美人メイクのコツって?ここを押さえておけばよかったのか!というメイク術やアイテムをご紹介 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2020.11.13

美人メイクのコツって?ここを押さえておけばよかったのか!というメイク術やアイテムをご紹介

ぱっちりとした目、高い鼻などの「美人顔」。女性なら誰でも憧れますよね。実は、誰でも簡単に美人に見えるメイクはできるんです!美人顔の特徴から、ツヤ肌仕上げのベースメイク、アイメイク方法までまとめてご紹介します。

Tags:

【目次】
美人顔とは
目力も立体感も!美人見えを叶えるアイメイク
美人メイクの眉毛とは?
きめ細やかな美肌が「美人メイク」には必須
マスクでも美人見え!チークやリップはどうする?

美人顔とは

■美人顔の条件って?

一言で美人顔といっても、さまざまな条件が考えられます。共通する主な特徴や、どんな顔のことを指すのかなど、具体例を紹介します。

■美人顔の条件って?
・すっと通った鼻筋
外国人のように、鼻が高くて鼻筋が通っていることは、美人顔の持つ大きな条件の一つといえます。鼻筋がすっと通って見えるためには、単に鼻が高いだけでなく、それを際立たせる顔全体のほりの深さも必要です。

・シャープな顎
顎がある程度シャープできりっとした女性は、美人顔として見られやすい傾向にあります。シャープな顎は顔全体がすっきりとして見え、美しいラインだと感じるものです。

・理想のEラインができる
顔を横から見たとき、鼻の先端と顎の先端を直線で結んだラインを「エステティックライン(Eライン)」といいます。Eラインのやや内側に唇が入っている状態が、横顔美人といわれる条件です。顎が出ていたり唇が突き出している状態は、理想のEラインとは言えません。
鼻の低い人が多い日本人は、なかなかベストなバランスになりにくく、多くの人はどうしても唇がEラインから出てしまいます。

■顔のパーツのバランスがカギ

それぞれのパーツがバランスよく配置されていることも、重要なポイントです。

・生え際から顎までの理想の比率
黄金比とは、物事を直感的に、より美しく見せるといわれる比率のこと。「顔の黄金比」は、この黄金比を顔に当てはめたもので、以下のような条件とされています。この条件に多く当てはまるほど、美人顔であるとされています。

・おでこの生え際、眉頭、鼻の下、顎先のそれぞれの間隔が、上から1:1
・顔の横幅が、目の横幅の5倍
・顔の横幅と縦幅の比が、1:1.46

・左右対象である
美人顔の特徴として、左右対称であることも挙げられます。人間の顔をよく見ると、あちこちに左右非対称な部分があります。目の大きさ、眉の高さ、口角の位置、歯並び、顎のライン、頬骨の高さなどは、割りと比べやすい部分です。

顔が左右非対称になる原因は、生まれ持ったものだけでなく、生活習慣が影響している場合も。頬杖をついたり、食事のときに片側ばかりで噛むなどの噛み癖は、顔に歪みが発生しやすくなります。

・鼻と口の距離が短い
日本人は、鼻と口の距離が比較的長い人が多いという特徴があります。美人顔といわれている人の多くは、鼻と口の距離が短いという条件を備えています。

前に述べた黄金比は、鼻から下のエリアにも存在するといわれています。鼻から口の距離と口から顎の距離が1:2であることが、口周りの黄金比です。

美人顔の特徴や条件は?今すぐ実践したい、美人度をあげるメイク術

目力も立体感も!美人見えを叶えるアイメイク

■一重が美人に見えるアイメイクって?

\アイシャドウは下まぶたにも入れると目が大きく/

■一重が美人に見えるアイメイクって?
腫れぼったくなりがちな一重さんの目を、スッキリ大きく見せるポイントは、アイシャドウを幅広に入れることと、下まぶたにも色をセットでのせること。色味の違うアイシャドウを2種類使って、濃いカラーは目の上のキワと、下まぶたに細く入れて際立たせると、キツく見られがちな一重さんの目を優しい印象にしつつ、目力もしっかりキープ!

■一重が美人に見えるアイメイクって?

メーカー勤務38歳・水島美和さんが赤みアイシャドーに挑戦します!

■マスク映えも◎美人アイメイクのコツ

眉ははっきり、アイメークは優しげに。目元ははっきりさせたいけど重くはしたくないので、マスクをしていても女性らしい華やかさを感じる、赤みのあるブラウン系が最適。

■マスク映えも◎美人アイメイクのコツ

美の賢人が教える!【マスク映えする裏技メーク】3つのコツ

美人メイクの眉毛とは?

■しっかり押さえたい眉の描き方

眉さえきちんとつくっていれば、意外ときちんと見える!

\眉オンリーメークのつくり方/

■しっかり押さえたい眉の描き方
STEP1.全体をブラシでとかす
眉頭〜眉山にかけては上向きに、眉山〜眉尻にかけては毛流れに沿いとかす。ブラシの根元を、45°弱に角度をつけておくと眉のカーブにぴたりと沿い、小回りも利きます。

■しっかり押さえたい眉の描き方
STEP2.パウダーで枠をつくる
眉中〜眉尻にかけ底辺となる線を引き毛全体に色をなじませたら、眉頭は筆を立てて描く。

■しっかり押さえたい眉の描き方
STEP3.ペンシルで隙間を埋める
眉山は毛流れに合わせ1本単位で描き足し、底辺は眉尻に向けストレートにワイプする

■しっかり押さえたい眉の描き方
STEP4.マスカラで全体をとかす
眉頭から眉尻にかけ、常に下から上にとき上げ、眉全体の色を整える。

■しっかり押さえたい眉の描き方
■使用アイテム

■しっかり押さえたい眉の描き方
▲ローラ メルシエ ポマード アンド パウダー ブロウ デュオ 01 ブロンド ¥3,300

■しっかり押さえたい眉の描き方
▲ディオールショウ ブロウ スタイラー 011 ¥2,900

■しっかり押さえたい眉の描き方
▲シャネル ル ジェル スルスィル 360 ブロンド ¥4,200

美人眉の描き方って?押さえておきたい4ステップ【眉オンリーメーク】

きめ細やかな美肌が「美人メイク」には必須

■瑞々しいベースメイクの基本は保湿!

保湿タイプのファンデーションを使っても、日中どうしても乾く人はメーク前のスキンケアが足りていないことがほとんど、とヘア&メークの中山友恵さん。乾かない肌づくりには、「仕込み保湿」が近道!

How to

■瑞々しいベースメイクの基本は保湿!
1.化粧水をコットンか手にたっぷりとって肌が明るく透明感が出るまで優しくパッティング。その後、オイルを500円玉大手のひらに広げて全顔にのばし、ぎゅぎゅっと潤いを仕込む。

■瑞々しいベースメイクの基本は保湿!
2.スキンケアでしっかり入れ込んだ潤いをシールドしながら、ダメ押しで保湿クリームを下地に。白さが肌になじむまで適量を薄く全顔にのばして。メークのりのよさもUP。

■瑞々しいベースメイクの基本は保湿!
3.リキッドは手に一度出してから、ごく少量を指先にとりスタンプのように頰の中心にのせ、外側に広げる。反対側の頰も同様に。最後に額にのせTゾーンから鼻下、あごに広げる。

■瑞々しいベースメイクの基本は保湿!
完成! 素肌自体がきれいになったみたいな、生き生きした仕上がりに

正しいと言われる手順でファンデをつけて、4時間後、8時間後まで調査しました!

■肌のツヤ感と丁寧な仕上げがベースメイクのコツ

\6ステップで美しく仕上げるベースメイク/

How to

■肌のツヤ感と丁寧な仕上げがベースメイクのコツ
1:下地をつける順番は最もカバーしたい目元の下から。 指の腹全体で顔の丸みに沿って薄くのばし、 頰→額→鼻、あごへと塗布。頰骨より下に下地を塗らないことでフェースラインがすっきり。

■肌のツヤ感と丁寧な仕上げがベースメイクのコツ
2:コンシーラーで肌のアラを消す。赤みやシミをカバーしておくことで、 ファンデーションの塗りすぎを防止。肌悩みが目立つ部分に直塗りしたら、コンシーラーと肌の境目を 指で軽くたたいてなじませます。

■肌のツヤ感と丁寧な仕上げがベースメイクのコツ
3:ファンデーションを半プッシュ手の甲に出してから指の腹に少量とり、目元の下から、そっと置くように塗る。塗る順番は下地と同じ。頰骨より下は塗らず、指に残ったファンデーションをなじませる程度に。 最後にスポンジを軽く当て余分な油分をオフ。

■肌のツヤ感と丁寧な仕上げがベースメイクのコツ
4:ハイライトで骨格を際立たせる。入れるポイントは、目の下、あご、鼻筋の3か所で小さい面積で入れると上品かつ自然に仕上がります。

■肌のツヤ感と丁寧な仕上げがベースメイクのコツ
5:頬骨下の陰影で立体感を出す。フェースラインのぼやけは第一印象をがくんと下げる要因。スティックは狙ったところに入れやすく、肌なじみも良好。黒目の外側の延長線上まで塗り、肌との境目を指でなじませて。

■肌のツヤ感と丁寧な仕上げがベースメイクのコツ
6:小さめのブラシでパウダーを。顔全体にババッとつけてしまうのは厚塗りの元。手の甲でブラシ全体に粉を含ませてから目の下と小鼻にそっと置くように。頰やフェースラインはブラシに残った粉でさっと払う程度にし、ツヤを取りすぎないこと。

■おすすめのベースメイクアイテム

6ステップのベースメイクで使用したアイテムもご紹介!

■おすすめのベースメイクアイテム
▲化粧下地(左から)
・ヘレナ ルビンスタイン プロディジー CELグロウ ロー ズ UV ベース SPF50・PA++++ 30㎖ ¥13,500
・いきいきとしたツヤ感を与える。ローラ メルシエ ジャパン ピュア キャンバス プライマー イルミネーティング 50㎖ ¥4,200 みずみずしい潤いを保つ。 ※モデル使用
・キメや小ジワを滑らかに整える。クレ・ド・ポー ボーテ ヴォワールコレクチュール nSPF25・PA++ 40g ¥6,500

■おすすめのベースメイクアイテム
▲コンシーラー(左から)
・汗や湿気にも強い。エスティ ローダー ダブル ウェア ラディアント コンシーラー ¥4,000
・目元のくすみから、シミ、 赤みまで瞬時にカバー。くずれやヨレを防ぐ。SHISEIDO シンクロスキン セルフリフレッシング コンシーラー ¥4,000
・小ジワに溜まりにくい。THREE ラディアントワンドインヴィジブル ¥3,800 ※モデル使用

■おすすめのベースメイクアイテム
▲ファンデーション(左から)
・ハリツヤが溢れる上質肌が叶う。ゲラン パ リュール ゴールド フルイド SPF30・PA+++ 30㎖ ¥11,400 ※モデル使用
・毛穴などを自然にカバーし、ヘルシーで透明感のある肌に整える。シスレージャパン フィト イドラ タン  SPF15 40㎖ ¥10,500
・シアバターを含み、ウォーターバームのようなみずみずしい薄膜。パルファム ジバンシイ タン・クチュール・シティ・バーム SPF 25・PA++ 30㎖ ¥6,300

■おすすめのベースメイクアイテム
▲ハイライト(左から)
・ホワイトとゴールドをミックスして使うと肌なじみがアップ。トム フォード ビューティ スキン イルミネイティング パウダー デュオ 01 ¥8,000
・上品なライトゴールド。イヴ・サンローラン・ボ ーテ ラディアント タッチ シマー スティック NO.1 ¥6,000 ※モデル使用

■おすすめのベースメイクアイテム
▲シェードカラー(左から)
・ゴールドのニュアンスを加えた透明感のある発色。シスレージャパン フィト ブラッシュ ツイスト No.5 ¥6,700
・ピンクがかったカラーで自然な陰影がつくれる。NARS JAPAN スカルプティングマルティプルデュオ(セミセルフコスメ店限定品)5260 ¥4,800 ※モデル使用

■おすすめのベースメイクアイテム
▲フェースパウダー(左から)
・テカりを抑える。イヴ・サン ローラン・ボーテ アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニヴァーサル ¥6,500
・全色をミックスして使用。アンプリチュード トラ ンスルーセント プレストパウダー 04 ¥4,300、コンパクト ¥2,500 ※モデル使用

清潔感のある肌に仕上げるための【ベースメーク】6ステップ

マスクでも美人見え!チークやリップはどうする?

■チークは練りタイプがおすすめ!

チークをつける場合は練りタイプを使用することで、より密着感のあるよれにくい仕上がりに。ベースメイクの最後には、フェースパウダー (おしろい) をのせるのがおすすめ。ベースメイク全体が崩れにくくなり、マスクへの付着も少なくなります。

■チークは練りタイプがおすすめ!
▲いつもより少し高い位置に広めにつけることで、マスクをした時にも隠れずほんのり血色感が感じられます。

メイクやヘア、肌…悩み多き暑い時期のマスクの悩みどうする?

■リップメイクのおすすめはこれ!

塗りっぱなしにせず、必ずティッシュオフするのがポイント!マット系のリキッドルージュを中央につけてから、指でトントンとぼかし広げる。ティッシュオフを繰り返し、色がつかなくなればOK。

■リップメイクのおすすめはこれ!
▲インクのように唇になじんで一体化する、ウルトラマットタイプ。シャネル ルージュ アリュール インク フュージョン 818 ¥4,200

■リップメイクのおすすめはこれ!
▲鮮やかな発色のマットリップ。マーカー風チップが塗りやすい。イヴ・サ ンローラン・ボーテ タントワージュ クチュール 38 ¥4,300 

■リップメイクのおすすめはこれ!
▲唇にのせていないかのように軽やかで、長時間カラーキープ。NARS パワーマットリップピグメント 2762 ¥3,700

美の賢人が教える!【マスク映えする裏技メーク】3つのコツ

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事