人付き合いが苦手になる原因と克服方法|周囲と良好な関係を築こう | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE自分磨き

2020.12.22

人付き合いが苦手になる原因と克服方法|周囲と良好な関係を築こう

人付き合いが苦手と悩んでいるなら、どんなことがきっかけで苦手になったのか、原因を考えてみてはいかがでしょうか。軽やかな人付き合いで、周囲と良好な関係を築けるポイントを見ていきましょう。

Tags:

【目次】
人付き合いが苦手になる原因
人付き合いの苦手な人がよくする行動
人付き合いへの苦手意識を克服する方法
克服しようとするときの注意点
苦手な人付き合いを克服するとどうなる?

人付き合いが苦手になる原因

人付き合いが苦手と感じるのには、何かしら原因があるはず。どのような考えや出来事から苦手意識を持つようになったのかを、考えてみましょう。人付き合いが苦手になる原因を3つご紹介します。

人付き合い苦手 原因 克服方法

自分に自信が持てない

まず挙げられるのは、自分に対する自信のなさです。自分に自信を持てない気持ちから、素のままの自分を出せずにいる状態です。

自信が持てないため、自分の本心をなかなか周囲に伝えられないのかもしれません。本音で話すと嫌われてしまうのではないか、素の自分では相手にしてもらえないかもしれない、と不安になりすぎてしまっていることも考えられます。

いつでも自分の素の状態をさらけ出している、という人は滅多にいないはず。誰でも、場をわきまえて本音を出さないことがあるものです。ただ、人付き合いが苦手と感じている人は、この傾向が強い可能性があります。

自分の意見を素直に伝えられないことが多いことから、誤解を招くこともあるかもしれません。その結果、ますます人付き合いに対する苦手意識が高まってしまうということも。

人付き合い苦手 原因 克服方法働く女性100人に聞きました!人付き合いに疲れたと感じることはある?公認心理師が疲れたときの対処法を解説

人からの評価を気にしすぎる

自分がしたいことを優先できないのも、人付き合いが苦手と感じる原因と考えられます。周りに人がいると、自分がどうしたいのかよりも、人からどのように見られているかを意識してしまうということです。

自分のやりたいことよりも、人にどう見られるかを優先すると、言動を過度に抑え込まなければいけません。その結果、神経をすり減らし、人付き合いがつらく大変なものに感じる可能性があります。

人付き合い苦手 原因 克服方法ランチや飲み会、職場の人と一緒にいるのが苦手!感じよく断る方法は?【働く女性の質問箱】

過去に人間関係のトラブルがあった

過去にあった人間関係のトラブルを繰り返したくないと、人付き合いを避けていることもあるでしょう。例えば、「信頼していた友人から裏切られた」「学生時代にいじめられていた」といったケースです。

人付き合いをする中であまりにもつらい経験をすると、同じ思いをしたくないと考え、似た状況になるのを避けようとしてしまうことも。その結果として、人付き合いそのものをしなくなる場合もあるかもしれません。

人間関係のトラブルがきっかけで自信や自尊心が低下し、人付き合いが苦手と感じ始めることもあります。

人付き合い苦手 原因 克服方法「逃げ癖」がある人に見られる特徴とは?100人のエピソードを交えて解説【心理カウンセラー監修】

人付き合いの苦手な人がよくする行動

自信のなさや、過去のトラブルから人付き合いに苦手意識を抱くと、行動そのものが変化する可能性も。人付き合いが苦手な人は、どのような行動パターンをしているのでしょうか?

人付き合い苦手 原因 克服方法

知人に会っても気付かないふりをする

近所を歩いているときや、ショッピングセンターを訪れたときなどに、ママ友や会社の同僚に会うことがあります。そのようなとき、人付き合いが苦手な人は気付かないふりをしてしまうことも。

いつもと違う場所で知り合いに会うと、人付き合いが苦手な人は、どのような会話をすればいいかとっさに出てこないということもありがち。そのため、気付かなかったことにして通り過ぎようとするなんてこともありますよね。

相手も気付いていなければ、通り過ぎるだけで済みます。しかし、相手と目が合ったのにそらしたり、話しかけられたのに無視したりすると、相手に「この人は、私のことが嫌いなのかも」と受け取られかねません。

場合によっては、「わざと無視をする失礼な人」と受け取られることもあるかもしれません。

人付き合い苦手 原因 克服方法100人にアンケート調査!自分は〝気が小さい〟と思う?心理カウンセラーによるメカニズムと克服方法も紹介

趣味は1人でできるものを選ぶ

1人できる趣味を選ぶのも、人付き合いが苦手な人によくある行動と言えます。人と一緒に行動しなければいけない趣味は、気を使うことや神経をすり減らすことが多く、人付き合いが苦手だと存分に楽しめませんよね。

例えば、バレーボールを趣味として始めると、チームメイトとの付き合いが発生します。練習の予定を組むときにはメンバーの意向を気にしなければいけませんし、関係性を考慮しながら立ち回らなければいけないこともあります。そういったことが重荷になり、やがては楽しむための趣味をつらく感じてしまうかもしれません。

そのため、人付き合いが苦手な人は、自分のペースでやれて1人でも楽しめることを趣味にする傾向があります。周りの目を気にして行動を制限する必要がないため、緊張せずリラックスして過ごせるからです。

人付き合い苦手 原因 克服方法「心の癒し」が欲しいのはどんなとき?日本全国100人にアンケート調査!【心理カウンセラー監修】

相手の目を見て話せない

人付き合いが苦手な人は、対面での会話も苦手な傾向があります。自信がないため、つい相手から目線をそらしてしまうということもあるかもしれません。相手の目を見ると、緊張から何を話したらいいか分からなくなることも。

そのため、相手の目を見て話ができないこともあります。その態度から、相手からは非常識だと思われたり、「嫌われているのかもしれない」という誤解を与えたりする可能性も。

人付き合い苦手 原因 克服方法「人前で話すことが苦手」なのはなぜ?100人に聞いた理由と心理カウンセラーが教える克服方法を伝授

人付き合いへの苦手意識を克服する方法

もっと自然にママ友や同僚と会話を楽しみたいと思っているなら、人付き合いが苦手という意識を少しずつ克服してみては。できることから行動を変えることで、苦手意識が改善していきます。

人付き合い苦手 原因 克服方法

笑顔であいさつすることを心掛ける

まずは、笑顔であいさつをしましょう。自分から積極的に話しかけるのは、ハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、「おはよう」「お疲れさま」というあいさつであれば、比較的簡単にできるはずです。あいさつのときには、少し口角を上げて笑顔を作るだけで、親しみやすく話しかけやすい雰囲気を演出できます。

とっつきにくい印象を持たれ、人から話しかけられることが少ないという人は、笑顔であいさつすることを心掛けるだけで、スムーズな人付き合いが生まれやすくなるのではないでしょうか。

人付き合い苦手 原因 克服方法会話中に話のネタに困ったことはある?100人に聞いたオススメ&避けるべき話のネタ・臨床心理士の解説も紹介

人と自分を比較しない

自分への自信のなさから、人付き合いがうまくできない場合には、相手と自分を比べないことが大切です。誰にでも、得意なことと苦手なことがあります。自分が苦手なことをそつなくできる人だからといって、その人より自分が劣っているわけではありません。

「どうせ自分なんて」と落ち込むのではなく、相手を認めるのと同時に、自分にはどのような得意なことがあるか考えてみてください。お互いの違いを認められるようになれば、自然と人付き合いへの苦手意識も和らいでいくはずです。

人付き合い苦手 原因 克服方法働く女性100人に質問!自分に自信がないと感じることはある?体験談と対処方法まで紹介

聞き上手になる

人に話しかけるのを苦手に感じているのなら、立場を変えて聞き上手になってみるのも1つの手。会話は、全員が話していては成り立ちません。話を聞いてくれる人がいるからこそ、スムーズに進みます。

聞き上手な人は、適切なタイミングで相づちを打ったり、質問を差し挟んだりすることなどで、人が気持ちよく話しやすい状態を作ることができます。

しっかり相手の話を聞いていると、自分から話しかけなくても、相手の方から心を開いてくれるようになるはず。次第に、質問し返してくれることも出てくるため、自然な会話が成り立つきっかけにもなります。

人付き合い苦手 原因 克服方法人気カウンセラーが答える!人づきあいを上手くするための3つのコツ【働く女性の質問箱】

克服しようとするときの注意点

苦手なことを克服するときには、それまでと違う行動をする機会もあるはず。慣れない行動をするときには、注意点を意識することが大切です。

人付き合い苦手 原因 克服方法

頑張りすぎない

まずは、頑張りすぎないことを意識しましょう。早く苦手意識を克服したいからとハイペースで行動しても、うまくいかない場合も。特に、過去に人間関係でトラブルがあった場合には、積極的な行動により恐怖感が増すことも考えられます。できる範囲で、少しずつ行動することが大切です。

また、タイミングや関係性がうまくつかめないまま、無理やり相手に話しかけてしまうと、相手に迷惑をかける可能性もあります。頑張りすぎが、新たなトラブルの火種とならないよう注意しましょう。

始めたばかりの頃は、あいさつや笑顔など簡単にできそうなことから、少しずつ行動し始めるのがおすすめです。

人付き合い苦手 原因 克服方法100人に聞きました!人と関わりたくないと思うことはある?精神科医が教える対処法も解説

距離感を大事にする

人付き合いへの苦手意識を克服することは、誰とでも親密な関係を築くということではありません。目指すイメージは、広く浅い関係をスムーズに築くことです。

同僚やママ友と一気に距離を縮めようとすると、精神的に疲れてしまいます。加えて、相手を戸惑わせてしまうかもしれません。それまで日常会話さえなかった人から、いきなり何度も話しかけられたり、誘われたりしても、相手は「困ったな・・・」と思う可能性も。

そのため、適切な距離感で人付き合いをするように心掛けましょう。同僚との関わり方であれば、「職場では仲良く話すけれど、プライベートの誘いはしない」というように距離感を保つのがおすすめです。

人付き合い苦手 原因 克服方法オンライン飲み会の上手な断り方って?【働く女性の質問箱】

苦手な人付き合いを克服するとどうなる?

これまで避けてきた人付き合いに挑戦し、苦手意識を克服できると、自分自身にもポジティブな変化が起こるかもしれません。

人付き合い苦手 原因 克服方法

世界が広がる

人と関わると、それまで知らなかったさまざまなことに触れられます。人付き合いを避けてきたなら、一気に世界が広がったと感じることもあるのではないでしょうか。

例えば、友だちの多い人と関わることで、交友関係が広がることがあります。多くの人と出会う中で、本音をさらけ出して会話できる相手にも出会えるかもしれません。

人との関わりは、これまで知らなかった知識や教養を学ぶチャンスでもあります。自分とは違う価値観を持った人の意見に触れることで、得られる学びはたくさんあるでしょう。

また、少しずつ関わる人が多くなっていく過程で、積極的に行動できるように自然と変化していくこともあるかもしれません。

人付き合い苦手 原因 克服方法アラフォー100人に聞きました!自分磨きのために何かしている?体験談と心理カウンセラーの解説を紹介

人間的に成長できる

苦手な人付き合いを克服し、少しずつ人と関われるようになっていくと、次第に自分への自信を取り戻せるはず。仲良くなった人の中に、自分のいいところを発見し認めてくれる人がいれば、そのことも自尊心の回復につながるかもしれません。

自信が持てるようになると、考え方や行動の仕方がこれまでと変化し、人間的な成長につながります。また、仕事やプライベートにも影響を与え、日々の充実感にもつながると言えます。

人付き合いの中で仲間ができると、「みんながいるから頑張ろう」と気持ちに変化が起こることも。いざというときに力を発揮しやすくなるという点も、苦手を克服したからこそ得られるものです。

人付き合い苦手 原因 克服方法【臨床心理士監修】「変わりたい」「自分を変えたい」と思うことはある?女性100人に理由や心理をアンケート調査

あわせて読みたい
▶︎【臨床心理士監修】正直〝めんどくさい〟って思うことはある?「100人アンケートの結果」「めんどくさがり屋から脱出する方法」を紹介
▶︎アラフォーになって「強がり」で後悔したことはない?読者100人と心理カウンセラーに聞いた対処方法を解説

写真/Shutterstock.com

Domaniの試し読み・購入はこちらへ

Read Moreおすすめの関連記事