「社交的な人」の特徴とは?人見知りや内向的な人が社交的になるには?【心理カウンセラー監修】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2020.12.04

「社交的な人」の特徴とは?人見知りや内向的な人が社交的になるには?【心理カウンセラー監修】

人見知りな人が、明るさとコミュニケーション能力を発揮している社交的な人に、憧れを抱くことは、よくあります。人見知りな人がどのようにすれば、社交的になれるのか。そのための考え方や行動を紹介します。

【目次】
社交的な人の考え方の特徴
社交的な人の行動の特徴
人見知りの心理とは
社交的になるには

社交的な人の考え方の特徴

人間の性格を評して「あの人は明るく社交的だ」と言うことがあります。社交的と聞いただけで、いつもニコニコしていて気さくな人柄をイメージしますが、どのような人が「社交的な人」で、そうでない人との違いはどこにあるのでしょうか。まずは「社交的な人」の特徴を見ていきます。

社交的

職場で支持される人、されない人の差って?求められてるのは「サクセス」志向ではなく「サンクス」志向

ポジティブ思考

社交的な人は、何事においてもポジティブ思考。仕事で失敗してもすぐに立ち直り、どのようにすれば成功するのかと、前向きな考え方をします。

落ち込んだり反省したりばかりではなく、悪いところは省みながら、次に生かそうとする視点をもち合わせています。基本的に人と話すことが好きで、相談に乗ってくれたり、悩みを聞いてくれたりも。

陽気な性格であるため、ピリピリしたムードを和やかにし、職場を明るくしてくれます。ムードメーカーでもあることが多く、特定の人達だけでなく周囲全体を見渡した対応ができる人物といえるでしょう。

柔軟性がある

チームで動く場合は、1人でも意見に反対する言動があればなかなか前には進みません。社交的な人は人と必要以上に争うことはせず、周りの意見をよく聞いて柔軟に行動する特徴があります。

仕事上のチームやママ友グループなど、組織の和を乱すことなくミッションをやり遂げようと努力するため、周囲からは好印象をもたれやすくなります。仮にチームの意見が対立すれば、それを収めるために仲裁役を買って出ることもあるでしょう。

見方によっては主体性が乏しく、イエスマンとして「自分の考えを持たない人」とも捉えられてしまうかもしれません。しかし、バランス感覚に優れているので、意見を押し付けることはなく、周囲に同調して調和を保ちながら物事をスムーズに進めることができます。

好奇心旺盛

好奇心旺盛で、何事にも臆せず飛び込んでいくのも特徴のひとつ。「一歩踏み出すのが恥ずかしい」「失敗したらどうしよう」と考えるよりも、新しいことに挑戦していきたいという気持ちが勝ります。

たとえ失敗しても「どうにかなる」と考え、何か手立てを考えて「その時、対応すればよい」と捉えているので、ポジティブに、積極的に取り組んでいく傾向が強いです。

たとえば、行ったことのない居酒屋に入ってみたり、新しい習い事を始めたりするなど、1人でも行動できる勇気をもっています。もち前の前向きさを発揮して、「気になることはまずやってみる」というメンタリティーのもち主といえます。

相手の真意を「読む・聞く」力をつけている

この場において「自分自身がどういう立ち位置を望まれているか」といった周囲の人からの視点や期待感を感じ取る事をしようとします。そのため、時には無礼講で突っ込んだり、その直後にはしっかり敬語になってみたり、フォローをしたり、リーダー的に引っ張ったり、場を盛り上げたり、静かに話を聞いたりと、上手に立ち回ることができます。

また、相手の話や今の話題の本質は何かをしっかり見極めて、気持ちを読み解くことができるため、話がおかしな方向へ行きそうになっても、話題の本質が外れてしまうことはありません。相手を不快に気持ちにさせることなく、話の方向を正しく戻すのも、社交的な人ならではの思考といえます。

社交的な人の行動の特徴

社交的な人をはじめ、人とコミュニケーションを取ることに長けている人には、共通する行動の特徴が見られます。全ての人に当てはまるとは言い切れませんが、代表的な例を見てみましょう。

多趣味でコミュニティーが多い

社交的な人は多趣味で性別や年代を超えて友人知人が多い特徴があります。好奇心旺盛であるため、誰かに誘われたら抵抗なく参加し、コミュニティーをどんどん広げていく特性がその要因です。

たとえ、自分の趣味が映画鑑賞や読書、料理などのインドア派のタイプであっても、誘われればキャンプや各種スポーツなどのアウトドアイベントにも参加します。

所属するコミュニティーが広いため声を掛けられる機会が多く、自分が興味関心がある分野であれば、率先して周囲を巻き込み、新しいサークルや企画をつくることにも長けています。

ノリがよく行動が早い

誘いを受けたら、断る理由を探すのではなく、承諾してみてから細かいことを考えるというノリのよい一面をもちます。場の空気を壊すことを嫌うため、多少無理してでも誘われたら参加する姿勢を見せます。

社交的な人の返事の仕方は、本当に快くYESと伝えているため、誘った相手も嫌々参加するのではないと感じ、好印象をもちます。ノリがよくて楽しければ、また誘いたいと思われるため、さらに人から好かれる好循環にもつながります。

また、言葉だけでなく、ママ友ランチや女子会などの誘いであれば、率先して店を調べたり、何を食べたいのか参加者に聞いたりと行動も早い特徴があります。機転が利き、しかも有言実行という態度でノリ度合いを示してくれるので、誘った人も嫌な印象はもちません。

連絡がマメ

仕事でも、連絡が早く連絡をマメにくれるとうれしいもの。社交的な人は相手の気持ちや立場を考えて行動します。たとえば、体調を気遣ったり、近況を伝えるメールやSNSを使った連絡をマメにします。

LINEやメールのやり取りをしている場合には、相手の立場にも気遣いを見せ、適切なレスポンスをします。電話で不在着信や未読のメールを見ると、そのまま放置することはありません。

返信が遅くなってしまうときは、ひとこと遅れたことへのおわびを添える心配りも欠かしません。

周囲の人との調和を取るのが上手

周囲の状況をよく見て、自分の立ち回り方を心得ているため、周りの人たちと上手にコミュニケーションを取り、空気を読んで、周囲の人にとって心地よい空気をつくることができます。

人間の脳ができ上がった石器時代から、特に女性は周囲との調和が上手く取れなければ、生き残ることができなかったため、コミュニティで生き残るための術として、現代においても女性は社交上手の傾向にあります。

多くの周囲にとって有益な情報や知識をもち、知識人と思われる

外に向けてアンテナを張り巡らしていたり、お誘いが多く外部からの刺激を受ける機会が多かったりするなどして、自然と知識や情報量が増えていく傾向があります。

特に女性は脳幹が男性より太いといわれていることから、より多くの脳神経の伝達量と速度が上がり、マルチタスクが得意だといわれています。いくつものことを同時に考えながら行動できるので、社交的であればあるほど、会話の頻度も質もアップ。幅広い知識を活用して、周囲からより知識人として信頼度も上がりやすくなります。

人見知りの心理とは

社交的な人とは逆に、人見知りな人はどのような心理状態なのでしょうか。長所や短所などを紹介しながら心理や傾向を説明します。

社交的

ネガティブ思考になりがちな私、どうしたらいい?【働く女性の質問箱】

人見知りの長所と短所

人見知りというと、ネガティブ要素ばかりがクローズアップされがちですが、長所もあります。たとえば、周囲に同じ人見知りである人を見つければ、その存在に素早く気づき、「大丈夫?」と声をかけられるでしょう。自分の経験から人の痛みを理解し、周囲をサポートできる力を備えているといえます。

短所では、人見知りであるために消極的でおとなしい印象を与えてしまいます。初対面の人など、人とコミュニケーションを取ることが苦手なために、「暗い人」「おもしろくない」などと思われがちです。

気軽に人と話せないことからコミュニティーもなかなか広がらいのは、共通している悩みかもしれません。また、言いたいこともぐっとこらえて胸にしまうことも多いため、ストレスを抱えやすい傾向も。

人見知りの人の心理

人見知りな人は、意識が外側より内側に向いてしまいがち。そのため、人と少し話すだけでも緊張したり、話を聞いている人に気を遣ったりしてしまいます。自信がなくオドオドとした気持ちや不安に感じている状態は相手にも伝わってしまうことから、お互いよそよそしくなってしまう傾向があります。

人と話すよりもまず自分を守ることに意識が向くため、会話も広がりを欠き、つい無言の状態をつくり出してしまいます。他人を恐れ、人と話すことでエネルギーを消耗してしまう特徴があり、コミュニケーション自体に苦手意識をもってしまう人が少なくありません。

人見知りの人は、何を話しても沈黙になるのではと会話を恐れ、どのように話せばよいか迷ってしまいます。相手が話かけてくれても、自意識ばかりに集中してしまうため、最小限の返事しかできなくなってしまうのです。

また、「自分が人からどう見られているか」を必要以上に気にして、心配や不安になる傾向も。その結果、さらに相手の顔色を見てしまったり、嫌われないようにしようとか、気疲れしてしまいます。精神的な負荷を自分で軽くするために、人との距離を置いたりすることもあります。

社交的になるには

では、人見知りの人が社交的になるためにはどうすればよいのでしょうか。その対策を紹介します。

社交的

「家でも職場でも本音を言えなくて悩んでます」【働く女性の質問箱】

考え方を見直す

いきなり社交的な人になるのはハードルが高いですが、自分を見つめ直すことで一歩ずつ近付くことは可能です。たとえば「自分が思うほど、人は他人に関心はない」と考えてみてください。

「嫌われたくない」という自己防衛本能が働くのは自然なこと。しかし、そもそも全員に好かれることは難しいですよね。「一定数の人には嫌われても仕方がない」と気持ちをもつことで、自分の思いを相手に伝えることが、それほど恐れることではないとわかります。

考え方としては、自分だけが緊張しているとは思わないことです。初対面では誰でも緊張します。話す前から余計なプレッシャーを自分に与えすぎないようにしてみてください。人の顔色を読み嫌われることを恐れないことで社交的な人への距離は縮まります。

行動を変えてみる

行動を変えることで考えを変える方法もあります。たとえば、人と会うときは必ず初めの挨拶を心掛けます。人見知りの人は、この最初の言葉を出すことが難しい場合があるのです。

対処法としては、人に話し掛ける前にコミュニケーションを取るイメージをします。相手がどのように返してくるのか、予測を立てるだけでも心の準備ができます。

なかでも表情は相手に気づかれやすいポイント。常に笑顔で話すことを心掛けるようにしましょう。第一印象をよくすることで、相手との距離も近づきます。

自分にとって居心地のいい場所に身を置く

いきなり大勢の社交場に出ると、ものすごく疲れてしまいます。認知行動療法を応用した以下のプロセスで、苦手を克服してみるのも、ひとつの手です。

「自分がどんな場所が居心地いいか考える→そのどこがいいのか→それはなぜなのか→人と接しながら、<居心地いい>が得られる方法を考える→少しずつ身を置いてみる」

たとえば、本が好きな場合は自宅で本を読むことが多いですが、そこから一歩進んで、図書館へ行ってみる。さらに次のステップで読書会に参加する。同じ本やお互いおすすめの本を紹介し合う…。そうすることで、いつの間にか友人が増え、知識も増え…と、いい循環が生まれていくのです。

社交的な人の行動をお手本にしてみる

ウェイク・フォレスト大学での研究では「身の回りにいる社交的な人の行動をお手本にして大胆に振る舞う」ことも、よい刺激になると出でいます。

思い切って、別の世界の憧れの人を演じて、別人になりきる疑似体験をしてみたり、その瞬間の心の動きを感じてみる。自分の中で新しい刺激となり、いい引き金となる事もあります。

ただ、その時にやってはいけないことは、「必死に真似をして頑張りすぎない」「あとで後悔をしたり、自分に対して責めることをいない」ということです。

何とか同じようになろうと頑張りすぎると疲れますし、いきなり真似をしてできるものではありません。あくまでも、その立ち位置での感覚を味わってみて、刺激のひとつにする、というスタンスで気楽に試してみましょう。

いかがでしたか? 一度に全部できるようにならなくても大丈夫。少しずつ目標を達成することで、自信がもてるのではないでしょうか。

トップ画像・アイキャッチ/Shutterstock.com

画像ALT

心理カウンセラー

吉野麻衣子

「SMART BRIDAL」代表/MBA婚活心理カウンセラー/モデル「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた、科学的根拠(エビデンス)に基づいた、戦略的婚活が可能な結婚相談所を経営。43歳で14歳年下3高男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導した経験と、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、多くの独身男女の婚活を支援中。
▶︎HP
▶︎ブログ(毎日更新中)
▶︎公式LINE
▶︎TouYube

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事