「お世話様」の意味を正しく理解できてる?類語や返し方、英語表現などをご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.07.27

「お世話様」の意味を正しく理解できてる?類語や返し方、英語表現などをご紹介

「お世話様です」と会話の流れで何気なく使っている人はいませんか。本来の意味を知らないままでいると、相手を不快な気持ちにさせてしまうかもしれません。 「実際にどのような場面で使用するのが適しているのか」「そもそもビジネス用語として使用してもいいのか」と使いどころに悩む言葉でもあります。そこで本記事では「お世話様です」の意味と正しい使い方や返し方、類語、英語表現などシーンにあわせた例文を用いながらご紹介します。

Tags:

【目次】
 ・「お世話様」はどのような言葉なのか?
 ・「お世話様」の類語とその違い
 ・「お世話様です」への正しい返し方をご紹介
 ・「お世話様です」の表す英語とは?
 ・「お世話様」は場面や相手に応じて使おう

「お世話様」はどのような言葉なのか?

「お世話様です」の言葉は「です」がついているので、なんとなく丁寧な表現に感じます。実際はこの言葉にどのような意味があるのでしょうか。

お世話様

まずは「お世話様です」の意味と正しい使い方についてご紹介します。

■お世話になったことに感謝を伝える

「お世話様です」は相手にお世話になったり、手助けをしてもらったりしたことに対し、お礼やねぎらいの気持ちを込めて感謝を伝える言葉です。「お世話になっております」に似た意味を持つものの、必ずしも同じシーンで使える言葉ではありません。

簡略した言葉と認識して気軽に使っている人がいますが「お世話様です」は、目上の人が目下の人に使用する言葉です。自分と相手との関係性や状況によっては、不快な気持ちにさせてしまうので使い方には注意が必要でしょう。

また、軽い挨拶の代わりとして「お世話様です」を使っている人もいますが、本来の意味は上記の通りです。ビジネスシーンで同じように使用するのは避けましょう。

■「お世話様」は敬語ではない

「お世話様です」は敬語ではありません。丁寧な表現に感じますが、尊敬や謙譲の意味は含まれていないのです。

丁寧な表現が必要な場合は「お世話になっております」を使いましょう。また「お世話様です」には「ご苦労様」のねぎらいの意味が含まれています。

自分よりも目上の人に使うのは不適切なので、この場合も「お世話になっております」や感謝やねぎらいを表現する言葉に置き換えて「ありがとうございます」を使いましょう。

■「お世話様」の正しい使い方と使用例

「お世話様です」は、目上の人が部下に対して感謝やねぎらいの気持ちを表す言葉として使われます。または配達業者など、上下関係のない相手に使うことも可能です。

例えば配送業者が配達時によく使う「お荷物をお届けにまいりました」に対しては「いつもお世話様です」が正しい使い方となります。また「お世話様です」といった軽い挨拶に対しては「こちらこそお世話様です」とそのまま返すのが一般的な使い方です。

「お世話になっております」に比べて敬意の薄い表現であるため、ビジネスシーンで使われることは少ないでしょう。

■「お世話様」を使用NGな場面とは?

「お世話様です」を使用してはいけない場面にはどのようなものがあるのでしょうか。例えば「お世話様です。〇〇会社の〇〇です」とメールなどに記載するのもNGです。

取引先相手は目上であり「お世話様です」は使えません。「いつもお世話になっております」やこれから取引する相手であれば「お世話になります」と表記しましょう。

また上司に対して「昨日はお世話様でした」と伝えることも目上にあたる上司に対しては不適切です。この場合「昨日はありがとうございました」と表現すると感謝の気持ちが伝わります。

「お世話様」の類語とその違い

「お世話様です」と類似した表現に「お世話になっております」「ご苦労様です」「お疲れ様です」という言葉があります。正しく使い分けられるよう、それぞれの意味と違いを見ていきましょう。

お世話様

■「お世話になっております」との違いはニュアンス

まず「お世話様」と「お世話になっております」で最も異なるのがニュアンスです。どちらも面倒を見ていただいていることに対して、感謝の気持ちを表す点においては似ています。

「お世話様です」と同じ意味を指していますが、謙譲表現である「お世話になっております」は目上の人に使用することが可能です。「お世話様です」よりも敬意を含んだ丁寧な言葉なので「お世話になっております」はビジネスシーンなどの目上の人と会話する場面で使うのが一般的でしょう。

なお、「お世話になっております」の前に「大変」「平素より」「いつも」などシーンにつけ加えると、より豊かに感情表現が伝わりやすくなります。

■「ご苦労様です」「お疲れ様です」との違いは立場

「ご苦労様です」は、お世話になった相手の苦労をねぎらう気持ちを込めて使う言葉です。目上ではなく対等か目下、もしくは客の立場で店員や配達業者の方などに、挨拶代わりとして使われることが多いでしょう。

「お疲れ様です」は、相手の精神や肉体の負担をねぎらう意味で用いられています。ビジネスシーンでは社内の挨拶代わりとして使われていることが多く、目上の人に対しても使っても問題ありません。

ただし、社外の人に向けて使用する場合は表現やニュアンスが難しい部分もあるので、敬意を払うべき相手にはできるかぎり使わないようにしましょう。

「お世話様です」への正しい返し方をご紹介

「お世話様です」は相手から言われることもあるかもしれません。そんなときはどのように返答すると良いでしょうか。ここでは「お世話様です」への返し方を例文とともに紹介します。

お世話様

■目上の人に返す場合

目上の人に返す場合は、感謝やねぎらいの気持ちを汲み取り、こちら側も敬意を込めて言葉を返す必要があるでしょう。例文はお得意様やお客様からいただくケースが考えられます。

【例】
・「お世話様です。」-「こちらこそお世話になっております。」
・「お世話様です。とても良い商品が手に入りました。」-「ご利用いただきありがとうございます。」

なお、前後の文脈から挨拶代わりとして用いられている場合は、状況に合わせた挨拶で返答すると自然です。

■取引業者や配達業者に返す場合

配達業者などに挨拶代わりとして使用できることは前述の通りです。逆の立場でお客様から言われた場合、以下のような返答ができるでしょう。

【例】
・「いつもお世話様です。」-「こちらこそ、いつもありがとうございます。」
・「お世話様です。早めに届けていただき助かりました。」-「いえいえ、またよろしくお願いいたします。」

返答に決まりはありません。お客様からいただいた言葉に対して、気持ちの良い返答を心がけましょう。

■友人や同僚に返す場合

友人や同僚に返す場合は、同じように「お世話様です」と返答して問題ありません。目上の人でなければ、挨拶代わりとして使用できます。ただし、親しい間柄であれば「お世話様です」は少し堅苦しい印象を与えます。

「お世話様です」の表す英語とは?

最後に「お世話様です」の英語表現を2つ紹介します。英語表現も覚えておくと、外国の方にも感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

お世話様

英語表現の例文:1

I appreciate your hard work.(お手間をかけていただきありがとうございます)

appreciateは「感謝する」という意味をもち、thankよりもフォーマルな表現になります。感謝やねぎらいの気持ちを伝えたいときに使えるでしょう。

英語表現の例文:2

Well done.(お世話様です)

日常生活に活用できる親しみを込めたカジュアルな表現になります。「ご苦労様です」という言葉に近いため、目上の人には使用しないよう気をつけましょう。

「お世話様」は場面や相手に応じて使おう

お世話様

「お世話様です」とは相手に感謝の気持ちを伝える言葉ですが、ねぎらいの意味も含まれるため、目上の人には使用できません。ビジネスシーンでは不快な気持ちにさせる可能性があるので、場面や相手に応じて適切な言葉を選びましょう。

また、相手から「お世話様です」と言われた場合は感謝の言葉として受け取り、こちら側も感謝の気持ちを伝えることが大切です。この記事を読んで「お世話様です」の例文を参考に、正しい使い方や返し方をマスターしましょう。

関連記事

「お世話になりました」の正しい意味とは?言い換え表現や英語表現もチェック
「感謝します」を最上級に表現するには? 言い換えやメールでの表現も紹介

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事