Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYメイク

2021.11.02

【優しい顔】になりたい|優しい顔の特徴とメイク法4選

優しい顔の女性には、唇や眉、輪郭などに特徴があります。つまり特徴を押さえておけば、誰でも優しい顔になれる可能性があるのです。本記事では、優しい顔をした女性に共通する3つの特徴を紹介します。メイク法や性格についても解説するので、チェックしてみましょう。

Tags:

優しい顔の特徴3つ

優しい顔の女性には、「ぷっくりとした唇」「眉毛と目が下がり気味」「丸みのある輪郭」といった特徴があります。唇がぷっくりと厚みを持つことで柔らかい雰囲気となり、優しい印象を与えるでしょう。

また眉毛や目は優しい顔になるための重要ポイントで、少し下がることで笑顔に近い印象となります。そして丸みのある輪郭は安心感を与え、優しい顔に見えるのです。ここでは、優しい顔に共通する特徴を紹介します。

1.ぷっくりとした唇

ぷっくりと丸みのある唇は、優しい印象を与えやすくなります。唇の厚さは愛情の深さと関係しているともいわれており、ぷっくりとした唇を持つ女性は、包容力のある一途な人と思われる傾向があるのです。

また顔のパーツに丸みがあると、柔らかな雰囲気を醸し出しやすくなります。そのため、唇に丸みがあると性別を問わず「優しい人なのかもしれない」と感じてもらえることが多いでしょう。

2.眉毛と目が下がり気味

優しい印象を与えるために大切なパーツは、眉毛と目です。眉毛は同じ形であっても角度によって印象が異なり、優しい顔の人は眉毛がやや下がり気味であることが特徴です。

そして眉間に縦ジワがないのも、優しい顔のポイントといえます。眉間の縦ジワは怒っていたり、悩んでいたりするときにできるので、不機嫌な印象を与えることがあるのです。

目は大きさよりも、目尻の角度が重要です。目尻が下がっていると笑顔に近い印象を与えるため、優しい顔に見られるようになります。また優しい人は笑顔でいることが多いため、目元に笑いジワがあることも特徴です。普段から目尻が下がり気味で目元にシワがあれば、優しい顔に見られるでしょう。

3.丸みのある輪郭

ふっくらとした輪郭を持つ女性は、優しい顔に見えます。丸みのある顔はたぬき顔とも呼ばれ、柔らかな印象を与えるため、周囲の人にとっては安らぎも感じる存在かもしれません。

顔の輪郭だけでなく、目も丸くクリっとしている人は、全体的にソフトな雰囲気になります。そこに笑顔や肌のきれいさが加わると、より優しい印象となるでしょう。

優しい顔に見えるメイク法4選

優しい顔はメイク術で演出できます。メイクをする際に優しい顔の特徴を意識することで、柔らかくて優しい雰囲気の顔になれるのです。

優しい顔

「眉毛を少しだけ下げる」「垂れ目メイクを意識する」「チークで温かみのある雰囲気を演出する」「唇は補正する」の4つポイントを押さえてメイクしてみましょう。ここでは、優しい顔に見えるメイク法の手順やポイントをご紹介します。

1.眉毛は少しだけ下げる

眉毛は少しだけ下げることを意識しながらメイクしましょう。角度を下げ過ぎてしまうと、だらしのない印象を与えてしまうため、平行眉をやや下げる程度に留めておくのがポイントです。

色は少し明るめのブラウンがおすすめです。ペンシルタイプやパウダータイプのアイブロウ、眉マスカラを使用しながら、ふんわりとした印象になるように描いていきましょう。

弓なりのラウンド眉さんは・・・

2.垂れ目メイクを意識する

優しい顔に見えるように、垂れ目を意識しながら以下の手順でメイクしましょう。

【垂れ目メイクの手順】
1.まぶた全体に薄くアイシャドウをのせる
2.アイライナーを上まぶたの際にひき、目尻は目の形に沿ったまま5mmほどはみ出るようにひく
3.下まぶたの目尻側、1/3程度のところにラインをひく、もしくはブラウン系のアイシャドウをのせて、上まぶたで引いたアイラインとつなげるように馴染ませる

アイラインを目尻から5mm延長する

垂れ目メイクを行う際のポイントは、まぶたに使用するアイシャドウはピンクやオレンジといった暖色系を選ぶことです。グレーやパープルといった寒色系はシャープな印象となるため避けましょう。また使用するアイライナーも同様で、ブラックよりもブラウンを選ぶと、より優しい印象に仕上がります。

3.チークで温かみのある雰囲気を演出する

チークを使用して、温かみのある雰囲気を演出しましょう。コーラルピンクやベビーピンクといった優しい色合いのチークを使用すれば、血色良く見え、柔らかく優しい印象を与えられます。

使用するチークはパウダータイプでも、クリームタイプでも問題ありません。肌の内側から発色しているように、薄くチークをのせるのがおすすめです。

優しい顔 メイク チーク コーラル

4.唇の色味を補正する

優しい雰囲気となるように唇はぷっくりとした厚みをもたせて、口角を上げるように補正しましょう。

【唇の色味を補正する手順】
1.ブラシタイプのコンシーラーを使用して、下唇の口角を上向きに塗る
2.コンシーラーを塗った部分の境目が消えるように、指で馴染ませる
3.リップペンシルを使用して、下唇の口角を上向きに描く
4.リップをやや厚めに塗る

唇を補正する際のポイントは、柔らかな印象を与えやすいカラーを使用することです。はっきりとした色味の赤系よりも、少し色味が淡いピンク系を使用するほうがふんわりとした印象に仕上がります。

優しい顔になるためには性格も大事

優しい顔になるためにはメイクだけではなく、内面にも気を配りましょう。性格は表情にも影響するといわれているため、日頃から意識することが大切です。

優しい顔

また自分に自信を持つことで、優しい顔に近づきます。自分自身が心身ともに満たされることで、自然と優しい雰囲気となるでしょう。ここでは、優しい顔になるために押さえておきたい性格について解説します。

周囲への感謝を忘れない

常に周囲への感謝を忘れない人は性格も穏やかなため、自然と優しい顔になります。例えば周囲に助けてもらった場合に、「ありがとう」と常に感謝の気持ちを伝えられる人は、優しい表情をしている人が多いでしょう。

またいつも笑顔を意識することも大切です。人と話すときはもちろん、どんなときでも笑顔でいる人は、優しい印象を与えやすくなります。人と接するときだけではなく、いつも口角を上げて笑顔でいることを心掛けるようにしましょう。眉間にシワを寄せないように意識することも大切です。

【今さら聞けない】〝ありがとうございます〟の正しい意味って?感謝の気持ちを伝えるポイントも併せてご紹介|Domani

笑顔がもたらす効果とは?魅力的な笑顔をつくる簡単な練習方法を紹介|Domani

ネガティブな言葉を発しない

ネガティブな言葉を使用することは、気持ちが後ろ向きになり、表情も険しくなりがちなので、避けるようにしましょう。優しい印象を与える人は言葉遣いも丁寧で、周囲への気遣いができる人が多いです。

また忙しいときでも、意識してリラックスタイムを作るようにしましょう。時間に追われているとつい険しい顔で家事や仕事をしがちですが、好きな音楽を聴く、コーヒーを淹れてひとり時間を楽しむなど、ほっとひと息つける時間を取るようにすると、優しい表情を保てるでしょう

【ポジティブになる方法】前向きな考え方を取り入れて体も心も健康に|Domani

自分に自信を持つ

優しい顔になるためには、自分に自信を持つことも大切です。自信がある人は気持ちが満たされているため、表情も自然と優しくなります。例えば自分の長所を伸ばすことで自信につなげるなど、小さなことでもいいので、できることから始めてみましょう。

また内面の充実度を高めることで、メイクでは作れない優しい表情も自然と出てきます。自分で自分を認めることが、優しい顔へ近づくための重要ポイントといえるでしょう。

自分に自信が持てないときに【自信をつける方法】とは?|Domani

笑顔を意識して優しい顔を目指そう

優しい顔になるためにはメイク法だけではなく、性格も意識することが大切です。内側から優しさがにじみ出ている女性は、身だしなみだけでは作れない優しい雰囲気を併せ持つことができるでしょう。

優しい顔

また普段から笑顔で過ごすことも重要です。優しい顔の女性は笑顔でいることが多く、欠かせないポイントといえます。メイク法と組み合わせて、誰からも愛される優しい顔になりましょう。

こちらの記事もたくさん読まれています

【憧れの女性】に近づく3つの考え方とは?
「おおらか」の意味や類語などをご紹介【おおらかな人になる4つの方法とは】

 

写真・イラスト/(C)Shutterstock.com

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事