「三が日」は料理をしないほうがいいって本当!?【年末年始にやってはいけない20のこと】 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.12.29

「三が日」は料理をしないほうがいいって本当!?【年末年始にやってはいけない20のこと】

「3度の食事を感あげると、お正月もゆっくりしていられない」という方も多いはず。でも、そもそも三が日は料理をしないほうがいいって知っていましたか?

Tags:

三が日に料理をしてはいけないのはなぜ!?

家にいる時間が増えるお正月、料理をする機会が増えそうですが、一般的に三が日には料理をしないほうが良いと言われています。なぜそのような慣習があるのか、マナーコンサルタントの西出ひろ子さんと薬膳料理研究家の曽谷由佳さんに伺いました。

理由1:料理の支度や片付けにお水を使うため

「元旦には『年神様がいらっしゃる』『福が舞い込む』と言われているため、それらを洗い流してしまう水を使用する料理はしないほうがいいと言われています。洗い物などの水仕事は、福の神様を洗い流してしまうため、縁起が悪いとされているんです」(西出さん)「また、鍋物は灰汁(悪)が出るためNGとも言われています」(曽谷さん)

理由2:包丁は「縁を切る」ことに繋がる

「料理をするときには包丁を使いますよね。包丁は『縁を切る』ことに繋がるとも言われています。また、正月早々にケガをすると大変だから、という理由もあるんですよ」(曽谷さん)

理由3:火の神様である「荒神様」を怒らせてしまう

「さらに、正月早々に火を使うと、火の神様である『荒神様』が怒ってしまう、などの理由から正月(三が日)は料理をしない、と言われています。このような理由から、日持ちするお節料理を用意しておく慣わしがあります」(曽谷さん)

「このような慣わしには、いつも家事をしてくれる人がお正月にまで働かなくてもいいようにという思いやりの気持ちも込められていますね」(西出さん)

料理をしてはいけない理由は、神様や縁を大切にしているから。加えて、家事をしてくれる人に「三が日くらいゆっくり休んで」という気持ちも含まれているなんて、ちょっとうれしいですね!

画像ALT

マナーコンサルタント

西出ひろ子

参議院議員秘書を経て政治経済ジャーナリストの秘書を経験。その後 マナー講師として独立渡英し海外で起業した経験もあるため、グローバルな視点からマナーをわかりやすく解説している。その実績や成果は、テレビや雑誌などでもマナー界のカリスマとして多数紹介されれおり、「マナーの賢人」として「ソロモン流」(テレビ東京)や「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日)などのドキュメンタリー番組でも紹介された。基本のマナーとそこに気くばりを加えたワンランク上のマナーを紹介した新刊、『さりげないのに品がある気くばり美人のきほん』が好評発売中!
『さりげないのに品がある気くばり美人のきほん』
西出ひろ子マナーサロンHP

画像ALT

薬膳料理研究家

曽谷由佳

「ふわり薬膳」主宰。医食同源・薬食同源と一見難しいと思われがちな薬膳を分かりやすく伝え、日々の食生活に気軽に取り入れる「ふわり薬膳」を考案。特別な食材は使わず台所にあるものやスーパーなどで手軽に購入できる食材を使ったオリジナルのおうち薬膳レシピが大好評。講座はリアルとオンライン双方にて、告知後、すぐに満員御礼になるほど大人気。行列のできる予約待ちの講座として定評がある。国内はもとより海外の受講生も多数。食を通じて、未来を好転させる開運薬膳メソッドを提供中。
ふわり薬膳教室

イラスト/村澤綾香 構成/木戸恵子

こちらの記事もたくさん読まれています

「年越しそば」には食べてはいけない時間帯があった!
去年の「正月飾り」を使い回すのはアリ!?
「正月飾り」を飾りはじめてはいけない日があるって知ってる!?
ピンチ!送っていない人から年賀状が届いた!何日までに返信すればいい?
2文字略語には要注意!目上の人への年賀状に「迎春」「賀正」はNGです

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事