不器用な人に共通する特徴とは?実は長所も多い!物事を器用に進めるためのコツも | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

LIFESTYLE雑学

2021.06.04

不器用な人に共通する特徴とは?実は長所も多い!物事を器用に進めるためのコツも

不器用な人、あなたの周りにもいませんか?まさに自分が「不器用だ」と自覚している人もいるかもしれませんね。今回はそんな不器用さんに共通する特徴についてまとめてみました。また、物事をスムーズに進めるためのコツもご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Tags:

【目次】
仕事や恋愛にも影響?不器用な人の特徴
実は好かれる?不器用な人の長所
みんなが「自分は不器用」だと感じる瞬間って?
不器用な人間を卒業したいなら

仕事や恋愛にも影響?不器用な人の特徴

強いこだわりがあり妥協できない

不器用な人は、何事にも一生懸命でまっすぐ。頑固な一面があるので、うまく手を抜くことができません。そのためやると決めたら妥協できない、という人が多いよう。

柔軟性に欠けるので融通が利かず、臨機応変に動くことも苦手なようです。

こだわりが強いことはメリットでもありますが、完璧主義になりやすくストレスを溜める原因にもなり得ます。

人に頼るのが苦手

不器用さんの中には、人を頼ったり人に甘えたりするのが苦手だという人も少なくありません。

頼りたくても「自分に頼られたら困るよね」「どうせ断られるだろう」などと、深読みしすぎてしまうよう。

また、根拠のない思い込みから「人に頼るのは私らしくない」「人に甘えるべきじゃない」と思っている人もいるようです。

口下手

感情を言葉にしたり言いたいことが言えなかったり、口下手な一面もある不器用さん。結果的に相手を誤解させてしまったり、物事が思った通りにいかなかったりすることもあるよう。

自分に自信がなく人の目を気にしてしまうあまり、「自分が言ったことで相手が不快に思ったらどうしよう」などと考えて、思うように言葉がでなくなってしまうことがあるようです。

実は好かれる?不器用な人の長所

誠実な性格

不器用な人は、誠実な人が多いと言われるよう。

例えば恋愛なら、好意を匂わせるようなアプローチが苦手でなかなか進展しませんが、無理なスキンシップを求めたり、しつこく連絡してきたり、相手が嫌がるようなことをしません。

誠実に向き合っているからこそ「不器用」になってしまうのかもしれませんね。

優しい

不器用な人は感受性が豊かな面もあり、人の気持ちに敏感。

そのため、他の人では見逃しそうな変化にも気づくことができ、相手の立場になってフォローやケアができると言う一面も。

普段は周りを困らせてしまうことが多くても、こういった部分に救われるという人は少なからずいるはずです。

集中力がある

俯瞰して物事を見ることができなかったり、先を見据えた行動が苦手だったりする不器用さんですが、言い換えると「集中力がある」とも言えます。

目の前のことに一生懸命取り組むので、たとえ時間がかかっても納得のいくものに仕上げようとします。

そのため不器用ではあっても、周りからの信頼度は決して低くないのではないでしょうか。

みんなが「自分は不器用」だと感じる瞬間って?

うまく伝えられなかったとき

うまく伝えられなかったとき
「上手く自分の気持ちを表現できなかったり、相手の気持ちに応えられなく、ガッカリされたり 」(40代・新潟県・子ども1人)

「気になってしまったら、言わなくてもいいことを言ってしまう。言った後に言わなくてもよかったな、と後悔する」(30代・東京都・子ども2人)

「相手のことを思い、思ったことを率直に伝えることで、相手を傷けてしまったりすることもある。言葉の重みや信頼関係によって、伝わり方が違うので、もっと上手に伝える方法があるのではないかと、後になって後悔することがある 」(40代・兵庫県・子ども1人)

「話すことが苦手で、日常会話でも話す内容を頭の中で整理してからじゃないとうまく話せなくて、それをやったけど結局話が飛び飛びになって会話が続かなかったとき 」(30代・石川県・子ども2人)

臨機応変に対応できなかったとき

「イレギュラーの案件が発生した際に柔軟な対応ができない 」(30代・千葉県・子ども2人)

「咄嗟のときに気のきいたことが言えず、歯がゆい思いをしたりします。周りでよいことをよいタイミングで言える人がいると、うらやましいなと思います」(40代・千葉県・子ども1人)

「突発的なことが苦手」(30代・千葉県・子ども2人)

仕事を抱えてしまったとき

「人に頼れないのでなんでも自分でしてしまい、負担が大きくなった。 もっと人に気軽に頼めるような器用さがほしい」(40代・大分県・子ども2人)

「頼めばいいことを、無理をして自分でするところ」(30代・新潟県・子ども1人)

「いろんなことを引き受けすぎて、首が回らなくなったとき」(30代・千葉県・子ども1人)

不器用な人間を卒業したいなら

物事の本質を見抜く努力をする

不器用さを卒業したいなら、物事の本質を捉えて行動することが大切。

「何が目的なのか」「どのような結果が求められているのか」などを事前に考えることで、余計な行動をしなくて済み、物事をスムーズに進めていくことができるのではないでしょうか。

周囲にもっと頼る

全てを自分でやるあきらめない力も大切ですが、わからないことがあったときや助けが必要なときは、もっと周囲の人に頼っても良いのではないでしょうか。

何でもかんでも周りの人に聞けば良いというわけではありませんが、時間がかかってしまったり間違ったやり方をしてしまったりして、後々周囲に迷惑をかけるよりもスムーズに物事が進むはずです。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事