乳酸菌飲料のおすすめ。摂取するベストなタイミングや期待できる効果って? | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLEヘルス

2021.11.12

乳酸菌飲料のおすすめ。摂取するベストなタイミングや期待できる効果って?

免疫力を高めることが注目されている今。免疫力アップが期待できる乳酸菌に注目している人は少なくないのでは?乳酸菌が含まれる食品は多くありますが、その中でも一番手軽にとることができるのが乳酸菌飲料だといわれています。今回はそんな乳酸菌飲料のおすすめを厳選してみました。乳酸菌の効果や摂取するタイミングについても、合わせて解説していきます。

Tags:

【目次】
そもそも「乳酸菌」とは?
乳酸菌飲料に期待できる効果
乳酸菌飲料の選び方
おすすめの乳酸菌飲料

そもそも「乳酸菌」とは?

身近に存在する腸内細菌

乳酸菌とは一般的に、「糖を利用し乳酸菌を作り出す微生物の総称」だと言われています。

乳酸菌は私たちも周りにある微生物だそうで、よくイメージされるヨーグルトやチーズだけでなく、漬け物や味噌、醤油などの製造にも関わっているそう。

ヒトの腸内にも存在していて、善玉菌の代表的な細菌とも言われているのだそうです。

乳酸菌飲料は手軽に乳酸菌を摂ることができる

乳酸菌飲料のメリットは美味しく手軽に、そして効率よく乳酸菌を摂取できるところだといわれています。

乳酸菌と合わせて電解質が含まれたドリンクや、プロテインに乳酸菌や酵素が含まれているものなども販売されているようなので、期待する効果に合わせた乳酸菌飲料をチョイスすることが推奨されているそうです。

乳酸菌飲料に期待できる効果

乳酸菌飲料に期待できる効果
(C)Shutterstock.com

便秘や下痢の解消

私たちの体の中には善玉菌と悪玉菌が存在していますが、その中の善玉菌は有害な物質を体外に運ぶ役割をしているのだそう。

そのため、この善玉菌をいかにコントロールするかがカギになります。

運動や水分不足、ストレスなどにより腸内の善玉菌が減少すると、腸内環境が悪化し便秘や下痢を引き起こす原因に。これを解消するためには、善玉菌を増やすことが必要になるのだそうです。

乳酸菌は善玉菌の増殖に貢献してくれるといわれています。善玉菌が増えれば悪玉菌が減少し腸内環境の働きが復活。便秘や下痢は腸内環境の悪化を知らせる腸からのサインなので、見過ごさず、乳酸菌を摂取して腸の健康を目指していきたいですね。

肌の調子を整えてくれる

肌荒れには生活習慣やストレスなど、さまざまな原因があるといわれていますが、腸内環境の悪化が原因の場合、腸内環境を整えることで肌荒れの解消につなげることができるのだそう。

乳酸菌を摂取することで、それが善玉菌の栄養となり、正常な腸内環境を維持しやすくなるといわれています。

それにより体内からきれいになり、自然と肌荒れしにくい状態を保つことができるようになるのだとか。スキンケアによる美肌作りと合わせて、乳酸菌を摂って体内から美しい肌を育てることもひとつの方法です。

アレルギーの抑制や免疫力アップ

乳酸菌は花粉やウイルスなどのアレルギー症状を抑えることができるとも考えられているのだそう。

アレルギー物質に体内の免疫細胞が敏感に反応することでくしゃみやせきなどの症状が出ますが、乳酸菌の成分が過剰な反応を落ち着かせてくれるため、アレルギー症状の緩和としても効果が期待できるのだそうです。

また免疫力アップも期待できるため、健康維持のためにも乳酸菌は積極的に摂取していきたいところです。

睡眠の質に効果的なものも?

睡眠の質に効果的なものも?
乳酸菌には、睡眠の質を向上させてくれるものもあるのだそう。

ヤクルトが発売している「ヤクルト1000」には、乳酸菌シロタ株がヤクルト史上最高の一本あたり1000億個も含まれており、「睡眠の質(眠りの深さ・すっきりとした目覚め)を高める」効果が期待できるのだとか。

睡眠の質を高める以外にも、「一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレスをやわらげる」ことや「腸内環境を改善する機能」もあるのだそうです。

乳酸菌は夕食後にとるのがベスト!

乳酸菌は夕食後にとるのがベスト!
せっかく体にいい乳酸菌なら、より効果的に摂って健康を目指したいですよね。

Y’sサイエンスクリニック広尾 統括院長の日比野佐和子先生によると、腸は寝ている間に消化吸収を行うため、乳酸菌は夕食後に摂るのがベストなのだそうです。

乳酸菌飲料の選び方

効果や効能で選ぶ

一般的に乳酸菌飲料には、さまざまな種類の乳酸菌が含まれているといわれています。

どの乳酸菌も整腸作用はあるといわれているそうですが、より自分が求める効果を得られるものを選ぶのがおすすめされています。

もしダイエット効果が欲しいというのなら、カロリーや脂肪分が少ない乳酸菌飲料がGOOD。脂肪の燃焼をサポートするとうたっている乳酸菌飲料も販売されているようなので、チェックしてみると良いでしょう。

また、体調を気遣うのなら「免疫力アップ効果」がある乳酸菌飲料を選びましょう。花粉症を緩和したい場合は、「ラムノーサスLGG」や「ビフィズス菌BB536」、「アシドフィルス菌L-55」、「L-92乳酸菌」などが推奨されているようです。

飲みやすさや継続のしやすさで選ぶ

効果効能も大切ですが、飲みやすさや継続のしやすさというのも大事な要素です。

乳酸菌は一回摂ったからといって、体調が万全に回復するというものではないため、日々継続して飲み続けることが重要だといわれています。

そのため、飲むことが苦痛でない味のものや、毎日続て飲むことができるお値段であるものなどを考慮して、継続できる乳酸菌飲料を探してみましょう。

おすすめの乳酸菌飲料

【ストレス緩和・睡眠の質向上】ヤクルト|ヤクルト1000

生きて腸内まで達成する乳酸菌 シロタ株が一本に1000億個も入っている、ヤクルト史上最高菌数・最高密度の乳酸菌飲料。「睡眠の質の向上」や一時的な精神的ストレスがかかる状況での「ストレス緩和」などの効果が期待できる。

【乳酸菌とオリゴ糖のW効果】ヤクルト|ヤクルトW

【乳酸菌とオリゴ糖のW効果】ヤクルト|ヤクルトW
(写真左) 100ml

乳酸菌 シロタ株が一本に300億個、そして腸内の乳酸菌を増やすガラクトオリゴ糖2.5gがダブルで含まれた乳酸菌飲料。甘さが控えめで飲みやすく、脂肪ゼロなのも嬉しい。

【カラダをバリアする】大塚製薬|ボディメンテドリンク

【カラダをバリアする】大塚製薬|ボディメンテドリンク
500ml

「飲んでカラダをバリアする」がキャッチフレーズの、大塚製薬から発売されているボディメンテドリンク。「乳酸菌B240」と「電解質」を同時に摂ることができ、体調管理をサポートしてくれる。免疫力を高める乳酸菌B240を摂ることにより、唾液中の免疫物質IgA分泌液が増え、ウイルス・細菌などの病原体に対してバリア機能を果たす効果が期待できるのだそう。また、体液の組成に近い電解質のイオンが入っているため、体の水分量もキープしてくれる。グリーンシトラス風味のすっきりとした後味。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事