女性100人に「つらいとき」をアンケート!公認心理師が教える原因や対処法も紹介 | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.08.06

女性100人に「つらいとき」をアンケート!公認心理師が教える原因や対処法も紹介

「つらい」とは精神的にも、肉体的にも耐えがたいくらい苦しいこと。毎日の生活の中で私たちはどのくらい「つらい」と感じているのでしょうか。100人アンケートから「つらい」の原因&対処法を探っていきましょう。

【質問】普段つらいと感じることはどのくらいの頻度でありますか?

「よくある」、「たまにある」を合わせると約半数が普段から「つらい」と感じているよう。ではその原因や理由について詳しく見ていきましょう。

つらいとき「よくある」…16.8%
「たまにある」…37%
「ほとんどない」…35.3%
「ない」…10.9%

※アンケートは30~45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

つらいと感じる原因・理由について聞いてみました

「仕事がつらい」人、「子育てがつらい」人、そして両方の合わせ技「仕事と子育ての両立」と、日々の生活で苦しい思いをしている人が多数。そのほかにも「人間関係」、「体調不良」、「ひとりの時間がない」など原因や理由は多岐に渡ります。

仕事で

・皆がさぼる (40代・大阪府・子ども2人)
・きちんと全部終わるまで帰れない (30代・愛媛県・子ども4人)
・給料に見合ってない仕事をさせられてるとき (30代・群馬県・子ども2人)
・仕事がうまくいかない時や、仕事と子供の学校行事が重なってしまった時など (40代・埼玉県・子ども1人)
・仕事がうまく捗らなかった時 (40代・愛知県・子ども2人)
・時給が上がらない (40代・島根県・子ども2人)
・仕事がきつい時や嫌な人と仕事する時 (30代・神奈川県・子ども3人)
・上司から精神論などを押し付けてきた時 (30代・兵庫県・子ども1人)
・上司の理不尽 (40代・福島県・子ども1人)
・職場の後輩が発達障害があり、対応方法が分からずつらい (30代・東京都・子ども1人)
・会社でチームに所属しておらず、一匹狼状態で仕事を進めているとき。本当にしんどい (40代・大阪府・子ども3人)
・明日に回さず、その日のうちに終わらせないと気がすまないので、残業になることが多く疲れる (40代・宮城県・子ども2人)
・ヘルパーをやっているので 利用者さんが亡くなるとつらい (40代・三重県・子ども2人)

つらいとき

子育て

・夫の協力が得られず、1人で子育てするのが精神的にも体力的にもキツいと感じたとき (30代・神奈川県・子ども1人)
・子どもに宿題やら明日の準備など、やるべきことをやらせるだけで時間を取られる (40代・大阪府・子ども2人)
・子どもの機嫌が悪く、あやすときの抱っこが長いとき (30代・青森県・子ども2人)
・ワンオペで平日はすべてをひとりでやっていること (30代・大阪府・子ども2人)
・子どもがふたりになって、ひとりでは手に終えないときがある (30代・福井県・子ども2人)

ミス

・仕事でミスをした時 (30代・滋賀県・子ども3人)
・洗濯や料理など、家事で失敗したとき (40代・愛知県・子ども1人)
・ミスをしてしまったとき (30代・千葉県・子ども2人)

仕事と子育ての両立

・仕事と子育てに追われて自由な時間がない。休日でも母親業に休みはなく、疲れが取れない (30代・栃木県・子ども4人)
・子育てしながらの仕事なのでシンプルに大変 (30代・長崎県・子ども3人)
・妊娠中なので、育児や家事、仕事にと体力の限界を感じる (30代・福岡県・子ども1人)
・仕事のトラブル、子どもの熱などいろんなことが重なってしまったとき (40代・宮城県・子ども2人)
・子どもがグズったり、仕事では壁にぶつかったりすると、仕事と家庭の両立が難しくつらい (30代・茨城県・子ども2人)
・家事や用事がたまり、スムーズに物事が進まない時 (30代・大阪府・子ども3人)

考えすぎる

・こうやったらまた何か言われるかもと考えすぎて気疲れする (40代・沖縄県・子ども1人)
・真面目に考えてしまって、手を抜けない (40代・福島県・子ども2人)
・色々と考えすぎて心に余裕がない時がある (30代・東京都・子ども1人)
・眠れない夜にいろいろ考えてしまい、朝になってしまうことも (30代・埼玉県・子ども1人)

忙しい

・スタッフが欠員になって仕事量が増えたり、スタッフの機嫌が悪くなったとき (40代・香川県・子ども3人)
・家事と育児と仕事で忙しいとき (40代・茨城県・子ども3人)
・1日24時間じゃ足りないくらい忙しいとき (30代・愛知県・子ども2人)
・トイレに行くのも忘れるくらい忙しいとき。朝トイレ行ってから気づいたら夕方だったということもしばしば (40代・和歌山県・子ども2人)

余裕がないとき周りにどう見えてる?気づいた時の対処法

気持ちの問題

・自分の思い通りに1日のスケジュールが進まずイライラする (40代・京都府・子ども1人)
・この場から消えてしまいたいと感じる (30代・千葉県・子ども1人)
・家事、子育て、親の看病としんどいから (40代・兵庫県・子ども2人)

休めない

・社員がただでさえ欠員状態なので体調不良でも休めない (40代・千葉県・子ども2人)
・仕事が繁忙期に入り体力がもたずに、ヘトヘトになってるにもかかわらず、さらに自宅でも家のことをやらなくてはならない。もう何もしたくないという気持ちになってしまう (40代・埼玉県・子ども2人)

ひとりの時間が欲しい

・ひとりで居たい時が頻繁にあり、 人付き合いがしんどくなる (30代・兵庫県・子ども1人)
・仕事は楽しいし好きだけれど、休日は平日にためた家事をこなさなきゃならないのが大嫌い!  ひとりでゆっくりする時間が欲しい、ストレスがたまりまくってアトピー性皮膚炎が悪化 (40代・東京都・子ども1人)

人間関係

・仕事でもママ友とでも、対人関係で極度に気を遣う必要があるときがつらい (30代・岐阜県・子ども3人)
・部署間でのトラブル、ママ友とのトラブル、夫婦喧嘩と人間関係に何かあると落ち込む (30代・東京都・子ども1人)

つらいとき

陰口

・陰口が聞こえてきた時 (40代・北海道・子ども1人)

完璧主義

・親として完璧じゃないと駄目だと思っているので、睡眠時間を削って家事や子育てをして (40代・埼玉県・子ども2人)

体調不良

・腰痛や背中の痛みで朝起きるのがつらい。家事がタダ働きだと感じてしまうと精神的負担に (40代・千葉県・子ども2人)

裏切られる

・信頼していた人に裏切られる事 (30代・東京都・子ども3人)

コロナの影響

・新型コロナの状況が読めないので、この先どうなっていくのか不安に押しつぶされそうになる (40代・千葉県・子ども2人)

家族のこと

・病気で亡くなった夫のことを思い出す時や、 子どもが言うことを聞かないときひとりでつらい気持ちになる (30代・福岡県・子ども1人)

眠い

・子どもが3人いるから眠くても寝られない時 (40代・茨城県・子ども3人)

頼まれる

・面倒なことを頼まれる時 (40代・兵庫県・子ども2人)

意地悪な人にありがちな特徴|適度に上手に付き合うには?

理不尽

・理不尽な事が起きたとき (30代・神奈川県・子ども2人)

【体験談】つらいと感じる時におすすめの対処法を聞いてみよう

対処法としては「寝る」、「リフレッシュ」、「美味しい食べ物を食べる」など様々でした。公認心理師・小高千枝さんも「対処法は自分の中でいくつか用意することをおすすめします。例えば私の対処法はウォーキング!と決めてしまうと、それに依存してしまい何かしらの理由でできなかった場合、またそれが“つらい”と感じてしまうからです」と。

寝る

・つらいことから逃げるように寝る (40代・千葉県・子ども2人)
・ちょっとでもいいから寝て忘れる (40代・茨城県・子ども3人)
・夕飯の片付けもせず寝る (40代・埼玉県・子ども1人)
・睡眠をとったり、子どもと同じ時間をすごしてリラックスできる時間を作る (40代・埼玉県・子ども2人)
・つらいときは、大嫌いな家事はしないで昼寝する。寝れば直る (40代・千葉県・子ども2人)

周りに頼る

・家事の手を抜いたり、夫や両親に頼ること (30代・福岡県・子ども1人)
・身内に相談したり、手伝ってもらう (30代・大阪府・子ども3人)
・つらい内容により頼れる人に頼る (30代・福井県・子ども2人)
・友達に頼って愚痴を聞いてもらう (30代・滋賀県・子ども3人)

リフレッシュ

・ネイルやマッサージなどに行き気分転換する (30代・東京都・子ども1人)
・休みの日はできる限り、病院や整体、美容院などの予定を入れて外出する。 家にいると夕飯や・お弁当の作り置き、水回りを中心にあらゆる場所の掃除などが気になり休みの日のほうがどっと疲れる (40代・東京都・子ども1人)
・できれば友達と買い物やランチに行く。 時間がなければ家で好きな音楽を聴いたり映画を観てつらいことから離れる (30代・兵庫県・子ども1人)
・気晴らしに自分のものを買いに出かける (30代・群馬県・子ども2人)

なんか疲れた 感じる 原因 理由

(C)Shutterstock.com

「なんか疲れた」と感じたときに試してほしいこと

お酒

・子どもが寝てからお酒を飲む (40代・大阪府・子ども2人)
・1日の疲れと、嫌な思いをビールで流し去る (40代・島根県・子ども2人)
・まずは帰ったらビール! (40代・和歌山県・子ども2人)
・本当につらい時は泣いてスッキリさせる。日々のつらさは酒を飲んで忘れる (30代・岐阜県・子ども3人)

考えすぎない

・あまり考えこまないようにしたり、友達や知人に愚痴をこぼす (40代・埼玉県・子ども1人)
・あまり終わった事は考えないようにして、前を見るよう心がけている (40代・愛知県・子ども2人)
・なるべく考えないようにする。鈍感力も必要かなぁと (30代・神奈川県・子ども2人)

美味しいものを食べる

・家族で外出したり、美味しいものを食べると気が紛れる (40代・茨城県・子ども3人)
・横になれる時に睡眠を取tたり、好きな物だけを食べて癒される (30代・栃木県・子ども4人)
・いつもよりちょっとお高いお肉など美味しいもの食べて元気出す (30代・神奈川県・子ども3人)
つらいとき

愚痴

・夫や友達にただただ愚痴を聞いてもらう (40代・福島県・子ども1人)
・親に愚痴をもらしてスッキリする (30代・神奈川県・子ども1人)

言い聞かせる

・こういうときもあるさ!と自分に言い聞かせる (40代・大阪府・子ども2人)
・もっと大変なことだってこの先あるから大丈夫!だと自分に言い聞かせる (30代・愛媛県・子ども4人)

やるべきことをやる

・つらかったとしてもやるしかないので、ひたすら必死にやるのみ (30代・大阪府・子ども2人)
・つらい気持ちを忘れられるくらい、自分の仕事を黙々とこなすのみ (40代・香川県・子ども3人)

諦めない心を育てる方法とは。成功した姿をイメージしスモールステップの目標を設定しよう

音楽

・音楽を聴いたり、大声で歌ったりする (30代・埼玉県・子ども1人)
・音楽を聴いて歌って、踊って考えないようにする (40代・沖縄県・子ども1人)

頑張りすぎない

・家事や育児でつらい時は手を抜く。ご飯は外食でも構わないし、掃除や洗濯だって1回分サボってもなんてことはない(30代・茨城県・子ども2人)
・昼間のお一人様時間はゆっくり大切に過ごす (40代・埼玉県・子ども2人)

待つ

・事態が悪化しないよう、じっと時が過ぎるのを待つ (30代・福岡県・子ども1人)
・つらいことに真正面からぶつからず、好きなことをして時が過ぎるのを待つ (40代・宮城県・子ども2人)

ゲーム

・現実世界がつらい時はゲームでワープする (30代・愛知県・子ども2人)

説明の仕方を変える

・仕事でトラブルがあった時は、対大人と思わず子供と接するように詳しく説明する (30代・東京都・子ども1人)

栄養ドリンク

・今を乗り切るため栄養ドリンクを飲んでテンションをアゲる (40代・千葉県・子ども2人)

メリハリをつける

・家では仕事の話をしない。ONとOFFのスイッチを使って気持ちの切り替えをする (40代・三重県・子ども2人)

モチベーション

・モチベーションを上げて乗り切る (40代・大阪府・子ども2人)

子どもと過ごす

・つらい時は子どもと過ごすと、親として頑張らなきゃと強くなれる (30代・東京都・子ども1人)

最後に

公認心理師・小高千枝さんは「女性の脳は男性より左右の脳の連動がいいんです。そうなると情報が多分に行き交い、様々な状況が脳裏に浮かぶため、細部まで気づいてしまうことが“つらい”の引き金に」と話します。「“つらい”と感じた時は自分を俯瞰で受け止めて、本題を見つめます。そうすると自分なりの“つらい”に陥るメカニズムが見えてくるので、負のルーティーンから抜け出せるようになります」(小高さん)。「つらい」を感じ取るきっかけが理解できると、事前回避もできるかもしれませんね。

写真/(C)Shutterstock.com

公認心理師/心理カウンセラー・メンタルトレーナー・コーチ・キャリアカウンセラー

小高千枝

「小高千枝メンタルヘルスケア&マネジメントサロン」主宰。女性の自立と自律の支援活動に注力しカウンセリングはリピーターが多く、著名人からの支持も厚い。報道番組でのコメンテーター、バラエティ番組での心理分析などTV出演多数。著書に「本当の自分に目覚める体癖論」(主婦と生活社)他。
HP FB Instagram

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事