔵庫の中で保存をするため、食べるときは冷えた状態になっているのが多いはず。しかし、温めてもおいしく食べられる食品としても知られています。少し温めることによって善玉菌は活発に働きやすくなり、腸の蠕動運動を促して便秘解消にも手助けをしてくれます。

ヨーグルトの中で代表的なビフィズス菌が好む温度は40度前後と言われています。60度以上になると菌が死んでしまうため、温めて食べる際はヨーグルトを加熱し過ぎないように注意しましょう。

(2)食後に少量を毎日食べる

ヨーグルトを食べる時間や量についてもポイントを押さえることによって、より健康的に摂取することができます。一般的には、ヨーグルトは朝食として食べる人が多いです。

しかし、空腹時は胃酸の影響が大きく、いきなりヨーグルトを摂取してしまうと胃に負担がかかる可能性もあるため、食前よりも食後に食べることをおすすめします。またヨーグルトは毎日少量を継続して食べることで、より健康的な体を維持することができます。

バナナ・リンゴなどの食物繊維・ビタミン類が含まれる果物との相性が良いため、果物と一緒にヨーグルトを上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ヨーグルトのおいしいアレンジ方法を紹介

ヨーグルトはそのまま食べるのも良いですが、よりおいしく健康的に食べるためにも、アレンジをしてみるのもおすすめです。子どももおいしく味わうことができる、おすすめのアレンジ方法を見ていきましょう。

(C)Shutterstock.com

(1)ニキビ撃退に効果的「いちごヨーグルト」

ニキビを減らしたいときにおすすめなのが「いちごヨーグルト」です。いちごはビタミンCを豊富に含んでおり、7~10粒ほど食べるだけで1日に必要なビタミンCを摂取することができます。

ビタミンCはシミやくすみの原因のメラニンを増やさないよう働きかけ、さらにはニキビの原因の過剰な皮脂分泌を抑えることができます。

ヨーグルトを温めて、いちごをスライスやペースト状にすることによって、子供でもおいしく食べることができるでしょう。朝食のプラスのデザートとして食べてみてはいかがでしょうか。

(2)便秘には食物繊維と合わせるのがおすすめ「おからヨーグルト」

食物繊維を多く含むおからパウダーを組み合わせた「おからヨーグルト」は、便秘解消におすすめ。善玉菌の栄養になり便通を良くして、腸内環境を整えてくれます。

しかし、水に溶けにくい食物繊維がほとんどのため、水分と一緒に摂っておかないと便が硬くなる可能性も。野菜ジュースなどを組み合わせることによって、さらに健康的な食事を目指してください。

おからパウダーは食物繊維以外にも、良質なたんぱく質・ビタミンB群・カルシウムなども摂取でき、体に必要な栄養素も豊富に含んでいます。

(3)簡単に食事にプラス「ホットヨーグルト」

ヨーグルトを手軽に食事に取り入れるなら、「ホットヨーグルト」がおすすめです。ホットヨーグルトは胃腸を冷やすことなく、菌を生きたまま摂取できるため、さらに体に良いとされています。

電子レンジで温めて食べたり、発酵食品の味噌との相性が良いため味噌汁に入れてもOK。味噌汁に入れる場合は、1人分の目安として大さじ1杯を混ぜ入れましょう。

ホットヨーグルトは、プレーンヨーグルト100gを電子レンジで約40秒加熱すれば、丁度良い温度に温められます。朝食や夕食と一緒に食べてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
▶︎アンチエイジングとは?40代女性の美しさを保つサプリ・食べ物・スキンケア・運動のおすすめをまとめました

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事