生真面目とはどういうこと?長所と短所から付き合い方を知る | Domani

Domani

ニッポンのワーママはかっこいい!

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
  • search
 

LIFESTYLE自分磨き

2020.05.22

生真面目とはどういうこと?長所と短所から付き合い方を知る

生真面目な性格であることに自分でも息苦しさを感じていませんか?真面目であるという美点を大切にしつつも、柔軟な思考を得ることで気持ちに余裕が生まれます。生真面目な人の特徴や改善方法をチェックして実生活に活かしましょう。

Tags:

【目次】
生真面目ってどういうこと?
生真面目な人の長所とは
生真面目な人の短所とは
より柔軟に考えるには?

生真面目ってどういうこと?

生真面目とは

「あなたって本当に生真面目な人よね」と言われたとき、素直に喜んでよいものか悩んだ経験はありませんか?「真面目」という文字が入ることから悪い意味ではないと思いつつも、言われ方やシチュエーションによってはいい印象に受けとれないという場合も。そもそも生真面目とはどのような意味なのでしょうか?

「非常に真面目である」という意味

生真面目に含まれる「真面目」という言葉は「誠実」や「真剣である」という意味があります。物事へひたむきに取り組んでいるという褒め言葉として使用されることが一般的です。そして生真面目という言葉は「非常に真面目である」という意味を持ちます。しかし真面目さを強調する意味を持つことから、一般的には「融通が利かない」「冗談が通じない」という嫌味な意味で使われがちです。

真面目な性格であることは決して悪いことではありません。しかし、真面目過ぎてしまうとユーモアに欠けてしまい、周囲に扱いにくい存在と思われる可能性が高くなってくるということです。

真面目との違いとは

生真面目と称される人と真面目と称される人の大きな違いは「柔軟性」です。例えばイレギュラーなことが発生したとき、真面目な人は場面にあわせた柔軟な思考で対応します。一方、生真面目な人は今まで通りのやり方を貫き、融通が利きません

真面目な人と言われた場合は「誠実である」という誉め言葉として捉えられますが、生真面目な人と言われた場合は「融通が利かない人」という皮肉の意味が込められている場合があります。「過ぎたるは猶及ばざるが如し」というように、何事も適度なコントロールが重要です。生真面目だと称された場合は、柔軟性を取り入れることが求められます。

生真面目な人の長所とは

生真面目とは

生真面目という言葉にはネガティブなイメージがつきものですが、過ぎているだけで根本的には真面目であるという長所があります。また、真面目であるがゆえに「我慢強い」「妥協がない」というビジネスシーンで欠かせない魅力も持っています。

ストレス耐性があり我慢強い

生真面目な人は「一度決めたことはやり抜く」という我慢強さと責任感を持っています。自分の仕事を徹底してやり抜くのはもちろんのこと、他人のフォローも完璧にこなすため、プロジェクトのリーダーに抜擢されやすい存在です。

プライベートでつらいことや苦しいことがあったとしても、自分が設定した目標は頑として達成します。目標を達成するための努力は惜しみません。疲れている姿を見せたり弱音を吐いている姿を見せたりすることを嫌がります。ストレスを他人で発散しようとせず、自分で解消する方法を心得ているのです。

生活リズムが規則正しい

生活リズムが規則正しいのも生真面目な人の長所です。例えば、飲み会やプライベートな用事で就寝時間が遅くなると、翌日の朝はダラダラと寝過ごしてしまうこともありますよね。生真面目な人は、いつも通りの生活を大切にしているため、前日どれだけ就寝時間が遅くなろうとも、翌日はいつも通りの時間に目覚めます。

起床から就寝まで数々のルーティンを定めていることも特徴です。ルーティン通りの生活を送ることは、メンタルの安定や向上にも繋がります。生真面目な人が精神的に揺らぐことが少ないのは、規則正しい生活に基づいているからです。

自分にも他人にも妥協がない

自分に対してストイックに向き合えるのは、生真面目な人の最大の魅力です。現状の自分に満足せず、常に上を目指す努力をします。

ストイックさは自分だけでなく、他人と接するときにも発揮されます。上司や先輩の立場になると、中途半端なものに対して「もっとできるはずだ」と妥協を許すことはありません。部下や同僚には厳しい人に見られることもあります。しかし、妥協や甘えのない姿勢に刺激されることで、ストイックな精神や向上心を学ぶ人も多くいます。

生真面目な人の短所とは

生真面目とは

生真面目な人は、頑固で堅苦しい印象が強いです。柔軟性に欠けるため、トラブルが発生したときに「頼りにならない」という印象をもたれることもあります。

頑固で融通が利かない

一度決めたことをやり通す姿勢はすばらしいものですが、頑固さゆえに途中変更がきかず周囲を困らせてしまうことがあります。

生真面目な人は「~するべき」というこだわりが強い傾向です。周囲の人に「~したらどうですか?」とアドバイスされても、自分のこだわりに信念を持っており、融通が利かないため聞き入れることは滅多にありません。自分だけで作業を進める場合は問題ありませんが、周囲の人間と協力して作業する場合は、頑固さがトラブルのもとになることもあります。

臨機応変に対応できない

仕事をしていると、何もかも順調に進むときばかりではありません。ときには突発的な作業やアクシデントが発生することもあります。生真面目な人は、真面目さゆえにマニュアル対応は得意ですが、マニュアルに載っていないアクシデントの対応は苦手です。

固定作業や事務処理などマニュアル化された仕事は完璧にこなす一方で、クレーム対応や来客対応などマニュアル化できない仕事では、本領発揮できず思うように評価されにくいこともあります。

冗談が通じずムキになる

職場では、コミュニケーションの一環として冗談や軽口が飛び交うことはめずらしくありません。ときには、仕事中に「仕事なんてほっといて飲みに行きたいな!」なんて周囲の人がこぼすこともあります。

しかし、生真面目な人は冗談を真に受けてしまいがちです。「どうしてそんなことを言うんだ!」と感情的になってばかりいると、周囲の人間に「話しかけづらい」「冗談も通じないなんて」と思われてしまいます。円滑なコミュニケーションには、柔軟な思考が必要です。相手の言葉を真っ正面から受け止めるのではなく、シチュエーションにあわせた対応が求められます。

より柔軟に考えるには?

真面目モードの日に必ず味方になってくれる「セットアップ」

生真面目な人は、真面目であるという魅力を持っています。柔軟な思考が加われば怖いものなしです。柔軟に考えるためには、普段から「思考のクセづけ」をしてみましょう。

プロセスより成果を重視する

生真面目な人は、仕事の「結果」だけでなく「プロセス」にも全力で向き合っています。自分のルールや目標にのっとったプロセスを大事にするあまり、周りの人間にも同じものを求めてしまいがちです。「どうしてそうなるんだ」「そうじゃなくてこれが正しい」と押し付けてしまうと、相手は窮屈に感じ本来の実力を発揮できないこともあります。自分に対しても全てに完璧を求め、心苦しさを感じた経験があるのではないでしょうか?

仕事で大切なことはプロセスよりも結果です。プロセスを完璧に導くことや自分のルールに縛られていると感じたら、結果にだけ目を向けることを意識すると心苦しさから解放されます。

周囲のアドバイスを受け入れる

どんなときに心が折れる?いつもめげない人との違いとは

生真面目な人は、自分が正しいと感じたものだけを信じやすい傾向です。しかし、周囲のアドバイスを聞き入れることで、視野や可能性は今までより広がることがあります。物事は、自分1人で見るよりも、複数人で見たほうがさまざまな情報が得られます。自分だけが正しいと思っていても、自分が見ていなかった角度に思わぬ答えが隠れていることもあるからです。

自分の意見を大切にしつつも、他人のアドバイスも受け入れることを心掛けてみてください。結果的に自分の可能性を広げることに繋がるはずです。

今より少し肩の力を抜く

気分転換の方法10選!疲れたと感じたら実践してほしい簡単で効果的なリフレッシュ法

物事に100%全力で向き合う姿勢は称賛されることです。ただし、常に全力を出し切る状態では、いつかガス切れを起こしてしまいます。全力で走るためには、息抜きをすることも大切です。張りつめていると感じたら深呼吸をしたり、自分が好きなものを食べたりと、息抜きすることを心掛けてみましょう。

肩の力が抜けると、気持ちや表情に余裕が生まれます。メリハリも生まれて、狭くなっていた視野も開けるはずです。

あわせて読みたい
ネイビー×ストライプ柄の正統派ワンピースは、生真面目に見えすぎないツヤ素材で女っぽさをアップ
「尊敬」ってどういう意味?尊敬される人の特徴や尊敬の示し方を確認

写真/(C)Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事