スムージーダイエットって実際どうなの?おすすめレシピや最新スムージー事情 | Domani

Domani

働く40代は、明日も楽しい!

 

BEAUTYダイエット

2021.06.20

スムージーダイエットって実際どうなの?おすすめレシピやアイテムをご紹介

美味しくて果物や野菜の栄養を逃さない「スムージー」は、ダイエットに効果がある? 今回は、無理なくダイエット中に取り入れる方法をはじめ、おすすめのレシピやたんぱく質も摂れるスムージーをご紹介します。

Tags:

【目次】
スムージーダイエットを成功させるポイント
ダイエット中におすすめのスムージーレシピ
セブンイレブンの冷凍フルーツは常備しておくと便利
「スロージューサー」で栄養を逃さないスムージーづくり
もうチェックした?スーパーフードが摂れるスムージー
筋肉を減らさず脂肪を落とすスムージー

スムージーダイエットを成功させるポイント

「スムージーだけ」の食事にしないこと

朝は体内時計を1日のスタートに合わせてリセットする時間。体内時計には脳と体の2種類あって、メイン時計である脳は朝の光を浴びることでスイッチがオンに。サブ時計の体は朝食を食べると動き出す。そのふたつがずれると時差ボケ状態で不調の原因になるので、起床後、できるだけ早く朝食を食べることが大切です。

ダイエットでも「スムージーだけ」の食事にしないこと

きちんと食事をとったうえでスムージーを飲むのならよいのですが、スムージーだけでは栄養素もエネルギーも足りません。さらに、冷たいスムージーは体を冷やしてしまうため代謝もダウンしてしまいます。

スムージーを飲む場合、常温のフルーツを使い、しょうがなどを入れるとなお◎!

ダイエット中におすすめのスムージーレシピ

「朝はしっかりと食べましょう!」。これってもうおなじみのフレーズですが、実はこれが大きな落とし穴なんだそう。

なんでも、朝は前夜の夕食から8時間以上何も食べていない状態。つまり、1日のうちでもっとも胃腸の吸収率が高い時間帯だからこそ、塩分の高いお味噌汁や糖質の高いパンやご飯をたくさん食べてしまえば、そのぶん、すぐに吸収力も高いと言われています。つまり、痩せるカラダをつくりたいのであれば、朝食は胃に負担がかからないもの(ビタミンと水分)を効率よく、摂るのがポイント。

おすすめレシピ

免疫力を正常にさせるビタミンB(バナナ)と血流改善を促すビタミンC(小松菜)、ビタミンE(アボカド)を取り入れたスムージー。

バナナ(1/3本)・小松菜(1/2株)・アボカド(1/4個)を適宜カットして、お水150~200ccとともにジューサーにいれて完成!

スムージーやジュースが苦手な方は、良質な油(MCTオイルや亜麻仁オイル)を少し入れたり、お水を豆乳にするのもおすすめです。

セブンイレブンの冷凍フルーツは常備しておくと便利

アレンジ自在な冷凍フルーツ

アレンジ自在な冷凍フルーツ

▲「セブンイレブンの冷凍フルーツ」

セブンイレブンの冷凍コーナーを覗いてみると、カラフルなパッケージの冷凍フルーツがいくつか並んでいます。小ぶりなサイズで手軽に買えるので、ダイエット中の方も甘いものの代わりに食べるのを目的として、こちらを購入されることが多いみたいです。各店舗によって置いている商品が違うそうなので、ぜひ好きなフルーツを探してみてくださいね。

おすすめの食べ方

その1:パクッとそのまま食べる
袋から出して、そのままパクッと一口で食べることができます。氷感覚で食べられますし、一袋100kcal前後とカロリーも低いので、ダイエット中でも罪悪感も少ないのがうれしい。

宅トレ系YouTuberの竹脇まりなさんも、アイスの代わりに冷凍フルーツを食べているとの事で、話題になっています。

アレンジ自在な冷凍フルーツ その2:ドリンクに入れてデトックスウォーターに
ミネラルウォーターや炭酸水の中に入れると、簡単にデトックスウォーターの出来上がり。デトックスウォーターはビタミンも摂れるので美肌効果にも良いですし、リフレッシュしたい気分の時におすすめです!小さいお子さんにはカルピスに冷凍フルーツを入れてもおいしくておすすめです。

アレンジ自在な冷凍フルーツ
その3:スムージーやヨーグルトにも
アレンジメニューとして、スムージーに入れたり、ヨーグルトに入れるなどして朝食にプラスしても。朝にフルーツを取り入れたい方には、簡単にできておすすめな食べ方です。

「スロージューサー」で栄養を逃さないスムージーづくり

スロージューサーとは、食材を低速で圧搾するジューサーのことです。その製法から「コールドプレスジューサー」ともよばれます。スロージューサーの特徴は、食材を「切り刻まない」という点です。

ジュースを作るときは低速回転のスクリューが食材を押しつぶし、じっくりと水分を絞り取ります。そのため、ミキサーや高速ジューサーのように「あっという間にジュースができる」というわけにはいきません。しかし、この「低速絞り」こそがスロージューサーの特長なのです。

フルーツ・野菜ジュースが作れる

スロージューサーは、フルーツや野菜をそのまま圧搾してフレッシュかつ栄養価の高いジュースを作ります。できあがったジュースはさらっとした口当たりで飲みやすく、家庭で作ったジュースにありがちなドロッとした食感はありません。これは、スロージューサーが繊維と水分を分離しながら圧搾するためです。喉ごしがよくゴクゴク飲めるので、子どもからお年寄りまで抵抗感なくフレッシュなおいしさを楽しめます。

スロージューサーを使うメリット

健康志向の人々がスロージューサーに注目するのは、通常のジュースよりも栄養価が高く風味のよいジュースが作れるといわれているためです。ほかのジューサーやミキサーとはひと味違う、スロージューサーのメリットについて紹介します。

酸化を抑えてよりおいしく
圧搾時に空気がたくさん入ってしまうと、原材料であるフルーツや野菜が酸化しやすくなります。素材本来の風味や味が損なわれやすく、せっかく新鮮な材料を使ってもそのよさを生かし切れません。

この点、圧搾時に空気を含みにくいスロージューサーなら、酸化によるダメージはわずかなものです。じっくり低速で絞り出すからこそ、ジュースには食材本来の旨味や甘味がしっかりと残っています。また、空気が入りにくい構造なので、泡立ちを抑えたジュースが作れます。ミキサーなどで作った場合は泡が多いため、気になる方はスロージューサーでさらにおいしく飲みやすいジュース作りを試してみてはいかがでしょうか。

食材の栄養素を壊さない
フルーツや野菜が含む栄養素の中には、熱を受けると壊れてしまうものがあります。特に「ジュース摂取の目的は野菜不足を補うため」という人は、食材の栄養をそのままとれるスロージューサーは重宝するはずです。また、余計な繊維質を分離してくれるのも、スロージューサーの大きなメリットです。不溶性の繊維質は便秘などには有益ですが、多量に含まれると栄養の吸収を阻害するといわれます。栄養をしっかりとりたいときは、スロージューサーで作ったジュースの方が好ましいのです。

静かな動作音
静音性が高いのもスロージューサーならではの魅力です。スロージューサーはスクリューで食材を圧搾します。そのためミキサーや高速回転式のジューサーにありがちな、食品を粉砕したり削ったりする音が出ません。圧搾する音は比較的静かなため、音を立てたくない時間帯でも気兼ねなく使えます。「飲みたい」と感じたときすぐにおいしいジュースを作れるのは、やはりうれしいポイントです。

もうチェックした?スーパーフードが摂れるスムージー

美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード

栄養価が高く、美容や健康に役立つ食品として人気のスーパーフード。カラダの流れを助けるクランベリーや自然の栄養素が詰まったクコの実など……、もともとモデルや美容家などの間で注目されていましたが新型コロナウイルスによる巣ごもり需要もあって、その人気が今また再熱しているのだとか!

美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード

フルーツや野菜本来の自然なおいしさをそのまま楽しめる「nesQino(ネスキーノ)」

美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード

専用ブレンダー「Q-cup(キューカップ)」にお水とスーパーフードが含まれるスーパーフード サッシェ(全6種類・1箱5杯分1,080円)、ベースとなるサッシェ(全3種類・1箱5杯分540円)を組み合わせるだけで、ふわっとした新感覚スムージーが作れるというもの。しかも着色料や香料、甘味料、保存料はすべて無添加。だから、素材がもっている色や風味、食感をそのままおいしく味わえることができるんです。

美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード 美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード

毎朝スムージーを作ってましたが、野菜をカットしたりブレンダーを片付けたりするのって、地味に大変なんですよね(笑)。その点、「ネスキーノ」は水と粉末タイプのサッシェ(小袋)を専用ブレンダーに入れて、ポチッとするだけ。2分もあればできちゃうお手軽さに加え、コンパクトなタンブラータイプは狭いスペースでも難なく置けてうれしい!

美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード

パッケージ素材の資源は独自のリサイクルシステムにより、再活用しているんだとか。例えば、使用後のサッシェ(小袋)は紙とそれ以外を分離し、紙の部分は再生紙として活用することができるそう。カラダにも環境にも優しい、まさにいまの時代が求めているもの。

美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード

この日は甘いものが飲みたい気分だったので、洋梨やアップル、バナナが入ったスムージーベースにいちごやシーバックソーン、チアシードが入ったスーパーフード サッシェを組み合わせてみました。

美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード

最近、ヨーグルトや飲料でよく見かけるようになったチアシードは古代マヤ、アステカ時代から優れた栄養をもつ作物として珍重されてきたスーパーフード。こんなにも手軽においしく摂ることができるなんて! 楽しみながらカラダの栄養補給できた気分に♡

美容も健康も。欲張りな私たちにぴったりなスーパーフード

忙しくても手間をかけずに簡単&キレイが叶う、新感覚スムージー。これならズボラな私でも続けられそうです。

筋肉を減らさず脂肪を落とすスムージー

たんぱく質も摂取できるスムージー

今のダイエットは、体をつくるたんぱく質と排出を後押しする繊維を積極的にとる、がメインストリーム。体重管理の定番メニューであるジュースやスムージーも、不足しがちなたんぱく質を補うタイプがイン。

たんぱく質も摂取できるスムージー

特に美容の目利きが注目しているのは、植物プロテインを豊富に含んだスムージー。野菜や果物だけと違い、腹もちもよく満足度も高い。これからは「筋肉を育てつつ脂肪を減らす」にシフト!

たんぱく質も摂取できるスムージー

▲アリエル トレーディング サンフード オーガニック スーパーグリーンズ&プロテイン 227g(約7回分)

22種類の植物をブレンド、さらに発芽玄米全粒由来のライスプロテイン、乳酸菌・酵素などがたっぷり。水、ココナッツウォーターやアーモンドミルクに溶かして。

Domaniオンラインサロンへのご入会はこちら

Read Moreおすすめの関連記事