Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTY ダイエット

2023.08.15

スリーサイズの黄金比って?正しい測り方と自分に合うサイズを知ろう

 

年齢別の平均値

年齢別にスリーサイズの平均値を見てみましょう。20~24歳はバスト81.5cm・ウエスト63.8cm・ヒップ87.9cm、25~29歳ではバスト81.7cm・ウエスト64.7cm・ヒップ87.6cm、30~34歳ではバスト81.4cm・ウエスト65.8cm・ヒップ87.7cmです。これより年代が上がっていくと、より全体的にサイズアップして体形がふっくらしていく傾向が強くなります。もちろん体形や身長に個人差があるため、上記の数値はあくまで目安です。単純に数値だけを見て良し悪しは判断できない点には注意しましょう。

身長・体重の平均値も

総務省からは男女別・年齢別の平均身長と体重の数値が公表されています。身長・体重はスリーサイズのとらえ方に大きく影響しているため、意識してみましょう。女性の場合は11歳前後、男性の場合は13歳前後から成長期が訪れて身長が伸びますが、男女ともに20歳前後になると横ばいです。体重は年代が上がるほどに平均値も増加傾向が見られます。とくに30代の女性に注目すると、平均身長は158.4cm、近年の平均体重は53.5kgと年々微増傾向です。

出典:統計局ホームページ/日本の統計 2015-第21章 保健衛生

スリーサイズの理想とは?

スリーサイズ 黄金比 測り方

スリーサイズの正しい測り方と平均値について分かったら、次はスリーサイズの理想的なバランスに着目しましょう。単に各部位の大きさではなく、バスト・ウエスト・ヒップそれぞれの差がどれくらいかで判断するのです。たとえ数値が大きめでも、スリーサイズの比率がよければメリハリのある美しいプロポーションに見えます。バスト・ウエスト・ヒップの理想の比率についてチェックしておきましょう。

ウエストとヒップの黄金比率

ワコールでは、女性の体形をV型・I型・X型・A型の4タイプに分類しています。バストが優勢であればV型、ボディラインがストレートであればI型、ウエストにくびれがあればX型、ヒップが優勢であればA型です。理想的なシルエットに最も近い体形はX型であり、バストとウエストに20〜25cm程度、ウエストとヒップに25〜30cm程度の差があればバランスのよい美しい体形に見えます。たとえ身長や体重が自分の理想から離れていても、体形が理想的な黄金比率に沿っていれば美しいボディラインになるのです。

くびれの作り方を徹底解説!腹筋だけでは作れない美しいウエストラインを生み出す方法

スリーサイズ以外の比率も

比率が整っているとボディラインが美しく見える箇所はスリーサイズ以外にもあります。ウエストを1とした時、肩幅が1.6であればバランスが整った美しい体形です。さらに女性が気になる箇所といえば太ももですが、太さは身長の0.3倍が理想的な太さといわれています。

ほっそりとして見える美脚に憧れている人は、ふくらはぎ・足首のサイズにも注目です。太もも・ふくらはぎ・足首の比率は5:3:2が黄金比であり、当てはまればしなやかでセクシーな足に見えます。なかなか足を測定する機会はないものですが、すらりとした足を目指したいなら一度メジャーで太もものサイズを測ってみましょう。

足を細くする方法を徹底解説!ポイントは4つ。シルエットをきれいに見せる裏技もご紹介 

海外における理想の体形

日本は細身で華奢なモデル体型を理想とする傾向がありますが、海外では痩せてスレンダーな体形は美しいというよりも、子どもっぽいと見られてしまうことがあります。海外で魅力的だとされる体形は、胸やお尻などつくべきところにはちゃんとお肉がつき、足首やウエストなど引き締まるべきところはキュッとくびれているメリハリボディです。

例えばアメリカでは日本人女性の標準体型はまだ痩せている部類であり、色白よりもヘルシーな小麦肌の方が人気のようです。他の国でも女性の美の基準は全く違います。さらに、現在海外では健康的でありのままの体形が理想的だという考え方が広まっており、無理に痩せることに固執せずに美を追求しているのです。

魅力的なボディラインを目指そう

理想のボディラインに近づきたい人は、スリーサイズのバランスをとるようにしましょう。ウエストやヒップの大きさが気になるからといって、単純にダイエットをするだけでは美しい体形になりません。スリーサイズをはじめ、体のさまざまな部位の黄金比を作ることを心がけることによって、魅力的な体形に仕上がるのです。美しいシルエットを目指すために心がけたいポイントをチェックしておきましょう。

スリーサイズ 黄金比 測り方

筋トレやストレッチを行う

しなやかで引き締まった体を作るためには筋トレやストレッチなどの適度な運動が必要です。とくに体重は平均に近い数値であるにもかかわらず、お腹周りやお尻のバランスが悪いと感じている人は、筋力不足によりたるみが生じ、スリーサイズの比率が崩れている可能性があります。自分の気になる体の部位に合わせて運動メニューを考えましょう。ウエストを引き締めるのであれば腹筋やプランク運動、ヒップを整えたい場合はスクワットがおすすめです。

ストレッチで痩せるって本当?ダイエット効果を高めるおすすめのメニューを専門家が伝授 

バランスが大事

スリーサイズの黄金比を実現するためには、全体のバランスを重視しましょう。モデル体型に憧れる人は多いですが、単純に細く痩せれば美しくなるわけではありません。人によっては、ウエストが細くてもバスト・ヒップの数値が低く、ボリュームアップさせる必要があるかもしれません。胸が大きくても他の箇所の数値が低ければ、アンバランスな印象になってしまいます。パーツ単体だけでは女性らしく美しい体は追求できません。調和のとれたスリーサイズを目指しましょう。

数字にとらわれすぎないで

人によって身長・体重・骨格など個人差があります。自分の年代や周囲の人の平均値だけを見て理想のスリーサイズを判断していては、「本当の意味での美しい体形」にはなれません。数字だけを見ていては、過度なダイエットなどの間違った努力をしてしまうこともあります。ときにはウエストを何センチ小さくするという目標よりも、かわいいスカートをはきこなしたい・水着を魅力的に着たいという目標の方が有効な場合もあるのです。数字の達成ではなく、どんな自分になりたいかというイメージを大切にしましょう。

これが人気の、はくだけで華奢見せ&ヒップアップを叶える【錯覚スキニー】

あわせて読みたい
まず「●●●」を決めること【医師・友利新さんから産後の体型管理についてアドバイス】
もっと早く知りたかったダイエットを成功させるための秘訣!失敗を回避する方法を徹底解説!

写真/(C)Shutterstock.com

1 2

▼あわせて読みたい



Read Moreおすすめの関連記事







スマートフォンプレビュー

【登録無料】
Domaniメルマガ会員募集中

管理職世代の通勤コーデ、明日は何を着る?子供の受験や習い事、
どうする?人気モデル、ハイセンスなDomani読者モデル、教育のプロたちから
発信されるタイムリーなテーマをピックアップしてお届けします。
プレゼント企画やイベント参加のスペシャルなお知らせも!