誰かに「必要とされたい」と感じることはある?100人のエピソードと対処法を紹介【心理カウンセラー監修】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2020.12.03

誰かに「必要とされたい」と感じることはある?100人のエピソードと対処法を紹介【心理カウンセラー監修】

仕事で、家庭で、「人に必要とされたい」「求められたい」と思うのは、自然なこと。では、みんなはどんなときに感じて、どう解消しているのでしょうか。心理カウンセラーの実践アドバイスも参考に。

【質問】あなたは誰かに必要とされたいと感じるときはありますか?

「よくある」「たまにある」と答えた人をあわせると6割超え。「必要とされたい」と感じるのは、とても普通の感情で、それと上手につきあっていくのも大人にとって必要なことといえそうです。

必要とされたい

「よくある」…22.5%
「たまにある」…39.2%
「ほとんどない」…30.0%
「ない」…8.3%

※アンケートは30〜45歳の日本全国の有職既婚女性を対象にDomani編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

【体験談】誰かに必要とされたいと思うシーンはどんなとき?

仕事や子育て中に感じる人が多いようですが、ふとネガティブな感情がわき上がったときなどにも、強く感じることがある様子。何かに失敗したとき、自信をなくしたとき、などがそのタイミングのようです。

仕事

・仕事で唯一無二の存在になりたい (30代・大阪府・子ども1人)
・職場で失敗してしまったとき(30代・福岡県・子ども2人)
・仕事など社会的な立場で必要とされたい (30代・愛知県・子ども3人)
・仕事をしていない期間、社会的に存在価値があまりないような気がする (30代・北海道・子ども2人)
・仕事上で後輩から頼られたらうれしいのにな……と思うことなどはあります(40代・大阪府・子ども1人)

必要とされたい「出世したくない?出世したい?」女性100人に聞いた意見と臨床心理士の解説を紹介

暇なとき

・家でぼーとしているとき (30代・神奈川県・子ども2人)
・暇なとき (40代・静岡県・子ども2人)
・家にいるとき (40代・埼玉県・子ども2人)
・家庭で (40代・千葉県・子ども1人)
・自分の手があいてるとき (30代・愛知県・子ども3人)

ネガティブな気持ちのとき

・さびしいとき。自信をなくしたとき (30代・愛媛県・子ども1人)
・孤独を感じたとき (30代・埼玉県・子ども1人)
・自分が精神的に弱っているとき (40代・大阪府・子ども3人)
・自分が仲間外れにされているような気がするとき (30代・愛媛県・子ども2人)
・自分だけが取り残されていると感じるとき (30代・新潟県・子ども3人)
・自分に自信がなくなったとき (40代・福岡県・子ども2人)
・寂しいとき (40代・福島県・子ども2人)

子どもに

・子ども (40代・奈良県・子ども2人)
・娘に (30代・滋賀県・子ども1人)
・子どもが甘えてくるとき (30代・神奈川県・子ども2人)
・子どもたちが困っているのを感じたとき (40代・福岡県・子ども3人)

必要とされたい「心が満たされない」って思うことはある?100人に聞いたアンケート結果と専門家による解決方法を紹介

子育てで

・ひとりで育児をして閉じこもっているとき (30代・東京都・子ども1人)
・育休中 (30代・東京都・子ども1人)
・子どもがまだ小さいので (30代・神奈川県・子ども1人)
・子どもたちが小さいので。まだまだ親の手が必要だから (40代・鳥取県・子ども2人)

社会との繋がり

・決まった場面はないが、社会から必要とされたいとは漠然と思う (40代・東京都・子ども4人)
・子育て中心なので社会で必要とされたい (30代・福岡県・子ども1人)

いつでも

・四六時中 (40代・神奈川県・子ども1人)
・子どもや夫、友達が困っているときは頼ってほしい (40代・千葉県・子ども1人)
・周りで困っている人がいるとき (40代・東京都・子ども1人)

悩み相談など

・会社ではもちろん、子どもの小学校や保育園の他のママたちから悩みを相談されたりすると頼りにされているような気がして、少しうれしい (40代・千葉県・子ども2人)
・聞いてほしいとき (40代・佐賀県・子ども1人)
・他の人がわからなかったり、困ったり使ているときに、自分の知っている知識や知見を教えたいと思う (30代・愛知県・子ども1人)

やる気があるとき

・やる気が出てるとき (40代・広島県・子ども3人)

コミュニケーション不足

・何も話してもらえないとき (30代・福岡県・子ども2人)

人の役に立っている実感がないとき

・家庭や職場で、人の役に立てている実感がもてないとき (40代・滋賀県・子ども3人)

友人に

・友達が生活が厳しそうなとき。お金の支援ではなく、ちょおとしたお菓子をプレゼントしたい(30代・愛知県・子ども1人)

必要とされたい100人に聞きました!マメな人の特徴とは?実際にあったエピソードと心理カウンセラーの解説も紹介

心理カウンセラーとして実績のある吉野麻衣子さんは、「必要とされたい」心理の本質が「自分の存在価値や存在意義を得られることが最上級の幸せ」というところにあると、話します。

誰かから必要とされたり、注目をされたり、感謝されたり、愛情を向けられたりといった行為が、最も幸福感に満たされるようになっています。特に女性は、原始時代からコミュニティをつくり、その輪の中で他者との協力関係を得ることができなければ、生き残れないため、誰かからの評価を無意識のうちに重要視する傾向があります。

子どものときは、親や親戚が身近にいたり、学校というコミュニティがあり、そこには先生がいたりと、気づかないところで自分を守り、認めてくれる存在がいたものです。が、社会に出ると、自分の力で認められる存在になってくことが求められます。

そのため、より強く必要とされたい意識と危機感が自然に働きやすいといえます。人間の脳がつくられた時代から続いているため、現代においても、なかなかそう簡単には変わらないものです」(吉野麻衣子さん)

誰かに必要とされたい気持ちを解消するには?

では、「必要とされたい」と感じたときの対処法には、どんなものがあるのでしょうか。仕事から睡眠、ペットなどまで、オン・オフにわたって広い解消法があげられました。

仕事

・仕事をする (40代・福島県・子ども2人)
・一生懸命働く (30代・香川県・子ども2人)
・仕事を頑張る (40代・福島県・子ども2人)
・副業すること (30代・東京都・子ども1人)

必要とされたい仕事ができる人ってどんな人?専門家が教える〝2つの特徴〟とは

コミュニケーションをとる

・仲のいい友達にグチをいう (30代・大阪府・子ども2人)
・友達にメールする (40代・東京都・子ども1人)
・相手の話を聞いてやること (40代・佐賀県・子ども1人)
・話を誰かに聞いてもらう (30代・愛知県・子ども1人)

リフレッシュ

・ほかのことをして気持ちを切り替える。散歩する、ヨガをするなど (30代・愛媛県・子ども1人)
・美容院に行く (30代・神奈川県・子ども1人)
・特に解消しようとはしていませんが、ストレスを溜めないようにエステやマッサージ、ヘッドスパに行ってグチらせてもらったりすることがあります (40代・大阪府・子ども1人)

眠る

・考えすぎずに眠る (40代・東京都・子ども4人)
・寝る (30代・神奈川県・子ども2人)
・睡眠時間を長くする (40代・大阪府・子ども3人)

必要とされたい【新型コロナ対策】政府が推奨する「十分な睡眠」とは何時間なのか

あきらめる

・できる限り頑張るが、無理な部分は仕方ないと思いあきらめる (30代・愛知県・子ども3人)
・あきらめます (40代・愛知県・子ども2人)

子どもと遊ぶ

・子どもたちと遊びます (30代・北海道・子ども2人)
・子どもたちから話したくなるような言葉をかける (40代・福岡県・子ども3人)
・子どもをハグする (40代・神奈川県・子ども1人)

ペット

・ペットと添い寝 (40代・愛知県・子ども2人)
・ペットを溺愛する (40代・埼玉県・子ども1人)

前向きに考える

・ポジティブ思考 (30代・愛媛県・子ども2人)
・向上心をもち頑張ること (30代・福島県・子ども3人)

やることを見つける

・何かやることを見つける。掃除とか (30代・愛知県・子ども1人)
・言われないけど自分からやる (40代・広島県・子ども3人)

漫画を読む

・漫画を読む (30代・徳島県・子ども3人)
・恋愛漫画に没頭します (30代・滋賀県・子ども3人)

必要とされたいワーキングマザーたちが自分時間に観る映画&読む本10選

趣味を楽しむ

・花を育てる (40代・千葉県・子ども1人)
・趣味に没頭する (40代・静岡県・子ども2人)

アニメをみる

・アニメをみる (30代・埼玉県・子ども1人)

お酒

・好きなお酒を飲む (30代・岡山県・子ども1人)

アピール

・さりげなく仕事のメンバーにアピールする (40代・福岡県・子ども2人)

スポーツ

・スポーツなどをしてストレス発散する (30代・茨城県・子ども3人)

必要とされたい〝体力がつく〟効果的なトレーニングとは!? 専門家が教えるとっておきの方法

気にしない

・その場が過ぎたら忘れるタイプなので、気にしてない (30代・愛知県・子ども1人)

意見を伝える

・「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」をきっちり行い、自分の意見を伝える (30代・大阪府・子ども1人)

家族に尽くす

・家族に尽くします (30代・神奈川県・子ども1人)

相談

・家族への相談 (30代・福岡県・子ども1人)

家事

・ごはんを作る (40代・京都府・子ども1人)

好きなものを食べる

・好きなものを食べ飲みする (30代・東京都・子ども1人)

必要とされたい100人に聞きました!「自分に甘い」と思うことはある?自分に甘い人の特徴・体験談・対処法を紹介

「子どものころや過去に感じた『人から愛されていたこと』を思い出して、全身で感覚を味わうことも大切です」とアドバイスするのは、心理カウンセラーの吉野麻衣子さん。その実践方法を詳しく聞きました。

「心理療法の中でときどき行うことなのですが、瞑想にも近いものです。まず、目を閉じて完全にリラックスして座ります。その状態で、五感すべてを働かせて『今この瞬間』を感じ取り、そこから、幼少期などに『人から愛されて幸せだったこと』を思い出します。その上で、そのときの感触を五感で再度、感じ直します。

そうすると、全身でそのときの幸せで満ち足りた感覚を、再度感じることができて、それに似た感覚になれるものを想像し、そこに自分の身を置いていけるようにしていくのです。

また、お子さんや動物と触れ合うことも有効です。子どものほうもメンタル面で安定しますし、母子ともにオキシトシンが分泌されて、幸せな気持ちを味わうことができます。お子さんはよりリラックスし、甘えてくれるようになるので、母親自身も存在価値をより強く感じることもできるようになります」

「感じる」ことを繰り返して自分に自信を

「誰かに必要とされたい」という気持ちはあって当然。「だからこそ、周囲と自分との実力差を感じたり、家族や周囲の人との人間関係が上手くいかないときなど、余計にその気持ちが増大して、つらくなります」と吉野麻衣子さん。

「不安になることなく、将来の自分に向けて、上で紹介したような<幸せな気持ちを五感で思い出し>、そして<体が忘れないように感じる>を実践して。すぐにはできないかもしれませんが、繰り返し実践することで、自分を客観的に見ることもできるようになりますよ」(吉野麻衣子さん)

写真/Shutterstock.com

あわせて読みたい
▶︎アラフォーになって「強がり」で後悔したことはない?読者100人と心理カウンセラーに聞いた対処方法を解説
▶︎アラフォー100人に聞きました!自分磨きのために何かしている?体験談と心理カウンセラーの解説を紹介

画像ALT

心理カウンセラー

吉野麻衣子

「SMART BRIDAL」代表/MBA婚活心理カウンセラー/モデル「MBA(経営学)・心理学・AI・オンライン」を融合させた、科学的根拠(エビデンス)に基づいた、戦略的婚活が可能な結婚相談所を経営。43歳で14歳年下3高男子と再婚。MBAと心理カウンセラーの資格をもち、さまざまな企業で経営側に立って部下を指導した経験と、多くの婚活&キャリア指導の経験を活かし、多くの独身男女の婚活を支援中。
▶︎HP
▶︎ブログ(毎日更新中)
▶︎公式LINE
▶︎TouYube

 

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事